Read Article

新型Mazda MX-6復活?|ロードスターベースのFRスポーツクーペ

マツダは新型スポーツカーとしてMX-6の復活を計画しているとの情報が入って来ました。

この情報は根も葉もない噂ではなく、マツダが「MAZDA MX-6」の名前の商標登録を更新したことが確認されており、MX-6が何らかの形で復活する可能性は高いといえます。

今回は新型MX-6に関する情報を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

新型Mazda MX-6が復活?

初代MX-6の概要

初代となるMX-6は1992年から1995年まで日本国内で販売されていた2ドアクーペで、ミドルクラスセダンのクロノスのプラットフォームをベースに開発されました。

MX-62

ベースのクロノスと同様に3ナンバーのワイドボディを採用し、ボリュームある曲線を活かしたデザインが特徴となっています。

搭載されていたエンジンはクロノスと共通のK型V6エンジンとなっていて、最高出力160馬力の2.0Lエンジンと、最高出力200馬力の2.5Lエンジンの2種類がラインナップされていました。

新型MX-6はロードスターベースのFRスポーツに?

新型MX-6はロードスターをベースとしたFRスポーツとなる可能性が高いといえます。

この話の根拠はロードスターの海外での名前は「MX-5」となっており、MX-6がロードスターの上位に位置するスポーツカーであることを示唆しているからです。

 

また、マツダは自動車メーカーとしての規模は大きくなく、複数のスポーツカーを別個に開発するだけの体力はないと思われるので、

利益率の高いロードスターのプラットフォームを活用して、ロングホイールベース化した2ドアクーペとなる可能性が高いでしょう。

新型MX-6のエクステリア

新型MX-6のエクステリアデザインは他のマツダ車と同様に「魂動デザイン」がベースとなります。

しかし、ただ単に魂動デザインを採用するのではなく、魂動デザインとスポーツカーらしさを両立させた、アーティスティックなエクステリアデザインとなるでしょう。

▽たとえばRX-VisionコンセプトMX-6 2Mazda RX-VISIONMazda RX-VISION4Mazda RX-VISION5

新型MX-6のインテリア

新型MX-6のインテリアは他のマツダ車と同様にマツダコネクトを中心に据えて、オーソドックスかつ快適な運転操作を最優先したデザインとなる見込みです。

しかし、ロードスターほどタイトな作りとはならず、グローブボックスやカップホルダーといった使い勝手に関する面も考えられたものとなるでしょう。

新型MX-6のパワートレイン

新型MX-6のプラットフォームはロードスターのプラットフォームをベースに、4シーター化するためロングホイールベース化したものとなる見込みです。

また、搭載されるエンジンはロードスターと同様に1.5L直列4気筒DOHCエンジンとなる可能性が高いとされています。

しかし、ロードスターの上位モデルとなることから、開発が噂されている直列6気筒エンジンや、新たに開発されたばかりのSKYACTIVE-Xエンジンが搭載されることも考えられます。

新型MX-6の先進安全装備

新型MX-6に採用される先進安全装備には、自動車や歩行者を検知してブレーキの自動制御を行う「アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」を中心に、

「AT誤発進抑制制御」、「ブラインド・スポット・モニタリング」、「リア・クロス・トラフィック・アラート」、「ハイ・ビーム・コントロールシステム」、「アダプティブ・LED・ヘッドライト」といった機能が採用される見込みです。

新型MX-6の発売時期

新型MX-6はマツダが公式に開発を認めておらず、コンセプトモデルも公開されていません。そのため、今年中に発売される可能性は非常に低く発売は2020年になると思われます。

新型MX-6の販売価格

新型MX-6はロードスターの上位スポーツカーとなるため、販売価格もロードスターよりも高額になると推測しています。

搭載されるエンジンによって価格は変動しますが、300万〜350万円前後になると予想しています。

追伸情報

関連記事

「スポーツ」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top