Read Article

Toyota Safety Sense第2世代予防安全システム|2018年初めの新型車から製品投入

トヨタは、2015年から導入を開始した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を進化させ、さらなる事故低減を目指す「第2世代」システムに移行します。つまり、2018年に発売予定の新型車へ順次導入していくということです。

システム性能向上|Toyota Safety Sense第2世代システム|

  1. 「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに性能を向上
  2. カメラ・レーダーの性能向上等により検知対象を拡大し機能を向上
  3. 高度運転支援機能レーントレーシングアシスト(LTA)を採用
  4. ユニットを小型化し搭載性を向上

 

スポンサードリンク

 

「検知対象」を拡大

昼間に自転車を検知して「PCS(プリクラッシュセーフティ)」の自動ブレーキを「約10km/h~80km/hの範囲」で作動させます。

また、歩行者に対しては、夜間でも約10km/h~80km/hの範囲でプリクラッシュセーフティの自動ブレーキが作動する機能へと向上します。

さらに道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」を追加します。

 

上記「プリクラッシュセーフティ」「ロードサインアシスト」の機能・性能の作動事例は、以下の動画が参考になります。

【動画】プリクラッシュセーフティ機能紹介

 

【動画】ロードサインアシスト機能紹介

 

 

高度運転支援機能『レーントレーシングアシスト』を追加

路面の白線などを認識して同一車線内中央を走行するように”ドライバーのステアリング操作をアシストする”高度運転支援機能「LTA(レーントレーシングアシスト)」を新採用。

レーントレーシングアシストの役割とは?

前方にいる車両との車間距離を一定に保つレーダークルーズコントロールと組み合わせることで、自動車専用道路などにおけるドライバーの負担を軽減します。

以下の動画で機能の様子が分かります。

【動画】レーントレーシングアシスト機能紹介

 

 

レーンディパーチャーアラート機能を向上

また導入済みの機能である「車線逸脱」や「ふらつき」などを検知してドライバーに注意喚起するLDA(レーンディパーチャーアラート)の機能を向上させます。

白線のない直線道路で道路端が認識可能になり、「路外逸脱の注意喚起」「回避操舵のアシスト」も実施するようになります。

機能の様子は、以下の動画が参考になります。

【動画】レーンディパーチャーアラート機能紹介

 

 

トヨタの予防安全技術の動向

第1世代Toyota Safety Senseは、これまでに日本、北米、欧州でほぼ全ての乗用車への設定(標準もしくはオプション)を完了。

  • 装着台数:グローバル累計約500万台
  • 実際の交通環境で追突事故を約5割低減

さらに「ICS(インテリジェントクリアランスソナー)」との組み合わせで、約9割の事故低減効果を発揮しているようです。

 

 

【参照】Toyota Safety Sense「第1世代」システム

これまでに実現されてきた機能は、以下のようになっています。

  1. 先行車または歩行者との衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」(PCS)
  2. 車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンディパーチャーアラート」(LDA)
  3. 夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム」(AHB)

いよいよ、先進安全機能が「自動運転」に向けて、高度な進化を遂げていきますね。

Return Top