Read Article

Mazda CX-3 年次改良|G-ベクタリングコントロールプラス搭載|2019年3月発売予想

マツダは、CX-3を2019年3月に年次改良との情報です。

  • G-Vectoring Control Plus搭載
  • マツダ コネクトの性能向上
  • 「i-ACTIVSENSE」の性能向上

 

スポンサードリンク

 

初搭載される「G-ベクタリングコントロールプラス」とは?

G-ベクタリングコントロールの進化版で、コーナリングを出る際に
ステアリング戻し操作に対する直進安定性を取り戻す機能です。

これまでのGVCは、コーナリング侵入時のステアリング操作でエンジントルクを低下し前輪の荷重を増加。
車両の横Gと前後Gをすべてコントロールし、ハンドル操作の応答性・挙動の気持ちよさを実現しています。

新GVCは、コーナリングを中心とする外前輪に少しブレーキ操作を行い、
ブレーキ操作により左(または右)回転力を発生。車両を直進状態へ戻す復元回転力を働かせます。

この復元力の働きで不要な挙動を抑制・収束、車両安定性を向上します。

 

GVC機能が役立つ状況

  1. 緊急時の危険回避
  2. 高速時の車線変更
  3. 雪道など滑りやすい路面環境

 

【動画】G Vectoring Control Plus

 

 

2018年のマイナーチェンジに続き、安全性能は更新されます。

先進安全技術 i-ACTIVSENSE更新

2018年までに更新された機能

  1. 駐車支援機能360度ビュー・モニター新採用
  2. 自動防眩ミラー設定
  3. アドバンストスマートシティブレーキサポート/夜間歩行者検知機能付追加
  4. すべてのグレードで標準装備|「サポカーS・ワイド」に該当

更新機能

  1. アダプティブフロントライティングシステム|AFS
  2. ハイビームコントロール|HBC
  3. マツダレーダークルーズコントロール|MRCC NEW
  4. リアビークルモニタリングシステム|RVM
  5. レーンデパーチャーワーニングシステム|LDWS
  6. フォワードオブストラクションワーニング|FOW
  7. アドバンストスマートシティブレーキサポート|SCBS
  8. プリクラッシュセーフティ技術|全車標準装備
  9. スマートシティブレーキサポート|SCBS
  10. SCBS F&R|AT誤発進制御

 

 

 

【2018年5月31日】マツダCX-3 初マイナーチェンジ

マツダは、CX-3に初のマイナーチェンジを実施し、CX-3専用エンジン「1.8Lディーゼル」を設定します。

また、SKYACTIV-G 2.0を進化させ、乗り心地や静粛性を大幅に向上。そのほか機能面では、電動パーキングブレーキ・センターアームレストなど、新規機能を追加します。

さらに、i-ACTIVSENSEは、CX-5にグレード別/仕様別装備している「全車速追従機能」を追加予定です。

CX-3|改良概要

  • 内外装デザイン若干変更/機能追加
  • 1.8Lディーゼル設定
  • 6速MT設定:1.8D(2WD・4WD)/2.0G(2WDのみ)
  • 最高出力:116ps/4000rpm
  • 最大トルク:27.5kgm/1600~2600rpm
  • i-ACTIVSENSE:全車速追従機能付きMRCC追加
  • 価格:212万7600円~306万2080円

 

エクステリア

フロントグリル形状・質感変更

マツダCX-3 1

グリルの意匠変更。フィン表現が明確に。

マツダCX-3 10

サイドモール(フロント~サイド)にメッキ加工追加。

マツダCX-3 2

新開発タイヤ(PROXES R52/215/50R18)採用により乗り心地や静粛性を向上。18インチアルミホイールは力強い切削光輝スポークデザイン採用。

併せてダンパーサイズの大径化により剛性を高めたサスペンション採用。

リアデザインは、LEDリアコンビネーションランプ形状・質感変更。

マツダCX-3 5

相変わらず、足元が太く「下半身ガッチリ」な雰囲気が魅力的。「デミオっぽさ」は薄らぎ、「上品な本格SUV」の雰囲気になりました。

1.8Lディーゼルの車重は、1.5L+30キロ程度のようです(1300キロ~)。

 

