Read Article

ハリアーハイブリッド マイナーチェンジ|踏み間違いサポブレ搭載|2019年6月発売予定

トヨタは人気クロスオーバーSUVである
ハリアーハイブリッドモデルのマイナーチェンジを

2019年6月に実施するという噂があります。

ハリアー5

2019年に実施予定のマイナーチェンジによる主な変更点としては、

現在は「PROGRESS Metal and Leather Package」と
「PROGRESS」に標準装備されている

インテリジェンスクリアランスソナーを全グレードに標準装備することで、

「サポカーSワイド」の対象を全グレードに広げます。

 

スポンサードリンク

 

インテリジェンスクリアランスソナーとは

アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく、

低速取り回し時における衝突回避、
または衝突被害軽減に寄与するシステムとなっており、

前後進行方向に壁などの障害物を検知すると、

発進時にエンジン出力やハイブリッドシステム出力を抑制し、
更に衝突の危険性が高まると自動的にブレーキをかけます。

 

 

マイナーチェンジでToyota Safety Senseを全車標準装備

Toyota Safety Sense全車標準装備となることで、
ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知能力が向上し、

クルマだけではなく、

歩行者(昼夜)や自転車(昼)の認識も可能となって、
事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。

 

その他にも、Toyota Safety Senseは、
車線から逸脱する可能性があることを警告したり、

車線から逸脱を避けるためにステアリング操作支援を行う
「レーントレーシングアシスト」を標準装備。

 

全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールの作動時には、

車線維持に必要なステアリング操作支援を行うなど、
大幅に機能を向上させています。

 

 

マイナーチェンジ後のハリアーの価格

ハリアー3

ハリアーハイブリッドモデルは、マイナーチェンジによって
「パワートレインの大幅な変更」が行われる可能性は低いです。

「インテリジェンスクリアランスソナー」や「Toyota Safety Sense」といった
安全に関する機能が全車強化されるので、その分だけ価格が上昇することが確実です。

ハリアー1

その価格の上昇幅は5万円~10万円程度と予想でき、
ハリアーハイブリッドモデルの価格は

380万円~470万円程度となる可能性が高いでしょう。

 

以上です。

 

 

【2018年4月】Toyotaハリアーハイブリッド|Toyota Safety Sense搭載

発表はありませんでしたがToyota Safety Senseを搭載しています。

サポカーSワイド該当車へ

  • ELEGANCE“GR SPORT”(ターボ)・ELEGANCE“GR SPORT”(ガソリン)は除く

Toyota Safety Sense搭載

 

 

 

【2017年6月8日】ハリアーハイブリッド|ビッグマイナーチェンジ

エクステリアの質感向上

  • LEDライナーアクセサリーランプ(バンパー左右)
  • LEDシーケンシャルターンランプ(上級グレードに採用)
  • LEDイルミネーションランプ
  • 新色追加
  • ダークレッドマイカメタリック(クラウン採用)
  • ダークブルーマイカメタリック(カムリ採用)
  • 既色廃止
  • ブラキッシュアゲハガラスフレーク
  • ブラキッシュレッドマイカ
  • ダークブラウンメタリック

 

インテリアの質感向上

  • 9.2インチT-Connectナビ
  • JBL11スピーカー
  • LED室内灯
  • 電動パーキングブレーキ
  • 内装新色追加(2.0Lターボのみ)
  • ダークサドルタン設定
  • ※本革シートも同色

 

スポンサードリンク

 

PROGRESグレードを追加

GRANDグレードを廃止。PREMIUMの上位グレードとなる

  • PROGRES
  • PROGRES Metal and Leather Package

2つのPROGRESグレードを追加。

ここに専用装備

  • 9.2インチT-Connectナビ
  • JBL11スピーカー

が採用されます。

 

 

追伸情報

関連記事



「SUV」マイナーチェンジ一覧

 

ハリアー|来歴

ハリアーは高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUVとして開発され、
1997年に初代モデルが登場しました。

ハリアーは現在では世界的な人気ジャンルとなっている
高級クロスオーバーSUVを開拓した先駆的なモデルとなっています。

初代モデルと2代目モデルはレクサスのRXと兄弟モデルの関係にありましたが、
レクサスが日本国内でも展開されることになった関係もあり、
現行モデルの3代目モデルはRXから分離・独立した日本国内専売車種となっています。

3代目ハリアーは2013年6月から販売を開始しており、
ライバル車種と比較しても高級感を纏った雰囲気が人気のモデルとなっています。

2017年に実施されたマイナーチェンジでは

  • 2000cc直噴ターボエンジンの新設定
  • 「Toyota Safety Sense P」全車標準装備
  • LEDシーケンシャルターンランプ・LEDコーナリングランプの設定

といった機能の大幅な強化を行っている他、
エクステリアやインテリアに関しても更なる質感の向上が行われています。

Return Top