Read Article

ホンダ新型クラリティPHEV|FCVプラットフォーム採用|2018年7月20日発売

ホンダは、新型プラグインハイブリッドモデル
クラリティPHEVを2018年7月20日発売。

クラリティの「市販版」となります。(FCVはリースモデルです)

新型クラリティPHEVは、FCVの
「CLARITY FUEL CELL」と共通プラットフォームで開発。
5人乗りミドルクラスセダンとして登場しました。

同一プラットフォームで「FCV」「PHEV」「EV」
3種類の電動パワートレインを揃えるのは世界初。
※「EV」はCLARITY ELECTRICとしてコンセプトカーを出展しています。

これらを「クラリティ」シリーズとしてラインナップし、
2030年までに乗用の3分の2を
PHEV・HV・FCV・EVに置き換え電動化する計画です。

ホンダ新型クラリティPHEV|モデル概要

  • CLARITY FUEL CELL共通プラットフォーム採用
  • デザインも共通
  • SPORT HYBRID i-MMDハイブリッド(2.0L)搭載
  • 安全運転支援システムHonda SENSING標準装備
  • 価格:5,880,600円

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

相変わらず、リアタイヤを隠すんですね~。

引用元:https://www.carscoops.com/

 

 

hatataku_さん(@taku_ef2)がシェアした投稿

 

ボディサイズ
  • 全長:4915mm
  • 全幅:1875mm
  • 全高:1480mm
  • ホイールベース:2750mm

 

実車画像|意外とコンパクト?

新型クラリティPHEV4 新型クラリティPHEV5 新型クラリティPHEV6 新型クラリティPHEV7 新型クラリティPHEV8 新型クラリティPHEV9 新型クラリティPHEV10引用元:https://www.motor1.com

 

ボディーカラー|全6色

  • コバルトブルーパール
  • プレミアムディープロッソパール
  • プラチナホワイトパール
  • スーパープラチナメタリック
  • モダンスティールメタリック
  • クリスタルブラック・パール

 

 

続いては、インテリアの画像です。

インテリア

インテリアカラーは全2色。
ホワイトアイボリー
ブラック
で各ボディカラーに対応します。

リア空間はとても広くなっています。
大人5人がしっかり座れる上質な居住空間と広い荷室スペース。

プリウスPHVの乗車定員は「4名」なので
新型クラリティPHEVは充実の後席空間となります。

引用元:https://www.carscoops.com/

 

インターナビ充電スタンド検索機能標準装備

HondaインターナビでNCSネットワークの充電器設置場所を簡単に検索可能。
充電スタンドまでのルート案内に加え、空き情報などもお知らせ。

 

実車|インテリア

新型クラリティPHEV13 新型クラリティPHEV14 新型クラリティPHEV15 新型クラリティPHEV16 新型クラリティPHEV17 新型クラリティPHEV18 新型クラリティPHEV19 新型クラリティPHEV20 新型クラリティPHEV21引用元:https://www.motor1.com

 

 

続いては、パワートレーンの情報です。

パワートレーン|SPORT HYBRID i-MMD Plug-in

  • EV走行距離(充電電力使用時走行距離):1114.6km

直列4気筒1.5Lアトキンソンサイクルエンジンと
2モーターハイブリッドシステムを初組み合わせ。

モーター出力
最高出力:135kW(184PS)
最大トルク:315N・m(32.1kgf・m)

上記モーターパワーにより力強い走りを実現。

 

直列4気筒1.5Lアトキンソンサイクルエンジン

熱効率の改善と低エミッション化を追求し、
最大熱効率は世界トップレベルの40.5%達成。

 

一体化インテリジェントパワーユニット(IPU)を薄型化|床下配置

  • 高容量・高出力バッテリー:総電力量17.0kWh
  • ハーネス/12V DC-DCコンバーター|センタートンネル部に格納
  • 広い室内空間の低全高セダンフォルム実現
  • バッテリー冷却に水冷方式採用

コンパクトなレイアウトになり、効率的な冷却システムで
小型化とバッテリーの耐久性向上を実現。

 

 

PHEV急速充電機能搭載

普通充電に加え、急速充電・外部給電ポートを標準装備。

国際標準規格「CHAdeMO」に対応し、
約30分で満充電量の80%の充電が可能です。

急速充電中にパワーモードをオンにすると
エアコンやオーディオ、シートヒーターなどが使用できる
「コンフォートチャージ」機能を搭載。

充電中も車内で快適に過ごせます。

 

 

ここに組み合わされるのが3種類の走行モードです。

EV走行中心|高効率走行を実現する3ドライブモード

  • EVドライブモード
  • ハイブリッドドライブモード
  • エンジンドライブモード

のドライブモードを搭載。

EV走行を中心に、バッテリーの充電状態や走行の状況に応じて
常に最適なモードを自動的に選択しシームレスに切り替えます。

 

EV走行の上限が直感的に分かるペダルクリック機構

アクセルペダルを一定量踏み込んだ位置に
スイッチを押すようなクリック感(反力)が生じるポイントを設定。

ECONモードでの走行時は、ペダルの踏み込みをポイントの手前までにすると
エンジンの始動を抑え、EV走行をより長く持続します。

 

 

安全システムも充実します。

「Honda SENSING」標準装備

クラリティ PHEVに搭載するHonda SENSINGの機能は

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 誤発進抑制機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • 標識認識機能
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)

となっており「サポカーSベーシック+」に適合します。

 

 

追伸情報

関連記事


Return Top