Read Article

新型パジェロスポーツが日本復活の可能性?|2020年発売予想

三菱はミドルサイズSUVの新型パジェロスポーツを
2020年に、日本でも復活させる可能性がある

との情報が入って来ました。

パジェロスポーツは、日本でも1996年〜2001年まで
チャレンジャーの名前で販売されていました。

2代目パジェロをベースに、
乗用車的な低いスポーティボディを被せたSUVでした。

現在は2015年に登場した3代目モデルが
海外専売車種としてアジアを中心に
世界各国で販売されています。

そのため、日本でも発売されるとなると
約19年ぶりの登場となります。

今回は新型パジェロスポーツに関する情報を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

パジェロスポーツのエクステリアデザイン

日本に導入されるパジェロスポーツは
現行モデルのマイナーチェンジ版となる可能性が高く、

フロントフェイスは評価の高い
現行パジェロスポーツからのキープコンセプトとなります。

パジェロスポーツ17

三菱最新のデザイン言語である
ダイナミックシールドが採用され

「エクリプスクロス」に寄せた
エクステリアデザインとなると予想されています。

パジェロスポーツ6httpswww.carscoops (1)

 

また、リヤエンドには、大型ルーフスポイラーや
新グラフィックのテールライト等が採用されます。

パジェロスポーツ6

 

▽現行

パジェロスポーツ1パジェロスポーツ2

 

 

パジェロスポーツのインテリアデザイン

アジアを中心に販売されているパジェロスポーツは

基本的にシンプルなデザインとなっていますが、
高いこだわりが感じられます。

パジェロスポーツ6

センターコンソールの両端には
シルバー加飾が採用されており、

ステアリングはダイナミックシールドを
意識したデザインとなっています。

パジェロスポーツ4

 

シートには高級感のある本革シート、
アウトドアでの使い勝手に優れた撥水加工シート、
ファブリックシートの3種類が設定されています。

パジェロスポーツ

 

また、パジェロスポーツには5人乗りだけではなく、
7人乗り仕様が設定されている点が大きな特徴となっています。

パジェロスポーツ8

ボディサイズがミドルクラスということで
3列目の広さはそれなりですが緊急時には役立ちます。

 

 

パジェロスポーツのパワートレイン

パジェロスポーツに搭載されるエンジンは

2400cc直列4気筒MIVECディーゼルターボと
ガソリンエンジンとなる見込みで、

遅れてハイブリッドモデルが追加されると
予想されています。

 

また、パジェロスポーツの4WDモデルには

ハイ&ローの副変速機を備えた
最新の「スーパーセレクト4WD-II」が採用されています。

走行モードの切り替えは、センターコンソールにある
ダイヤル式ドライブモードセレクターで可能となっており、

4種類のオフロードモード制御が用意され、

誰でも手軽にパジェロスポーツが持つ
オフロード性能を引き出すことが出来ます。

 

 

パジェロスポーツのフレーム構造

パジェロスポーツ1

パジェロスポーツのフレーム構造は
パジェロの名前が付いていることからも分かるように、

乗用車と同じフレーム構造を採用する
クロスオーバーSUVとは異なり、

堅牢なラダーフレーム構造を採用しています。

 

それにより、不整地を走行しても
フレームが曲がることがない

強固なボディ剛性を有しています。

 

 

パジェロスポーツの日本市場への導入時期

パジェロスポーツ4

パジェロスポーツ新型モデルのワールドプレミアは
2019年後半になる、と言われています。

日本市場への導入は既に確定路線と噂されており、

実現するなら2019年秋に開催される
東京モーターショーで日本仕様の公開。

2020年に日本での発売となる可能性が高いです。

 

 

パジェロスポーツの販売価格

パジェロスポーツの日本仕様は

正式に発表されていませんので
販売価格は未定となっています。

パジェロスポーツ3

しかし、タイのバンコク開催・
モーターエキスポで発表された

パジェロスポーツの高級モデルの
販売価格が2WDモデルで499万円、

4WDモデルで539万円となっています。

そのため、日本仕様の価格も
450万〜550万円前後になると予想しています。

 

 

追伸情報

関連記事

「SUV」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top