Read Article

Lexus LX570モデル概要

現在、レクサスSUのラインアップは「NX」「RX」「LX」でエントリーモデルから本格的なクロカンまで3機種登場しています。

LX570のベースは「ランドクルーザー」。搭載エンジン・装備の違いなど、レスサスのオリジナリティを装備して登場しています。

レクサスのフラグシップ(最高級)SUVならではの装備充実が図られています。

LX570|モデル情報

  • V8DOHC 5.7L「3UR-FE」搭載/8速AT
  • 最高出力:277kW(377PS)/5600rpm
  • 最大トルク:534Nm(54.5kgm)/3200rpm
  • 価格:1100万円
スポンサードリンク

エンジン|自然吸気エンジン(3UR-FE)

LX570 (1)

伸びやかで扱いやすい動力性能

2000rpmから最大トルクの約90%を発生させるワイドなトルクバンドを実現。8速ATとの組み合わせによりオンロードでは伸びやかな加速、オフロードでは低・中速域での力強さを発揮。

LX570|スペック

全長:5065mm
全幅:1980mm
全高:1910mm
ホイールベース:2850mm
トレッド(前/後):1645/1640mm
重量:2720kg
エンジン:型8気筒DOHC 5.7L(3UR-FE)
最高出力:277kW(377PS)/5600rpm
最大トルク:534Nm(54.5kgm)/3200rpm
トランスミッション:8速AT
JC08モード燃費:6.5km/L
駆動:4WD
乗員:8名
サスペンション(前/後):ダブルウイッシュボーン/トレーリングリンク
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:285/50 R20
ホイールサイズ:20×8 1/2J

 

機能

ドライブモードセレクト(レクサス初採用)

パワートレーン・シャシー・空調の各制御の組み合わせを自由に選択可能なCUSTOMIZEモード搭載。

4-Wheel AHC(Active Height Control suspension)

サスペンションを自在に制御。4-Wheel AHCはさまざまな状況下で車高調整を自動制御する機構で、レクサスとして初採用となる乗降モード使用時には、エンジンを切った際に車高を下げることが可能。

AVS(Adaptive Variable Suspension system)

走行状態に応じて減衰力を自動制御するAVSでは、車体のあおりを滑らかに制御し、優れた乗り心地と操縦安定性を確保。

マルチテレインモニター|標準装備

車両周囲の状況確認を4つのカメラでサポート。ドライバーの死角になりやすい車両周囲6エリアの路面状況を確認することができ、

オフロード走行時はもとより狭い道での走行や路肩への幅寄せをサポート。

オフロード走行時の車両下の状態やタイヤ位置の確認が可能となるアンダーフロアビュー機能も備わっています。

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」標準装備

  • プリクラッシュセーフティ:歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ
  • レーンディパーチャーアラート」(LDA):車線逸脱の可能性を運転者に知らせる
  • アダプティブハイビームシステム」(AHS):先行車や対向車を遮光しハイビームを照射
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付):高速道路で先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行可能

エクステリア

LX570 (2) LX570 (3)

  • ロア部を大胆に厚くした安定感のあるフロントビュー
  • 伸びやかで厚みのあるダイナミックなアンダーボディーを強調するサイドビュー
  • プロテクター形状を彷彿とさせるグリル下端部
  • グリルフレームと一体化された硬質な面状のグリルインナーバー
  • 力強さと洗練さを兼ね備えたスピンドルグリル

LEDシーケンシャルターンシグナルランプ|レクサス初採用

ターンシグナルが流れるように点灯し、右左折時の注意喚起を高め、先進性を演出しています。

21インチアルミホイール|オプション設定

 

インテリア

金属、革、本木目と異なる素材のコントラストを際立たせ「上質感」を演出。

水平基調のインストルメントパネルによって車両の姿勢状態を容易に把握でき、本格SUVとしての基本性能も確保。

空調システム|レクサス クライメイト コンシェルジュ採用

  • オートエアコン
  • ステアリングヒーター
  • 運転席/助手席・セカンドシートのシートヒーター
  • シートベンチレーション

の各機能を一括して連動・作動させるクライメイトコンシェルジュスイッチを世界初搭載。

さらに、助手席とセカンドシートでは着座乗員の有無を検知し、各機能を自動的に作動または停止させることが可能。

SDナビゲーションシステム(12.3インチワイドディスプレイ)採用

「VICS WIDE」の対応で渋滞情報の精度を高め、オプションで11.6インチディスプレイをフロントシートのシートバックに

2台設置できるリヤシートエンターテインメントシステムが用意されています。

追伸情報

関連記事

「SUV」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://lexus.jp

Return Top