Read Article

フレアクロスオーバー 一部改良|カラー変更安全面強化|2018年11月15日発売

マツダは軽クロスオーバーSUVである「フレアクロスオーバー」に一部改良を実施して2018年11月15日より発売開始しました。

今回の一部改良ではインテリアとエクステリアカラーの変更と安全面の強化がメインとなっています。

一部改良の具体的な内容について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

エクステリアの変更点

上級グレードとなる「XS」と
「XT」のフロント・リアバンパーガーニッシュのデザインを変更し、

より立体的で躍動感あるスタイルへと変化させています。

また、「XS」と「XT」のに用意されている
15インチアルミホイールの形状が5スポークとなり、

より精悍な印象を与えています。

 

その他にも「XS」と「XT」には

新ボディカラーの「ピュアホワイトパール2トーン(黒ルーフ)」と
「クールカーキパールメタリック(白ルーフ)」が新たに設定されています。

 

 

インテリアの変更点

インパネカラーパネルに新色となる「カーキ」が設定され、
現在の「ホワイト」が「アイボリー」へと変更されています。

また、「XS」と「XT」には

IRカット機能付フロントガラスと、
スーパーUV&IRカットフロントドアガラスを採用しています。

 

 

安全性の向上

先進安全技術である「デュアルカメラブレーキサポート」を
全モデルに標準装備となりました。

デュアルカメラブレーキサポートは衝突被害軽減システムで、

2つのカメラを搭載したステレオカメラ方式となっており、
人の目と同じように左右のカメラが対象との距離と形を捉えます。

そのため、対象のサイズや輪郭から歩行者や自動車との判別を行います。

 

また、左右の白線も認識するなど、カメラで捉えた様々な情報を元に
警報やブレーキの自動制御で衝突被害の軽減を行います。

そのほか、クルマの前後左右4箇所にカメラを設置して、

クルマを真上から俯瞰して見たような映像などを
モニターに映し出す「全方位モニター」を「XT」に標準装備し、

「XS」はメーカーオプションとなっています。

そのため、全方位モニター装備車では
全方位モニター対応ナビゲーションを装着すれば使用可能となります。

 

デュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備としたことによって、
「安全運転サポート車」の「サポートS・ベーシック+」に全車を該当させています。

 

 

販売価格

ターボモデルである「XT」に関しては
2WDが163万9440円、4WDが176万5800円となっています。

自然吸気モデルの上級グレードである「XS」は
2WDが149万5800円、4WDが162万2160円。

ベーシックグレードの「XG」は
2WDが138万7800円、4WDが151万4160円となっています。

 

 

追伸情報

関連記事

「軽自動車」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://twitter.com/car_watch

スポンサードリンク

Return Top