Read Article

ホンダS1000新型モデル情報2020年発売|S660規格をコンパクトサイズに変更予想も”実現は難しい”?

ホンダS660が登場する時期から、S660ベースで排気量を拡大し、海外市場にも展開できる新型小型スポーツS1000の登場が噂されています。

しかし、テストカーの目撃情報が一切なく、スパイショット等による外観画像のリーク流出もありません。

モーターショーで類似車種を展示する経緯もなく、確実に登場が保証できる車ではない立ち位置とも言えるでしょう。

それでも、価格は250万円と予想され、1.0Lエンジン搭載で発売が期待されています。

若者にも親しまれるコンパクト2シータースポーツモデルを誕生させる日は来るのでしょうか。

スポンサードリンク

ホンダS1000新型モデル情報2020

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 駆動
  • 3500mm
  • 1550mm
  • 1180mm
  • 2530mm
  • 1220kg
  • 1.0L直3ターボ
  • 129ps
  • 20.4kgm
  • MR

フィットクラスのスポーツ特化モデル誕生?

テストカー/スパイショットはないものの、以下モデルを展示した時期があります。

S1000

新型S1000は世界戦略車スポーツモデルとして軽自動車規格・2シータースポーツオープンのS660ボディを大型化して開発。

そのパワートレーンには、フィットクラスの小排気量エンジン1.0L直噴VTEC TURBOを搭載して発売される予定です。

新型S1000のパワートレーン

新型S1000が登場した場合、搭載されるエンジンは中国や欧州のシビックに採用されている直列3気筒1.0Lターボエンジンの可能性が最も有力です。

名称もS1000ですからね。

出力は129psで、S660の倍という点も、大きなアドバンテージと言えます。

変速機は6速マニュアルとCVTが選択できるようになります。

エンジンレイアウト

S660ベースのミッドシップ(MR)であることが考えられます。

ホンダの小型ミッドシップ車は日本でしか製造しておらず、ホンダの1.0Lターボエンジンは現在日本で製造していない点も気になるポイントです。

新型フィットに1.0Lターボエンジンが搭載された場合、S1000の登場の可能性が高まると言えます。

しかし、新型フィットには1.3Lエンジンと1.5Lハイブリッドが搭載されるとの情報なので、可能性が下がりました。

S1000が電気自動車で登場?

この場合、ホンダeと同等のパワーユニットとなるでしょう。

S1000に搭載されるスペックは上記のようになっており、小型・中型モデルに最適な直噴ガソリンターボエンジンとして開発されています。

VTEC TURBOエンジンについて

Honda独自のVTECをはじめとした「可変動弁機構」を適用。

高流動燃焼を用いた直噴ターボ過給による出力向上で、エンジン排気量のダウンサイジングを実現しています。

さらに徹底的なフリクション(振動)低減により、クラストップレベルの出力性能と環境性能を両立したエンジンです。

排気量にはクラスが設けられ、2.0L/1.5L/1.0Lの3クラスを設定。

既存ハイブリッド技術・ディーゼルエンジンと同様に、今後グローバルで発売されるモデルの特性や地域ニーズに合わせて順次適用していきます。

新型S1000のエクステリアデザインはS660ベース?

新型S1000のエクステリアデザインはS660をベースにワイドトレッドを採用して、大きさに余裕をもたせたデザインになります。

”S”という名称からオープンカーの可能性が高いです。

ヘッドライトは現行ホンダ車共通のシャープなLEDインライン式となる可能性が高いでしょう。

また、可能性は低いものの、2017年東京モーターショー出展のスポーツEVコンセプトのデザインを採用する可能性もあります。

このコンセプトに近い、丸みを帯びたフォルムと丸いヘッドライトのデザインになるとの予想です。

スポーツEVコンセプト

新型S1000のボディカラーに2トーントンカラー採用?

新型S1000は、S660と同じ工場で製造される場合、ほぼ同じボディカラーになることが考えられます。

1色程度、新色が追加されると考えられます。

2トーンカラー採用の可能性はほぼないと言えるでしょう。

新型S1000のインテリア予想

S660よりは余裕のあるものとなることが考えられ、ドリンクホルダーも装備されるでしょう。

本革シートもデザインを変更して採用されます。

2シーターでタルガトップ形状は変更されないかもしれません。

ヘッドアップディスプレイの装備も考えられます。

AT車のパドルシフトはほぼ確定的と言えるでしょう。

新型S1000の先進安全装備はHonda SENSING搭載

S660にシティアクティブブレーキシステムが採用されていることから、その延長線上のHonda SENSING搭載はほぼ確実と言えます。

販売時点の最新のテクノロジーに準じたものとなるでしょう。

自動運転といった発達した機能は搭載されないと予想します。

また、ボンネットの安全装備であるポップアップフードシステムの搭載は確実です。

一方、デジタルドアミラーに関しては可能性は低めでしょう。

新型S1000の予想価格

現行S660の上位グレードが2,185,920円となっています。

ここから推定するとS1000の価格は+50万円~60万円程度、270万円程度の車になることが考えられます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com/

ライバル:トヨタ新型GRモデル

トヨタは既出モデル(提携企業含む)をベースにした若者向けライトウェイトスポーツの開発を進めています。


これら新型モデルがホンダ新型S1000の実質ライバルということになります。

さらに、スズキのあの「カプチーノ」を復活させるかもしれないという情報もあり、ますます2シーターオープンスポーツ(軽・乗用)の登場は期待されています。

新型S1000は日本で発売されるのでしょうか?

新型S1000は「欧米」展開をメインに「日本市場」にも投入?

新型S1000のクラス下であるS660は「日本限定の規格」で欧米市場への展開は厳しいですよね。

なので、S660をベースに全長・全幅・エンジンを乗用車クラスに手直します。

このようにすれば、ホンダにとって効率よく1.0Lクラスのスポーツモデルを欧米に展開できます。

そして、新型S1000は日本発売も視野に入っており(2017年末現在)、気軽にスポーツ走行を楽しめるコンパクトスポーツの発売が期待されています。

Return Top