Read Article

新型208|航続距離450kmのEVモデル設定の可能性|2019年10月頃発売予定

プジョーのコンパクトカーである208が
2019年10月頃にフルモデルチェンジを実施するとの情報が入って来ました。

現行モデルは2012年に登場したので、すでに6年が経過しており、
フルモデルチェンジの時期が近いと言われていました。

今回は新型208に関する情報を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

新型の名称も208

プジョーの命名規則では205、206、207と、
フルモデルチェンジするたびに下一桁の数字が増えていました。

しかし、最新では数字を増やすことなく
一新するケースが増えていることから、

新型モデルは209ではなく「208」の名前を継続するようです。

 

 

新型208はデザインを刷新して508ルックに

208 1 208 3 208 4208 77 208 88

新型208の基本的なエクステリアデザインは、

最新のプジョーのデザイン言語を用いる
「508」と同様、フロントグリルのデザインや、

208-2 208-13

テールライトにライオンの爪痕をモチーフとした
/(スラッシュ)の形状を並べる手法を使用する見込みとなっています。

 

またボディサイズも全幅がワイド化され、
オーバーハングを削ってホイールベースを伸ばすことにより、

居住性や走行性能を高めてくるでしょう。

 

新型208のインテリア

208 111 208 222 208 444

 

 

新型208はi-Cockpitの第2世代を採用

新型208のコックピットには、
新型508から継承されたデザインが採用されることになります。

そのため、新型508と同様にi-Cockpitの第2世代が採用され、
直感的で自然な形でのパネル操作が可能となります。

 

また、高精細な12.3インチデジタル
インストルメントパネルによって、

ドライバーの好みに応じたカスタマイズも可能です。

 

 

新型208はプラットフォームを一新

プジョーは以前からEMP1と呼ばれる
モジュラー・プラットフォームの開発を進めていました。

この新型プラットフォームは

提携していたGM傘下のオペルと
共同開発する予定でしたが、

オペルは2017年にPSA(プジョー・シトロエン)
グループの一員となった経緯があります。

 

このEMP1を採用したことにより、
現行モデルと比較して100kgの軽量化が見込まれています。

この小型軽量なコンパクトカークラスから
100kgも削り取ったことで、

燃費性能や運動性能に高い効果があると思われます。

 

 

新型208のパワートレイン

新型208の標準グレードには、

1200cc直列3気筒直噴ターボエンジンが
搭載される可能性が高く、

70馬力〜150馬力の範囲で
複数のバリエーションが設定されると言われています。

 

そして、スポーツグレードのGTiには

220馬力を発揮する1600cc直列4気筒直噴ターボエンジンが
搭載されることになるでしょう。

この他にもクリーンディーゼルエンジンの搭載も予想されています。

 

 

新型208にはEVモデルが設定される可能性あり

208ev

新型208には、シトロエン「DS 3 クロスバック」と共有する
EV用プラットフォーム「e-CMP」を採用したEVモデルが
設定される可能性が高くなっています。

 

EVモデル専用プラットフォームを採用することにより、
容量50kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載可能で、

115馬力程度を発揮する電気モーターと
組み合わされる見込みとなっています。

EVモデルの航続距離は450km程度になると噂されています。

 

▽308EV

308ev

 

 

新型208の販売価格

現行型208の販売価格は
199〜368万円となっていますが、

プジョーは全グレードで
プレミアム化戦略を進めていることもあり、

全体的に価格が上昇する可能性が高いです。

 

 

新型208の発売時期

新型208のワールドプレミアは2019年3月に開催される
ジュネーブモーターショーが濃厚とされています。

日本での販売は、メイン市場である
欧州で販売された後になると思われるので、

早くても2019年10月頃だと思われます。

 

 

追伸情報

関連記事

「輸入車」モデル一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top