新車発売情報Labo

Read Article

トヨタパッソ/ダイハツブーン次世代情報2021年4月発売|予想価格100~180万円欧州アイゴ統合DNGA採用

ダイハツは2021年4月にパッソ/ブーンの次世代型を発売予定。

現行パッソ/ブーンは発売から2020年で3年経ちマイナーチェンジ実施

次世代パッソ/ブーンはダイハツの最新型・ロッキーをはじめ、タフトや派生車の影響を受ける形で発売されるでしょう。


パワートレインには現行改良NAエンジンを採用。

そして、新開発1.0Lターボ(110ps/20.0kgm)を採用したスポーツグレードも設定される予定です。



トヨタパッソ/ダイハツブーン次世代情報2021

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 3680mm
  • 1665mm
  • 1525mm
  • 2500mm
  • 910kg
  • 1.0L直3
  • 110ps
  • 20.0kgm
  • CVT

次世代パッソ/ブーンにDNGA採用

次世代パッソ/ブーンはタントから採用された新開発プラットフォームを用いて開発。

発売時期から2019年のロッキー、2020年のタフトに続くDNGAモデルに

モデルの規模から共通点も多くなるでしょう。

次世代ルーミー・タンク/トールへ「どう影響するのか」も楽しみになりますね。

また、スズキへのOEMがされた場合、イグニスの下位モデルとなり、おそらく海外専用車として展開されると思われます。

次世代パッソ/ブーンのエクステリアデザイン

パッソ3

次世代パッソ/ブーンは先進性や走りの良さを重視し、欧州アイゴのデザインを採用します。

そして、統合されグローバルモデルとして展開するとの情報です。

アイゴ12 アイゴ13

次世代パッソ/ブーンのボディサイズは大型化を最小限とし、現行モデルと同等の使い勝手の良さが維持される見込みです。

次世代パッソ/ブーンの内装デザイン

アイゴ14

質感を大幅に向上させ、標準グレードではインテリアトリムのバリエーションを増やし、デザイン性を重視するユーザーに対応。

スポーツグレードではシックでスポーティなデザインとなります。

標準

アイゴ4

スポーツ

パッソ4

次世代パッソ/ブーンのパワートレイン

【ベースグレード】1.0L直3

これまでのエンジンを継続採用します。

【スポーツグレード】1.0L直3ターボ

最高出力110馬力を発揮する1.0L直3ターボとなることが確実視されています。

この1.0Lターボエンジンは、ルーミー/タンクと同じ排気量です。

しかし、大幅に性能を向上した新型となり、2.0Lエンジンクラスのトルクを発揮する仕様になります。

この強力なエンジンを搭載するのは、スポーツグレードのパッソGTスポーツとなり、ライバルモデルはVW up! GTIになると言われています。

次世代パッソ/ブーンスポーツグレードのエクステリア

トヨタのWRC参戦マシンであるヤリスWRCをイメージさせるようなエアロパーツが装備されるでしょう。

アイゴ5パッソ2 パッソ5

次世代パッソ/ブーンの安全装備スマートアシスト

現行モデルと同様にダイハツがメインで開発するため、ダイハツの先進安全装備スマートアシスト最新モデルが搭載されます。


【参照】タントの最新スマートアシスト機能|全15機能

新機能
  1. 車線逸脱防止制御(レーンキープコントロール)
  2. 車線維持支援機能(レーンキープコントロール)
  3. 全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール
  4. 進入禁止の標識を認識
  5. ブレーキ制御付き誤発進抑制
  6. サイドビューランプ(フルLEDヘッドランプ)
  7. アダプティブドライビングビーム
  8. スマートパノラマパーキングアシスト
車線逸脱防止制御・車線維持支援機能

まず、車線維持支援システム機能が向上します。「スマートクルーズパック」としてカスタムRS/Xターボにセット・メーカーオプション。

現行の機能である車線逸脱時の警告音に加え、ステアリング操作により車線内へ戻す力が働くレーンキープコントロール機能が追加されます。

全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール

”0km/hまで”アクセルとブレーキをサポートする優れた機能です。「スマートクルーズパック」としてカスタムRS/Xターボにセット・メーカーオプション。

進入禁止の標識を認識

最近多い”逆走”を防ぐため、進入禁止の標識を認識する機能となります。

ブレーキ制御付き誤発進抑制

エンジン出力の抑制だけでなく、前方後方の危険を検知して”ブレーキ制御”までも行なう機能です。

サイドビューランプ

コーナリング時に進行方向の左右を補助灯で照らす、ヘッドライトと別の補助機能となります。全車標準装備。

アダプティブドライビングビーム

ハイビームを部分的に消灯し、対向車や歩行者・自転車など、人への防眩を発揮してくれる機能です。

スマートパノラマパーキングアシスト

パノラマモニター機能にも駐車支援機能を追加します。「スマートパノラマパーキングパック」としてカスタムRS/カスタムX/Xターボ/Xにセット・メーカーオプション。

パノラマモニター

「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」「スマートパノラマパーキングパック」としてカスタムRS/カスタムX/Xターボ/Xにセット・メーカーオプション。

 

【欧州】環境的規制によりアイゴはガソリン撤退&EV化の方向へ

”庶民の足”と表現されるコンパクトカーのアイゴ。

メーカーは規制対応のため、ガソリンから撤退し、EV化の方向で動いているとの情報。

そのため価格は上昇し、庶民の足としての役割を終えざるを得なくなります。

この動向が日本市場にどう影響するのかに注目です。

電動化の遅れている日本市場、トヨタにとっていい発展材料になる可能性も考えられます。

 

【2019年10月1日】ブーン特別仕様モデル情報

特別装備共通

  1. アウタードアハンドルボディ同色
  2. スーパーUV&IRカット機能付フロントドアガラス
  3. スーパーUVカット機能付スモークドガラス
  4. リアドア/クォーターガラス
  5. メッキシフトレバーボタン
  6. メッキインナードアハンドル
  7. LEDフォグランプ
  8. パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

スタイル“ホワイトリミテッドSAⅢ”専用特別装備

  1. オート電動格納式ドアミラー(キーフリー連動)
  2. ホワイト2トーンルーフ

スタイル“ブラックリミテッドSAⅢ”専用特別装備

  1. ガンメタ塗装フロントグリル
  2. ガンメタ塗装フロントフォグランプベゼル
  3. ガンメタ塗装リアリフレクターリング
  4. フロントグリルは艶ありブラック塗装
  5. ブッシュ式オートエアコンスイッチパネル
  6. ピアノブラック調加飾エアコンパネル
  7. シルバー&カッパー加飾エアコンレジスター/オーディオパネル
  8. スエード調トリコットファブリックシート表皮
  9. ブラックルーフ2トーン採用

 

次世代パッソ/ブーン情報Labo

パッソは2020年ビッグマイナーチェンジ

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top