 

内装は、電動パーキングブレーキが追加されます。

インテリア

CX-3-1

フロント周りのデザインは、挿し色を無くしたことでCX-5譲りのシックな印象に変わります。
センターアームレスト新設により疲労軽減に貢献。

マツダCX-3 9

また、センターコンソールを大幅に変更。デザイン性を高めています。
収納ボックス機能・ドリンクホルダー機能を備えたマルチボックス新設。

CX-3 3

リアアームレスト機能も充実しています。

CX-3-3CX-3 1 CX-3 2

 

そして、電動パーキングブレーキを装備して快適性を向上。

マツダCX-3 3電動パーキングブレーキ

手元のスイッチングだけでパーキングブレーキを作動できます。

 

また、その他にも上質な機能を追加します。

360°ビューモニター追加

フロント・サイド(左右)・リアと、4エリアを高感度カメラで検知し、

  • 狭い場所の駐車
  • 狭い道のすれ違い
  • T字路への進入

など「危険認知」をサポートする機能を追加します。
めったに通らない危険な場所で、運転が苦手な人でもより安心できる操作が可能となります。

 

S-Package追加

PROACTIVEの機能に加えて

  • 電動シート
  • LEDフォグランプ
  • メッキサイドモール

を追加装備。価格は+10万程度だそうです。

 

 

そして、2018年CX-3のマイナーチェンジ・メインイベント。「1.8Lディーゼル」が設定されます。

新開発「SKYACTIV-D 1.8」エンジン初採用

スペック比較

1.8Lディーゼル
最高出力:116ps/4000rpm
最大トルク:27.5kgm/1600~2600rpm

1.5Lディーゼル
最高出力:105ps/4000rpm
最大トルク:27.5kgm/1600~2500rpm

2.0Lガソリン
最高出力:150ps
最大トルク:19.6kgm

1.5Lディーゼルよりも「11ps」パワーアップし、高回転域における高トルクを発揮します。

燃費および環境性能が向上され、力強く伸びやかな加速を実現。ちなみに、1.5Lディーゼルは廃止

そして既存2.0Lガソリンは、エッジカットピストン・新ノズル付き拡散インジェクターなど新技術採用により、最高出力:148psから150psへ向上し、トルク・実燃費向上。

 

 

1.8Lディーゼルの情報をスペックにまとめます。

1.8Lディーゼル|スペック

全長:4275mm
全幅:1765mm
全高:1550mm
ホイールベース:2570mm
最低地上高:160mm
重量:1300キロ~
エンジン:1.8Lクリーンディーゼルターボ(SKYACTIV-D 1.8)
最高出力:116ps/4000rpm
最大トルク:27.5kgm/1600~2600rpm
タイヤ:215/50R18
燃費:?
価格:245~310万円?

 

 

安全性能向上

  • 360°ビューモニター設定
  • 自動防眩ミラー設定

アドバンストSCBS

夜間の歩行者認識精度を向上させたアドバンストスマートシティブレーキサポート/夜間歩行者検知機能付をマツダ初採用。

 

また、ユーザーが求めてやまない「全車速追従機能」を追加します。

マツダレーダークルーズコントロール追加

MRCC|「全車速追従機能付き」

ミリ波レーダーにより先行車との速度差や車間距離を認識し、自動で走行速度をコントロールするシステムです。
ドライバーがアクセルやブレーキの操作をしなくても、設定した車速内で「車間距離を自動で調整・維持」し、長距離走行時などのドライバーの負担を軽減します。

また、先行車との距離を視覚的に表示することで、ドライバーの車間距離認知をサポートするDRSS(車間距離認知支援システム)を装備しています。

 

