新車Labo

Read Article

MAZDA2新車2021年9月に期待|予想価格150万~250万円1.5L SKYACTIV-X搭載

新型MAZDA2は2021年9月登場が期待されています。

コンセプトを継承しつつ、全面刷新を図ってプレミアムデザインを採用します。

パワートレインには1.5L SKYACTIV-X搭載。

また、2022年以降、MX-30にレンジエクステンダーEVが搭載されたのち、同パワートレインをMazda2に設定することが期待されています。


  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • 4100mm
  • 1730mm
  • 1520mm
  • 2600mm
  • 1150kg
  • 1.5L直3+モーター
  • 130ps/6000rpm
  • 16.0kgm
  • 6.5ps/6.2kgm


新型MAZDA2のエクステリア予想

MX-30 1

最新を追求するならMX-30のエクステリアが採用されます。

新型Mazda2はデミオのランクを脱して、プレミアム路線へ昇格を果たすといわれているからです。

ボディサイズの全幅は5ナンバーを維持します。

MAZDA2

新型MAZDA2の内装予想

  1. 電子式パーキングブレーキ採用
  2. フロントシートに大型アームレスト装備

が大きな変更点となるでしょう。

マツダコネクトのディスプレイ大型化もあり、ここもMX-30に追従するか、

MX-302

おにいさんモデルのMAZDA3なのかで、注目がわかれますね。

Mazda3

いずれにしてもインパネ・シートデザインを全面刷新して、上質イメージをもたせるでしょう。

Mazda2※現行

新型MAZDA2のパワートレイン予想

最上級グレードに1.5LスカイアクティブX+マイルドハイブリッドが採用されるとのうわさです。

このエンジンは新開発で、2.0LスカイアクティブXを3気筒化したものになります。

廉価設定グレードには

  1. 1.5Lガソリン
  2. 1.5Lディーゼル

が予定されています。

【トランスミッション】

ガソリン・ディーゼルは6速AT・6速MT継続予想。

他パワートレイン候補

ロータリーエンジンで発電してモーターで走るレンジエクステンダーEVを搭載したMAZDA2 REを追加設定します。

新型MAZDA2の先進安全装備i-ACTIVSENSE

アイアクティブセンス

発売時点で最新の予防安全装備搭載。

検知性能もマツダ最高水準のものとなるでしょう。

自動運転テクノロジーはレーダークルーズコントロール以上のものは搭載されないでしょう。

Mazda2のSUV版・CX-3登場の可能性は?

時期はMazda2のフルモデルチェンジ後に発売されると予想されています。

MAZDA2ベースクーペSUV、MX-30の外観を踏襲するといわれています。

 

【2020年5月28日】Mazda2特別仕様車

5ドアハッチバックのMAZDA2に15S SMART EDITION限定車を追加。15Sと15S PROACTIVEをベースに快適装備を充実しています。

価格帯は2WDが1,598,000円と1,807,000円。4WDが1,807,000円と2,007,000円

特別装備

15S SMART EDITION

  • リアダークガラス
  • 6:4分割リアシート
  • アドバンストキーレスエントリーシステム
  • フルオートエアコン
  • スーパーUVカットガラス(フロントドア)
  • IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)
  • シャークフィンアンテナ
  • 360°ビューモニター

15S PROACTIVE SMART EDITION

  • スマートブレーキサポート
  • レーダークルーズコントロール
  • レーンキープアシストシステム
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • シャークフィンアンテナ
  • 360°ビューモニター

 

【2019年9月12日】マツダデミオMAZDA2一部改良

マツダデミオが2019年夏に一部改良の発表をして、9月に実施しています。改良内容は内外装の上質化と車名をMAZDA2へ変更しています。

また、安全機能の向上を図るため、レーダークルーズコントロールを全車速追従型へアップグレード。”デミオ”としては販売終了を迎えました。

 

MAZDA2 Labo


Return Top