新車発売情報

Read Article

サブスクで車利用、月額定額制は使い放題?コスパ抜群?【KINTO】サービスに範囲設定・期間・超過料金あり

サブスクとは『サブスクリプションサービス』の略称で、一定期間の貸し出しを月極(つきぎめ)の定額で行うサービスです。音楽や映画だとイメージもしやすいですよね。そのサブスクが車でも登場しています。

自分で車を所有することへの”代替サービス”として、いま注目のシステムです。これから先は、どんなものも借りる/シェアする時代がもうそこまで来ています。

車のサブスクの月額には車に関わる諸税金が含まれた料金のため、”毎月同等の金額を支払えばよい”という点がメリットです。このサービスはトヨタがKINTOというサービス名でいま参入し始め、今後、他メーカーも参入するか、注目されています。

KINTO



自動車サブスクリプションサービスと『レンタカー』の違い

レンタカーは1泊2日といった短期間の使用が基本となっているのに対し、サブスクリプションサービスはサービス提供会社によって異なります。

しかし、サブスクは”1年~11年程度の貸し出し”となっている点が根本的に異なっている点といえます。

一方、車種ごとの料金設定のランク付けはレンタカー/サブスクリプションサービスとも近い概念になっています。

自動車サブスクリプションサービスと『カーリース』の違い

カーリースは車を買い取るのではなく”貸し出すサービス”という点でサブスクリプションサービスと近くなります。

例えば、カーリースでメジャーな桜井日奈子さんのCM

  • 「一生、Myカーリース」

でお馴染みのコスモ石油のカーリース コスモMyカーリース

 

”5年で乗り換え”といった、ある程度長期間の使用を見据えたサービスがカーリースです。

サブスクリプションサービスはプラン設定や中途解約の考え方が異なるケースはありながらも、双方とも非常に近いサービスと言っていいでしょう。

さらに”3年で新車に乗り換えられる”といった新しいサービスの採用がサブスクリプションサービスのメリットです。

自動車サブスクリプションサービスと『カーシェア』の違い

タイムズカーシェアのようなカーシェアは時間ぎめの料金体系サービスが多く、レンタカーに近い部分のあるサービスです。より短時間からの利用が可能です。

カーシェアは日によって違う車を利用することが多く、自分の車という意識にはならないサービスといえるでしょう。

また、予約待ちが発生するなど、サービスの限界が起こりうることがデメリットとなります。しかし、今後の展開次第ではより便利になるサービスと言えるでしょう。


トヨタのサブスクリプションサービス『KINTO』のラインナップ

ピュアスポーツカーがない一方で、コンパクトからセダンまで最新モデルを取り扱っているという特徴が見られます。後述しますが、この全ラインナップなら、自分の嗜好を満たすトヨタ車に乗れる願望が月額払いで叶います。

レクサス車も一部人気車種を取り扱いしているので、トヨタKINTOは『愛車サブスクリプションのKINTO』と言われるように、「一度でいいから、どうしてもレクサスに乗ってみたい」という願望も叶えられます。

KINTO全ラインアップ&月額スタート価格

※2020年11月現在
※カラーやグレードで価格は変動
※納車は3か月~6か月越え(新型は6か月以上)

コンパクト
  • パッソ
  • ルーミー
  • ヤリス
  • アクア
  • カローラスポーツ
月額スタート価格
  • 32,780円
  • 37,180円
  • 39,930円
  • 43,450円
  • 52,800円
GR
  • GR YARIS
月額スタート価格
  • 79,200円
セダン
  • カローラツーリング
  • プリウス
  • カローラ
  • プリウス
  • IS
  • ES
  • RC
月額スタート価格
  • 50,600円
  • 51,260円
  • 52,250円
  • 98,340円
  • 108,900円
  • 127,600円
  • 130,900円
SUV
  • RAIZE
  • ヤリスクロス
  • C-HR
  • ハリアー
  • RAV4
  • ランドクルーザープラド
  • UX
  • NX
  • RX
  • LX
月額スタート価格
  • 39,820円
  • 44,550円
  • 57,200円
  • 61,600円
  • 62,480円
  • 66,220円
  • 74,800円
  • 88,000円
  • 104,500円
  • 198,000円


モデリスタ仕様
  • ハリアー
月額スタート価格
  • 83,710円
ミニバン
  • シエンタ
  • ノア
  • ヴォクシー
  • エスクァイア
  • ヴェルファイア
  • アルファード
月額スタート価格
  • 49,500円
  • 56,650円
  • 59,950円
  • 60,500円
  • 72,600円
  • 73,700円
モデリスタ仕様
  • ヴェルファイア
  • アルファード
月額スタート価格
  • 89,540円
  • 90,860円

ピュアスポーツの用意はないため、自分で車を所有したい人に人気の86を選択することは、現在できません。その代わり、カローラスポーツはラインナップされていますね。

今後は、86の取り扱いもありそうでワクワクしますね。でも、サブスクの定額って高いと感じる人がほとんどでしょう。

  • 「KINTOってほんとにお得なのか?」
  • 「生活コストを減らせるなら利用を検討するサービス」

ってところですね。コンセプトは「お得に、ライフスタイルに合わせて車に乗りましょう」というものです。

これからは所有だけが全てではなくなっていきます。

すべてのサービスを簡素化したサブスクリプションサービスで、車と付き合っていくことも非常に大きなメリットにつながっていきます。

上の記事は、より深く理解するために、するするっと読み流せる記事です。参考にしてくださいね。

 

以下でも、サブスク定額制のメリット面だけをかいつまんで取り上げています。

自動車サブスクリプションサービスの金額面メリット

金額はサブスクリプションサービス提供社によって異なる面があります。メリットとしては7年以上の長期利用で、より割引になる点がサブスクリプションサービスです。

また、”3年で別の車に乗り換える”サービスは購入時の手続き面で便利です。

KINTOは月ごと一律価格で、上記ラインナップ表にもあるプリウスの場合、最低価格モデルは月51,260円の費用となります。メンテナンス費用が不要な点で、利用の期間に関わらず大きなメリットを感じられることでしょう。

もし、新車購入だと、税金・メンテナンスを考えた場合、購入したほうが高くなるといえます。

自動車サブスクリプションサービス利用の注意点

サブスクリプションサービスのプランは月1500kmまでの走行で、それ以上の走行は”超過料金”がかかる点は注意が必要です。

購入の場合、ガソリン代以外の超過料金はかからないため、ここは所有のメリットといえます。

また、サブスクリプションサービスは中古車を考慮できず、新車購入時の下取り・値引きといったシステムがない点に注意が必要です。

KINTO Labo



Return Top