【動画】マツダ レーダークルーズコントロール

 

 

 

【2017年6月28日】CX-3|年次改良

mazda-CX-3

  • 2.0Lガソリン追加
  • 先進安全技術「i-ACTIVSENSE」標準装備
  • ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック追加

先進安全技術「i-ACTIVSENSE」標準装備|内容

  1. アドバンストスマートシティブレーキサポート(歩行者検知)
  2. アダプティブLEDヘッドライト(PROACTIVE系・L Package系に装備)
  3. 車線逸脱警報システム(LDWS)
  4. SCBS R
  5. ブラインドスポットモニタリング(BSM)
  6. リアクロストラフィックアラート(RCTA)
  7. リアパーキングセンサー(センター/コーナー)

 

AT車|装備

  • AT誤発進抑制制御(前進時/後退時)

20S/XD|装備

  • ハイビームコントロールシステム(HBC)

 

 

【2016年10月14日】CX-3|年次改良

CX-3

  • G-Vectoring Control全車標準装備
  • 特別仕様車「XD Noble Brown」追加(XD L Package/AT車ベース)
  • アクティブドライビングディスプレイ改良(フルカラー・高輝度・高精細・高コントラスト化)
  • 歩行者検知・アドバンストスマートシティブレーキサポート全車標準装備
  • XD装備拡大:LEDヘッドランプ・18インチアルミホイール
  • ボディカラー:見直し

追加カラー

  1. マシーングレープレミアムメタリック
  2. エターナルブルーマイカ
  3. スノーフレイクホワイトパールマイカ

 

 

 

【2015年12月24日】CX-3|一部改良

CX-3 1

  • ナチュラルサウンドスムーザー標準装備
  • フロントドアガラス:厚み増加
  • 前後ダンパー:内部構造改良
  • フロントスタビライザー:構造改良
  • 電動パワーステアリング:制御改良

 

 

スポンサードリンク

 

【2015年2月27日】CX-3|デビュー

CX-3-2

価格コムの新車人気ランキングで、発売前から3位にランクイン。
そのCX-3は、ガソリン車の設定はなく「1.5Lクリーンディーゼルエンジン車のみ」のグレード展開となります。

 

エクステリア|シャークフィンアンテナを40mm後方へ移動

CX-5で好評の「シャークフィンアンテナ」をCX-3ではさらにブラッシュアップして採用。
車両の全高を立体駐車場対応「1550mm」に抑えるため、アンテナの位置をルーフの低い「40mm後方」へ移動させています。

 

ボディカラー|全8色

  1. ソウルレッドプレミアムメタリック
  2. セラミックメタリック
  3. メテオグレーマイカ
  4. ディープクリスタルブルーマイカ
  5. マシーングレープレミアムメタリック
  6. エターナルブルーマイカ
  7. スノーフレイクホワイトパールマイカ

 

インテリア

ブラックアウト後方ピラーはガラス埋め込み式。デミオも斜め後方は、跳ね上がる造形ラインを持つリアウィンドウのせいで視界が悪いと言われてますが、
CX-3では、後方ピラーに(ほんの)一部ウィンドウガラスを埋め込んでいるため、若干視認性のある後方視界を確保できています。

 

そして、その後方ピラーは外から見るとブラックアウトされていて、サイドウィンドウからバックウィンドウまでが一体化したように見える洗練されたデザインとなっています。

この工夫が、ライバルのヴェゼルより優れたセールスポイントとなります。

 

また、ユーザーにとって使い勝手のいい機能はほかにも。

荷室の床面を上下に切り替えられる機能

CX-3はラゲッジ容量が、サブトランク含め最大350Lあります。これは床の位置を変えられる機能があるため。

荷物の積み降ろしをスムーズに行いたい場合はノーマルの高さにしておき、
スーツケースなど高さのある荷物を載せたいときは、床面を下げてスペースを拡げて使用できます。

 

