新車発売情報

Read Article

自動車のサブスクリプションサービスとは|略称サブスク車所有”代替”サービス

スポンサードリンク


車も一定期間の貸し出しを月極(つきぎめ)の定額で行うサブスクリプションサービスがいくつか登場しています。

自分で車を所有することへの”代替”サービスとなるか注目のシステムです。

多くのサブスクサービスでは車に関わる諸税金が含まれた料金となっています。

そのため、”毎月同等の金額を支払えばよい”という点もメリットといえるでしょう。

このサービスはトヨタがKINTOというサービス名で参入しており、今後、他メーカーが参入するかも注目されます。

自動車のサブスクリプションサービスとは

KINTO

レンタカーとサブスクリプションの違い

レンタカーは1泊2日といった短期間の使用が基本となっているのに対し、サブスクリプションサービスはサービス提供会社によって異なります。

しかし、サブスクは”1年~11年程度の貸し出し”となっている点が根本的に異なっている点といえます。

一方、車種ごとの料金設定のランク付けはレンタカー/サブスクリプションサービスとも近い概念になっています。

カーリースとサブスクリプションの違い

カーリースは車を買い取るのではなく”貸し出すサービス”という点でサブスクリプションサービスと近くなります。

”5年で乗り換え”といった、ある程度長期間の使用を見据えたサービスがカーリースです。

サブスクリプションサービスはプラン設定や中途解約の考え方が異なるケースはありながらも、双方とも非常に近いサービスと言っていいでしょう。

さらに”3年で新車に乗り換えられる”といった新しいサービスの採用がサブスクリプションサービスのメリットです。

カーシェアとサブスクリプションの違い

カーシェアは”時間ぎめ”の料金体系サービスが多く、レンタカーに近い部分のあるサービスです。

カーシェアは”より短時間からの利用”が可能です。

カーシェアは日によって違う車を利用する可能性が高く「自分の車」という概念は持てないサービスといえるでしょう。

予約待ちが発生するなどサービスの限界が起こりうることがデメリットとして挙げられます。

しかし、今後の展開次第ではより便利になるサービスと言えるでしょう。

【比較検証】サブスクリプションサービスと自分で所有する場合

サブスクリプションサービスはスポーツカーやカスタム系車種が少ないことが特徴です。

これら車種を利用したい場合は、サブスクリプションサービスを”利用できない”と思っていいでしょう。

例えばトヨタのKINTOはトヨタ車のみを取り扱い、86やセンチュリーは使用できません。

サブスクリプションサービスの金額面メリット

金額はサブスクリプションサービス提供社によって異なる面があります。

メリットとしては7年以上の長期利用で、より割引になる点がサブスクリプションサービスです。

また、”3年で別の車に乗り換える”サービスは購入時の手続き面で便利です。

KINTOは月ごと一律価格で、プリウスの場合、最低価格モデルは月50,170円の費用となります。

さらに、メンテナンス費用が不要な点で大きなメリットを感じられるでしょう。

もしプリウス本体のみを60回払いで新車購入した場合、キャッシュバックや買取不使用、ボーナス払い不使用で

  • 38,804×1回
  • 37,900円×58回
  • 843,744円×1回

となるため、税金・メンテナンスを考えた場合、購入したほうが高くなるといえます。

サブスクリプションサービスの注意点

ただ、サブスクリプションサービスのプランは月1500kmまでの走行で、それ以上の走行は”超過料金”がかかる点は注意が必要です。

購入の場合、ガソリン代以外の超過料金はかからず、ボディカラーの選択ができる点は所有のメリットといえます。

このため価格面でサブスクリプションサービスは、”中古車”を考慮した場合に、現在は妙な立ち位置にあると言えるでしょう。

また、新車購入時の下取り・値引きといったシステムがサブスクリプションサービスにはない点も注意が必要です。

Return Top