Read Article

2008限定車クロスシティ|2018年12月18日発売

フランスの自動車メーカーであるプジョーが
初めて製造したコンパクトSUVが2008です。

コンパクトSUVの特徴は取り回しの良いボディサイズ、

車高が高いゆえの堂々とした精悍なスタイルと
見晴らしの良いドライブポジション、

そしてオンロードもオフロードも走行可能である
その走行性能の高さなどで、

いま世界的にコンパクトSUVは人気があります。

 

このようなコンパクトSUVの魅力満載のプジョー2008に
特別仕様車クロスシティが2018年12月18日に加わりました。

クロスシティの特徴は、オンロードとオフロードの
両方のドライビングをさらに楽しめることをコンセプトに、

機能と装備が強化されていることです。

 

スポンサードリンク

 

ベース車両

プジョー2008クロスシティのベース車両は「アリュール」です。

エンジンスペックは最高出力110ps、最大トルク205Nmを発揮する
1.2L3気筒ターボの「Pure Tech」エンジンを搭載しています。

 

 

ターボがあるおかげで1.2Lというコンパクトなエンジン排気量でも
低回転域から十分なトルクを発揮してくれます。

JC08モード燃費も17.3km/Lという好燃費を実現しています。

 

乗り心地は少し固めのセッティングで
高速走行でも非常に安定しており、

SUVにありがちな不安定な腰高感がありません。

ステアリングも小径でスポーティなものが採用されており、
走る楽しさを演出しています。

 

 

新規装備

ベース車両の「アリュール」でも十分高い完成度を誇りますが、

クロスシティではさらに悪路走破性能を高めるために、
「グリップコントロール」を新たに装備し、

それに加えて16インチアロイホイール+4シーズンタイヤを採用しています。

 

 

インテリア

2008

専用アルカンターラ&
TEPレザーシート(シートヒーター付き)を装備され快適性が向上し、

シートやドアトリムなどにインテリアグリーン系ステッチが入り
スポーティかつ高級な雰囲気を演出しています。

 

 

エクステリア

2008

リアサイドウィンドウ上部&リアスポイラーアクセント
(ペルラネラブラック)が追加されたり、

コンパスを模した専用ロゴがアクセントとして配置されています。

ボディーカラーは全部で5色が用意され、
そのうち「スピリットグレー」は特別色です。

 

 

先進安全技術

安全装備について最新の車ではもはや常識となりつつある
アクティブセーフティブレーキやバックモニターなどが装備されています。

過信は禁物ですが、安全装備がついている安心感は大きなものです。

また車高が高い分後方に見えない部分が多くなってしまいがちですが、
バックモニターがあれば後方確認も安心です。

 

 

価格

プジョー2008クロスシティに最大の魅力は価格です。

ベース車両の「アリュール」に対して
わずかプラス6万9000円の269万9000円となっています。

バックモニターなどの装備が追加されたにもかかわらず、

2017年に登場したクロスシティと全く同額ですので、
実施的な値引きと言っても良いでしょう。

 

 

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://jp.autoblog.com

Return Top