Read Article

eKスペース後継|運転支援技術「MI-PILOT」グレード別搭載?|2019年後半発売

三菱はekスペース後継モデルを2019年後半に発売すると発表しています。ekスペースは、ekワゴン・ekクロスに続いて、後席スライドドアのスペースを重視した軽自動車です。

この「後継車」という表現から、車名自体の変更があるのか?にも関心が向きます。全容は、タイミング的に東京モーターショーまでには明らかになるでしょう。

スポンサードリンク

eKスペース後継モデルチェンジ情報2019

eKスペース後継2019のエクステリア

ekクロスと同じフロントデザインで、ボディはeKスペース後継専用となることが考えられます。三菱のデザインテーマであるダイナミックシールドの採用は確実でしょう。

ekクロス19

また、ノーマルとカスタム(クロス)の2系統デザインとなり、ノーマル系はekワゴンに近いデザインになると考えられます。なおボディデザインは、窓配列を引き継いだものとなると思われ、ピラー部分の配色などで変化をつけるかもしれません。

eKワゴン

LEDヘッドランプの装着には注目となりますね。ekワゴンは、LEDヘッドランプ非搭載となっており、ライバルN-BOXは搭載しています。

eKスペース後継2019のボディカラー

ekスペース後継は現行と同等か、それ以上の豊富なボディカラーが用意されるでしょう。ekクロスの派生モデルなので、ツートンカラーの組み合わせが増える可能性は高くなります。

ただし、レッドメタリック系やekクロスのイメージカラーであるイエローが採用されるかは、やや微妙な線でしょう。しかし、販売促進のため、インパクトを持たせるために効果がありそうなので期待します。

eKスペース後継2019のインテリア

eKスペース後継のインテリアは、リアドアがスライドドアなのは確定しており、ekワゴンよりも高さがあり、より広い室内となるでしょう。

ドアピラー

ピラーレスではない一般的なものとなる可能性が高いでしょう。

シートスライド機能

現行よりも向上し、リアシートは30cm程度のスライドが可能となるかもしれません。

その他機能

インパネシフト配置のシフトレバーや荷室高は、極端な変化はないと考えられます。

また、ハンズフリーリヤゲートやリアシートのセンターアームレスト、ヘッドアップディスプレイの装備の可能性は低めです。ekワゴン/クロスは非搭載だからです。

ただ、リアドアをハンズフリースライドドアにする可能性はあります。

eKスペース後継2019のパワートレーン

eKスペース後継のパワートレーンは、ekワゴン/クロスとほぼ同等の52psと64psのTUターボエンジン・無段変速機となる可能性が高いです。

マイルドハイブリッドシステムも同等となる線が濃厚です。

燃費

最も優れた非ターボFF車では、JC08モード27.0km/L程度になるのではと考えられます。4WD非ターボ車は23.0km/Lあたりが限度でしょう。

eKスペース後継2019の先進安全装備

eKスペース後継もekクロスと同じく、同一車線運転支援技術「MI-PILOT」をグレードによって搭載する可能性が高いです。

ekクロス31

また、衝突被害低減システムの装備は、ekクロスと同等のものとなり、標識認識機能などの新装備はタイミング的に難しいでしょう。

ベースとなっている日産のプロパイロットは「2.0」が発表されています。しかし、発表のタイミングから「2.0」に対応した装備ではなく、現行のプロパイロットと同等のMI-PILOTとなると考えられます。

eKスペース後継2019の価格

ekスペース後継の価格は、最低価格は現行モデルと同等、最高価格は装備の充実からやや高くなることが考えられます。

MI-PILOTのオプション装備は、ekクロスと同等で70200円になるでしょう。

追伸情報

新型発売日の近い、他メーカーのハイルーフ軽自動車

画像引用元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

Return Top