Read Article

Subaruジャスティ ジャスティカスタム 一部改良|安全機能強化|2018年11月8日発売

スバルは5ドアトールワゴンの「ジャスティ」・「ジャスティカスタム」に改良を実施して2018年11月8日に発売開始しました。

今回のジャスティとジャスティカスタムの改良は安全機能の強化がメインとなっており、スマートアシストが第3世代となったことで、これまでは検知出来なかった歩行者が検知可能となった点が大きなポイントとなっています。

また、全モデルにスマートアシストⅢを標準装備とすることで誰もが納得する改良になっていると言えるでしょう。

 

主な改良実施点

今回の改良では安全面が中心となっており衝突回避支援システムの「スマートアシストⅢ」やコーナーセンサーを新たに採用して全グレードに標準装備とした他に、エクステリアやインテリアに大きな変更はありませんが小変更が加えられています。

 

 

エクステリアの変更点

エクステリアデザインに関しては、ジャスティカスタム RSスマートアシストに装着の15インチアルミホイールを、ジャスティ GSスマートアシストにも新たに標準装備し、

「ファイアークォーツレッド・メタリック」・「ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」の2色のボディカラーを新たに採用し。

ジャスティカスタムの2トーンカラーに、「ブラック/ファイアークォーツレッド・メタリック」・「ブラック/ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」・「ブラック/パールホワイトⅢ」の3色を新色として採用しています。

 

 

スマートアシストⅢの特徴

スマートアシストⅢはステレオカメラの採用によって制御対象や認識範囲が拡大し、歩行者に対する衝突回避支援ブレーキ機能やハイビームアシスト機能を追加。

更にフロントグリルにソナーセンサーを2個追加し、前方誤発進抑制制御における障害物検知の精度を向上させています。

 

また、コーナーセンサーをフロントとリアに装備することで、死角になりやすい前後左右の障害物を検知するとブザー音とマルチインフォメーションディスプレイでドライバーに知らせます。

そのため、衝突の危険性があると判断する速度が対車両で約4〜100km/h走行時、対歩行者が約4〜50km/h走行時に向上しており、被害軽減ブレーキの緊急ブレーキの作動範囲速度は対車両で約4〜80km/h走行時、対歩行者が約4〜50km/h走行時となっています。

 

 

価格

販売価格はジャスティが152万8200円〜194万8320円となっており、ジャスティカスタムが194万1840円〜207万1440円となっています。

 

 

追伸情報

関連記事

「コンパクト」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://twitter.com/car_watch/status/1060395757079949312

Return Top