Read Article

BMW 5シリーズ|限定車「M Sprit」523i&523d Touring|2018年10月29日発売

BMWジャパンは同社のEセグメントクラスのセダン「523i」と、ステーションワゴン「523d」をベースとした限定車の「M Sprit」を2018年10月29日発売開始しました。

BMW 5シリーズ M Spritは5シリーズの中でも人気グレードとなっている523iと523d Touringに、スポーティーなエクステリアや足回りを与えた上で、最新の安全装備を搭載した限定車となっています。

そのため、お買い得感が高く、スポーティーに仕立てたモデルに興味がある人にはオススメのモデルとなっています。今回はM Spritについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

M Spritの概要

M SpritはBMW 523iセダンと523dツーリングをベースに、スポーティーさを際立たせたモデルとなっています。

また、ヘッドアップディスプレイやドライビングアシスト機能を装備することにより、スポーティーな走りとともに高い機能性を実感できるモデルとなっています。

 

 

M Spritの特別装備の内容

  1. スポーティーさを演出するエクステリアパーツ
  2. M Sportサスペンション
  3. 18インチアロイホイール
  4. 専用ステアリング
  5. 専用ステッチ付きのブラック・ダコタ・レザーシート
  6. ポプラ・グレー・ファイン・ウッドトリム
  7. アンソラジットのルーフライニング
  8. ヘッドアップディスプレイ
  9. ドライビング・アシスト・プラス

 

 

M Spritに搭載されているエンジン

セダンタイプの「523i M Sprit」に搭載されているエンジンは、最高出力184馬力・最大トルク290Nmを発揮する2000c c直列4気筒ガソリンターボエンジンとなっており、

ステーションワゴンタイプの「523d ツーリング M Sprit」に搭載されているエンジンは、最高出力190馬力・最大トルク400Nmを発揮する2000cc直列4気筒ディーゼルターボエンジンを採用しています。

 

 

M Spritの安全装備

ヘッドアップディスプレイ

BMW 5シリーズ M Spritに採用されているヘッドアップディスプレイは、現在の車速・ナビゲーションシステムによるルート案内の矢印表示・前車接近警告・曲名やラジオ局のリスト等の情報をドライバーの視界内のフロントウインドーに直接表示を行います。

情報は表示する高さを調整することが可能となっており、ドライバーは視線移動を最小限に抑えることができます。

 

ドライビング・アシスト・プラス

運転支援システムの「ドライビング・アシスト・プラス」はルームミラーにステレオカメラを内蔵し、ミリ波レーダーセンサーをフロントとリアに装備することにより、

日常走行域での急停止や飛び出しなどを判断し警告するとともに、夜間や悪天候時にも安定して検知することが出来ます。

また、高速走行時にはステアリングに操舵力を加えることで、車線の中央を走行しやすいようにサポートし、渋滞時には先行車追従走行を行うなど、自動運転技術を部分的に実現しています。

 

 

M Spritの販売価格

セダンタイプの「523i M Sprit」の販売価格は695万円、ステーションワゴンタイプの「523d Touring M Sprit」の販売価格は765万円となっています。

 

 

追伸情報

関連記事

「輸入車」モデル一覧

画像引用元:https://twitter.com/bmwjapan

Return Top