Read Article

プジョー新型508|限定車ファーストエディション|2018年11月1日予約受付開始

プジョーは新型508の本格導入に先駆けて60台限定車の「508ファーストエディション」を、2018年11月1日にオンラインにて予約受け付け開始しました。

プジョー新型508のファーストエディションはプジョーの新型フラッグシップモデルのお披露目に相応しく、最上級グレードの「GT」に最高級レザーのひとつとされているナッパレザーを採用するなど、装備内容が充実した限定モデルとなっています。

このファーストエディションが新型508の日本でのデビューとなりますが、今後もカタログモデルの508やステーションワゴンの「SW」の導入について、改めて発表が行われる予定となっています。

今回は508ファーストエディションについて紹介します。

 

スポンサードリンク

 

508|概要

508 2

プジョーのフラッグシップサルーンである508は2018年3月のジュネーブモーターショーで新型モデルが世界初公開されています。
新型508はトランクリッドを廃し、新たにファストバックスタイルとなった点が大きな特徴です。

新型508のボディサイズ

全長4750mm・全幅1847mm・1404mm・ホイールベース2793mmとなります。

プラットフォーム

新たに「EMP2」を採用することで車としての基本性能を大幅に向上。

フロントフェンダーとフロントサスペンションのアルミ化や、テールゲートやラゲッジフロアの強化樹脂化により、装備内容の充実が行われていますが、車両重量の先代モデルと同等レベルに抑えられています。

 

 

エンジン

また、新型508に採用されているエンジンは2000cc直列4気筒ディーゼルターボエンジンの1種類となっており、最高出力177馬力・最大トルク400Nmを発揮します。

 

 

安全装備

508 1

新型508は安全装備に関しても充実化が図られており、自動車や歩行者だけではなく二輪車も検知可能な緊急自動ブレーキシステムや、ストップ&ゴー機能を備えたアダプティブクルーズコントロール機能、

車線の中央を認識して維持して走行するレーンキープアシスト、前方約200mまで赤外線カメラによって監視し、その映像をインパネに表示するナイトビジョンといった様々な機能が装備されています。

 

 

ファーストエディションの特別装備

プジョー新型508は日本上陸に先駆けて60台限定のファーストエディションと呼ばれる限定モデルが販売されます。

その特別装備は、最上級グレードの「GT」をベースにオプションをフル装備した上で、専用の真紅のナッパレザーシートと19インチアロイホイールを採用したモデルとなっており、

ボディカラーにはプジョーの母国であるフランスのトリコロールカラーに倣った「アルティメットレッド」・「パールホワイト」・「ダークブルー」の3色が用意されています。

ファーストエディションの販売価格

プジョー新型508ファーストエディションの販売価格は577万円となっており、60台の限定モデルとなっています。

 

 

追伸情報

ファーストエディション|特設サイト

「輸入車」モデル一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top