CX-3|標準装備(グレード別)

XD

  1. 215/60R16 タイヤ アルミホイール
  2. サイド&カーテンエアバッグ
  3. スマートシティブレーキサポート
  4. ドアミラーウィンカー
  5. ドア下部ブラックガーニッシュ
  6. プライバシーガラス
  7. キーレスエントリー&スタート
  8. 本革巻きステアリング シフトレバー パーキングブレーキレバー
  9. テレスコピック・ステアリング
  10. 上下アジャスタブル床面ボード
  11. トノカバー
  12. ブラック ファブリックシート
  13. マツダ・コネクト&7インチディスプレイ画面
  14. AM/FMラジオ&6スピーカー

 

XDツーリング (XDに加えて)

  1. 215/50R18 タイヤ&アルミホイール
  2. ブラインドスポット・モニタリング
  3. アダプティプLEDヘッドランプ
  4. シルバー・フロントグリル
  5. LEDリアコンビランプ
  6. オートライト
  7. 雨滴(うてき)感知式ワイパー
  8. サテンクローム室内ドアハンドル
  9. クルーズコントロール
  10. ニーレスト
  11. メーターフード合皮トリム
  12. ステアリング・シフト
  13. ブラック合皮コンビシート
  14. 前席シートヒーター(4WD)

 

XDツーリング Lパッケージ (XDツーリングに加えて)

  1. スマートブレーキ・サポート
  2. レーダー・クルーズコントロール
  3. 車線逸脱警報
  4. ハイビーム・コントロール
  5. LEDフォグランプ
  6. ドア下部ブライトガーニッシュ
  7. サテンクローム空調ダクト
  8. ホワイトレザーシート
  9. 前席シートヒーター(2WD)

 

【動画】内外装がわかり易い動画

 

エンジン性能

最大トルクをベースのデミオより2kgmアップ。デミオと同じくスカイアクティブ1.5ディーゼルを搭載しており、
馬力は105psと変わらないものの、車重アップによる補完として、CX-3はトルクを専用チューニングによりアップされています。

このチューニングによる最大トルクは27.5kgmとなるので、低速域に不安がなく、またクリーンディーゼルエンジンは高回転域もよく回るので走行全般フラストレーションが溜まりません。

 

燃費

2WD
  • 6速MT:25km/L
  • 6速AT:23km/L
4WD
  • 6速MT:23.4km/L
  • 6速AT:21km/L

 

セットオプション

ナチュラルサウンド・スムーザー

静粛性に徹底的にこだわっているCX-3には、発進や加速時にディーゼル特有のノック音を抑えるナチュラルサウンド・スムーザーを一部グレードでセットオプション設定とされています。

上級グレードのXDツーリングLパッケージと、XDツーリングのAT車に採用されます。

 

最後に気になる価格について軽く見ていきます。

CX-3|価格

2WD価格:237万円~302万円

 

この価格帯は、マツダの他車種と比較すると、アクセラやアテンザ、CX-5のガソリンモデルと被(かぶ)ります。
ディーゼルモデルの価格帯では、唯一CX-5のスカイアクティブ2.2Lと被り、似た形で明らかな車格差があるので、

いざ購入を考えるときは選択に多少迷うかもしれません。

でも、クルマを選ぶとき大きければいいというものではなく、CX-3に備わるコンパクトSUV特有の取り回し感や
クルマ自体の新しさ、こだわりのある新鮮な装備を考えれば、CX-3の上級グレードが買い得です。

 

 

追伸情報

関連記事

「SUV」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:http://www.carscoops.com/

 

MEMO

この「排気量アップ」実施の動きは、今後、他モデルにも広がりそうです。2020年頃には、CX-5・アテンザが改良で、直列6気筒3.0Lエンジンを搭載して「大排気量化」を進める計画です。
マツダは今後、レクサスのような「高級路線」を拡大させていくことを目標としているためだと言われています。

Return Top