Read Article

Toyota MIRAI 一部改良|安全性能を向上して価格727万4880円|2018年10月30日発売

トヨタは燃料電池自動車のMIRAIに一部改良を実施して、2018年10月30日に発売開始しました。

トヨタMIRAIは世界初の燃料電池自動車の量産車として知られていますが、今回の一部改良によって予防安全パッケージの検知機能がミリ波レーダーのみから、
単眼カメラを追加することにより、歩行者や自転車の検知が可能となるなど大幅に安全機能を強化させています。

今回は一部改良を受けたMIRAIについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

一部改良による変更点

MIRAI2

今回の一部改良では主に安全性の向上が行われており、「Toyota Safety Sense」を標準装備としています。

Toyota Safety Senseのプリクラッシュセーフティは検知センサーをミリ波レーダーと単眼カメラとすることにより、自動車だけではなく歩行者(昼夜)や自転車(昼間のみ)の検知が可能となっています。

その他にも道路標識を認識する「ロードサインアシスト機能」や、先行車の発進をドライバーにブザーやディスプレイへの表示で知らせる「先行車発進告知機能」を追加しています。

また、駐車場などでのブレーキ踏み間違いやアクセルの踏み過ぎによる衝突被害を抑制する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を標準装備とすることで、安全機能を向上させています。

 

 

MIRAI|基本スペック

MIRAI9

ボディサイズ:全長4890mm/全幅1815mm/全高1535mm
ホイールベース:2780mm
車両重量:1850kg
車両総重量:2070kg
FCスタック:FCA110型固形高分子形
モーター:4JM型交流同期電動機
最高出力:FCスタック155ps/モーター154ps
最大トルク:モーター34.2kgfm
最高速度:175km/h
排出水量:4キロメートル走行あたり240ミリリットル

 

 

MIRAIの販売価格

MIRAI1

MIRAIの販売価格に関しては一部改良前は723万6000円でしたが727万4880円となり、安全装備を向上したことにより販売価格が約4万円ほど上昇しています。

 

 

MIRAI|概要

トヨタ MIRAI

MIRAIはトヨタが2014年に発売開始した量産車として世界初のセダン型燃料電池自動車となっています。

自社開発によるトヨタFCスタック・高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術と、ハイブリッド技術を融合させた「トヨタ フューエルセルシステム(TFCS)」を採用しており、
水素の充填時間は約3分で航続距離はJC08モードで約650kmになります。

MIRAIは燃料にガソリンを必要としておらず、家庭での充電も不要となっていますが、その代わりに水素ステーションでの水素充填が必要なので、まだまだ一般的な自動車とは言い難い面があります。

しかし、ライバル企業のホンダも水素タンクをMIRAIと共通化した燃料電池自動車を販売開始するなど、普及が進められており、最新の技術を採用した自動車に興味がある人はMIRAIに注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

追伸情報

関連記事

「FCV」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://toyota.jp
画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top