Read Article

マツダが直列6気筒エンジンを復活させる理由とは?

直列6気筒エンジンのメリットは、V6エンジンより低い位置に搭載可能で、低いボンネットを採用できることが挙げられます。また、エンジン設計の自由度が増すことで、熱効率をより追求することが可能になります。

さらに、排気量の適正化やWLTCモード燃費の4つの走行モードにおいて優位性を得ることも注目されています。

マツダは以前、トラックに採用していた「直列6気筒」型式のエンジンを新たに製造し、縦置きFRレイアウトで上級車種に搭載していく予定です。

しかし、過去に採用されていたエンジンと形式が同じというだけで、全くの別物と考えて良いでしょう。

スポンサードリンク

マツダが直列6気筒エンジンを復活させる理由

マツダの”Largeアーキテクチャー”が要因

Largeアーキテクチャーは6気筒エンジン+FRレイアウトを採用する方針です。次期アテンザ(マツダ6)とCX-9はLargeアーキテクチャーに分類されます。


マツダ商品を小型車のSmallアーキテクチャーと大型車・高級車のLargeアーキテクチャーに分けて設計開発する方向性が発表されています。

マツダ3、CX-30はSmallアーキテクチャーになります。Smallアーキテクチャーは4気筒エンジン+FFレイアウトベースになります。


では、CX-5・CX-8はというと、こちらはFFベースの直列4気筒エンジンを採用するモデルなので、高額となるFRレイアウトにする必要はありません。

しかし今後は、CX-5をSmallアーキテクチャー、CX-8をLargeアーキテクチャーに分類してモデルチェンジする可能性があると言えるでしょう。


マツダの”高級ブランド戦略”

マツダはマツダ3以降、さらに高級イメージを進めるために、フラッグシップに直列6気筒エンジンを搭載します。そのモデルとなるのは次期アテンザで、スカイラインやクラウンをライバルとする高級モデルにしていく方針のようです。

ただ、高級ブランドのラインナップに向け、直列6気筒エンジンをセダン・SUVに拡充することは可能ですが、2ドアクーペやスポーツカーへの拡充は難しいと言えます。

北米ではV6車が主流だった

6気筒エンジンや大排気量化が、ダウンサイジングターボに対抗するアピールポイントになることが考えられます。マツダは、ダウンサイジングターボを製造していません。

マツダのロータリー復活より直列6気筒エンジン復活を優先

一方で、マツダのロータリーエンジンも復活が噂され、2015年の東京モーターショーでRXビジョンに搭載して復権を得るイメージを持たせました。

Mazda RX-VISION2

しかしその後、RXビジョンのテストカー目撃情報やスクープショットは一切なく、ロータリーエンジンは噂やイメージ戦略にとどまっているようです。

少なくとも今後3年のうちに、走行用エンジンとしてロータリーエンジンを採用する車は登場しないでしょう。

なお、電気自動車の発電用エンジンにロータリーエンジンを採用するという話もありました。しかし、こちらは延期が発表され、ロータリーエンジンの復活はかなり先の話となっています。

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top