新車発売情報

Read Article

日産シルフィ後継ハッチバック新型モデル情報2021年後半発売|予想価格220~300万円IMQベースe-POWERターボ搭載モデル

スポンサードリンク


日産は三菱と共同開発でCセグメントの新型ハッチバックを開発しています。

このモデルは”シルフィ後継”とみられており、ハッチバックモデルとして新型シルフィセダン(中国仕様)との棲み分けが図られる予想となっています。

同じくハッチバックでコンパクトの日産ノートは、Bセグメントクラスです。

日産のモデル再編に伴い、クラス上に1モデル投入されるのが、このシルフィ後継ハッチバックモデルとなります。

他メーカーで言うと、スバルインプレッサ・マツダMazda3・ホンダシビックのクラス。

プラットフォームには日産エクストレイル・三菱エクスパンダーのミドルサイズを採用します。

パワートレーンにe-POWERを搭載し、全幅1750mm以内に収めた日本仕様モデルとして登場予定。

e-POWERの発電エンジンには1.5Lターボとハイパワーのモーターを採用。

ノーマル段階でスポーティなセッティングを施されたハッチバックモデルとなります。

日産シルフィ後継ハッチバック新型モデル情報2021

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • エンジン出力
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 4550mm
  • 1750mm
  • 1500mm
  • 2640mm
  • 1350kg
  • 1.5Lターボ+1モーター
  • 135ps/18.6kgm
  • 200ps/40.0kgm

日産がシルフィ/かつてのティーダの枠に新型のハッチバック車を登場させ、1.5Lターボエンジン+ e-POWERを採用するとのうわさもあります。

このターボ+e-POWERの組み合わせは、日産が販売を予定しているクロスオーバーSUV・IMQのパワートレインと通ずるものがあるということです。

想定しているパワーがIMQは300psを超えていることから、エンジン出力が同等である、またはIMQがモーターを複数搭載していることに対し、同系統のモーターを新ハッチバック車は一台のみ搭載するなどは考えられます。

それほど多くの共通項を持たせるとは考えにくい部分もあります。

また、国内のハッチバック市場は以前よりは復調しているとはいえあまり大きい市場とはいえません。

ヨーロッパではハッチバック車のパルサー(中国ではティーダ)が短期間で販売終了になった経緯もあり、同じくハッチバックのリーフとの立ち位置の問題もあるため、情勢自体はかなり不透明といえます。

車種の事情的に世界各地のモーターショーに注目する必要があるでしょう。

日産シルフィ後継ハッチバックのエクステリア

ティーダ11

日産の新ハッチバックは現在の日産の方向からしてVモーショングリルの設定はほぼ確実です。

ボディそのもののスタイルはパルサーの販売失速から考えて、パルサーとは似ていないスタイルになるということが考えられます。

また、ヘッドライトは中国仕様シルフィのようなリフレクター方式のLEDヘッドライトになる可能性が濃厚です。

シルフィ5

ただ、日産自体がファミリーフェイス化を進めていることもあり、ジュークのような大胆なスタイルにはならないと考えられるでしょう。

また、5ドアハッチバックということ、ノートよりも低めの前項となることはほぼ確実です。

ドアハンドルはジュークのようなスタイルをとる可能性は低めでしょう。

日産シルフィ後継ハッチバックのボディカラー

ハッチバックという立ち位置から、ブラックルーフの設定の可能性はやや高いです。

それ以外のツートンカラー採用の可能性がやや低く、リーフなどと同等の色が用意されることが考えられます。

日産シルフィ後継ハッチバックのインテリア

日産の新ハッチバックのインテリアに関しては情報が少ないです。

4人乗りのような突飛なことはせず、2列シート5人乗りは維持し、フロント、リアに大型センターアームレストを装備するあたりは確実と考えられます。

リアシートのリクライニングはセダンと同時設定されることもありやや可能性は低めです。

本革シートの用意も考えられます。

国内仕様でのサンルーフの設定の可能性は低めです。

また、コネクト機能などは充実したものとなるでしょう。

ヘッドアップディスプレイの装備の可能性も考えられます。

日産シルフィ後継ハッチバックのパワートレーン

1.5Lターボエンジン+ e-POWERの搭載が考えられています。

クロスオーバーSUV・IMQとの関係や、セレナe-POWERでも1.2Lエンジンであることから、最低でも170psのモーター出力になるでしょう。

燃費はノートよりはセレナに近い数値となることが考えられます。

4WDの設定は”「ない」とは言えない程度の確率”です。

ただ、四輪駆動システムはエクストレイルほど凝ったものにはならないでしょう。

日産シルフィ後継ハッチバックの先進安全装備

最低でもプロパイロット1.0相当の最新版が設定され、予防安全装備も最新のものとなることが考えられます。

価格帯によってはプロパイロット2.0の設定もあり得るでしょう。

日産シルフィ後継ハッチバックの予想価格

他社ハイブリッドの競争関係などから270万円から300万円程度の価格帯からとなることが考えられます。

ここから外れるとしてもノートとの棲み分けもあり、250万円を大きく切ることはないでしょう。

追伸情報

シルフィセダン

IMQ

ライバルはプリウス

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top