Read Article

MR2復活?|新型トヨタミッドシップが86スープラに続き登場か|2021年発売予想

トヨタが現在開発中だと噂されている新型ミッドシップスポーツカーがMR2の後継車種になるとの情報が入ってきました。

次期MR2に関する情報はトヨタから正式なアナウンスされていません。

しかし、需要が少ないスポーツカーでも他社と協業することによって市販化を実現してきた実績を考えると、

FRスポーツを実現した後にはミッドシップスポーツの実現も夢物語では無いと思います。

MR2-9

国産スポーツカーの本格的な復権に向けて、トヨタの大いなる決断に注目したいです。

この新型MR2は「86」・「スープラ」に次ぐ、第3のスポーツカーとしてラインナップされるようで、今回は噂の新型ミッドシップスポーツカーについて紹介します。

スポンサードリンク

トヨタ新型ミッドシップスポーツのモデルチェンジ情報2019

新型MR2?デザイン特許出願

MR2 (2)MR2MR2MR2MR2

スポーツカーのラインナップ充実をはかるトヨタ

現在、プロトタイプのメディア向け試乗会が行われるなど、デビューが目前へと近づいているスープラ。

新型スープラはBMWと共同開発される2シーターのFRスポーツカーで、BMW Z4との兄弟モデルとなり、2019年4月に発売が予定されています。

スープラ5

このスープラのアシスタントチーフエンジニアを務めている甲斐将行氏が米国の有力自動車雑誌のインタビューで

「86、スープラでFRスポーツは揃った。次はミッドシップスポーツの復活を目指したい」と発言をしています。

MR2

トヨタでは1984年〜2007年まで2シーターミッドシップスポーツのMR2とMR-Sを販売していた実績があり、

スープラを復活させた勢いでMR2を復活させる可能性は低くないと思います。

MR2 MR2

新型MR2は他社とコラボレーションの可能性が

86はスバルと協業して開発し、スープラはBMWと協業して開発するなど、1社で単独開発するのではなく他社とコラボレーションして登場させています。

近年になって、GAZOOレーシングはスポーツカーのラインナップ強化を図っていますが、量販が見込めないジャンルとなったスポーツモデルを数多く開発することは難しいのが実情です。

ですが、もしMR2がスバルとコラボレーションすれば、水平対向エンジンや直列6気筒エンジンといった他社の魅力的なエンジンを使用することが可能となります。

魅力的なクルマに仕上げられるメリットもあります。

新型MR2はミッドシップスポーツを開発するメリットがあるならば、86やスープラと同様に他社とコラボレーションして開発する可能性が非常に高いです。

スバルの新型ミッドスポーツとプラットフォームを共有

MR2-6

スバルが開発すると噂される新型ミッドシップスポーツとプラットフォームを共有し、

パワートレーンも2.0L水平対向直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドを搭載するとの情報です。

MR2-4

86はスバルと共同開発、スープラはBMW、その中間に位置すると考えられる新型MR2を再びスバルとタッグを組むことは何ら不思議ではないですね。

MR2-7

以下に続くロータスとのコラボ情報は、一番古い情報で、S-FRⅡコンセプトを新型EVとして開発するとの情報でした。

スバルに新型ミッドシップ発売の情報が出ているので、スバルとのコラボが可能性が高い内容だと言えます。

またはロータスとコラボレーションでMR2を発売?

toyota-S-FR

トヨタがMR2の後継モデルを共同開発するパートナーとしてもう一つ可能性があるのはイギリスの名門スポーツカーメーカーであるロータスです。

これには理由があり、ロータスは自社の主力モデルであるエリーゼ、エキシージ、エヴォーラはトヨタからエンジンの供給を受けており、良好な関係が10年以上継続しています。

▽エヴォーラエヴォーラ8

また、ロータスはミッドシップスポーツに精通した自動車メーカーで、伝統のバスタブフレームにFRP製の軽量ボディによって

ライトウェイトスポーツカーを数多く開発している実績もあります。

この少量生産メーカーであるロータスの高度な開発力にトヨタの先進的な技術力を合わせることによって、

トヨタとロータスの両者にメリットがある個性的なミッドシップスポーツを開発することができるのです。

しかし、この可能性はEV開発で発揮されるのかもしれません。

また、こちらの予想はセリカの可能性としても噂された情報です。

トヨタがミッドシップスポーツを開発するメリット

MR-S7

トヨタが500万円以下の開発帯でミッドシップスポーツを展開することが可能ならば、安さが際立って世界のスポーツカー市場に大きなインパクトを与えることが出来ます。

日本では、ホンダがS660とNSXの2車種をラインナップしています。

スーパーカーと呼ばれる超高額モデルを除くと、ポルシェ ケイマン・ボクスターや、ルノー アルピーヌA110などがメジャーで、

これらの車種の販売価格は、軽自動車であるS660を除くと600万円以上と非常に高額だからです。

追伸情報

「スポーツ」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.motor1.com/
画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.supramkv.com

Return Top