新車発売情報Labo

Read Article

トヨタMR2後継新型モデル情報2025年秋冬に期待|予想価格1000万円ミッドシップスポーツ復活

トヨタは新型ミッドシップスポーツをMR2後継として開発をしているとの噂です。

86の次世代以降型が共同開発を終える噂と、スープラもBMWとの開発契約を2025年で終え、その後のトヨタスポーツモデルのゆくえとなります。


この3車種の関係は86がエントリーモデル、スープラがミドル、MR2が最上級スポーツモデルに位置付けられるよう開発が進められているようですね。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 4250mm
  • 1800mm
  • 1280mm
  • 2500mm
  • 1250kg
  • 3.0L V6ターボHV


新型MR2のエクステリア

MR2-6

新型MR2後継は、86・スープラに次ぐ、第3のスポーツカーとしてラインナップされます。

MR2-4

GAZOOレーシングはトヨタスポーツカー部門として独立しているため、短期間でラインナップ強化を行っています。

MR2-7

特許出願|La Coupe

MR2 (2)

「これが新型MR2のデザイン?」という噂で流れた画像ですが、定かではありません。

MR2

新型MR2はロータスと開発コラボレーション??

トヨタがMR2の後継モデルを共同開発するパートナーとして可能性があるのは、イギリスの名門スポーツカーメーカーのロータスです。

ロータスの主力モデル・エリーゼ/エキシージ/エヴォーラは、トヨタからエンジン供給を受けています。

さらに、ヴィッツGRMN搭載の1.8Lスーパーチャージャー。これはロータスへの供給エンジンをロータスが専用チューニングしたもので、このような良好な関係を10年以上継続しています。

▽エヴォーラ

エヴォーラ8

また、ロータスはミッドシップスポーツに精通した自動車メーカー。伝統のバスタブフレームにFRP製の軽量ボディによって、ライトウェイトスポーツカーを数多く開発している実績もあります。

この少量生産メーカーであるロータスの高度な開発力にトヨタの先進的な技術力を合わせます。これにより、トヨタとロータスの両者にメリットがある個性的なミッドシップスポーツを開発することができるのです。

ロータスのプラットフォームを基に開発

ロータスの軽量アルミバスタブフレームを採用し、ボディデザインをトヨタが開発しています。

新型MR2のパワートレイン

3.0L V6エンジンを縦置きで搭載するとの噂です。

以前はヤリスGRMNの1.6L直3ターボ搭載と言われていましたので、価格含め、かなりの上級スポーツモデルになるようですね。

86のようにエントリースポーツとして誰しも楽しめるモデルではなく、競技を含めた本格スポーツモデルの開発になります。

【以前の噂】

エンジンにはヤリスGRMNの1.6L直3ターボを搭載し、250ps/32.5kgmを発揮する、というものでした。そのほかの可能性として、ロータス搭載の1.8L直4エンジンも予想に挙がっていました。

トヨタがミッドシップスポーツを開発するメリット

MR-S7

トヨタが500万円以下の開発帯でミッドシップスポーツを展開することが可能ならば、安さが際立って世界のスポーツカー市場に大きなインパクトを与えることが出来ます。

日本では、ホンダがS660とNSXの2車種をラインナップしています。

スーパーカーと呼ばれる超高額モデルを除くと、ポルシェ ケイマン・ボクスターや、ルノー アルピーヌA110がメジャー。

これらの車種の販売価格は、軽自動車であるS660を除くと600万円以上と非常に高額だからです。

スポーツカーのラインナップ充実をはかるトヨタ

スープラ5

このスープラのアシスタントチーフエンジニアを務めている甲斐将行氏。

米国自動車雑誌のインタビューで「86、スープラでFRスポーツは揃った。次はミッドシップスポーツの復活を目指したい」と発言しています。

トヨタは1984年〜2007年まで2シーターミッドシップスポーツのMR2とMR-Sを販売していた実績あり。スープラを復活させた勢いでMR2を復活させる可能性もあると思います。

MR2 Labo


Return Top