Read Article

SUZUKI Safety Supportとは|検知機能でブレーキ・補助を行うスズキ予防安全装備

スポンサードリンク


”SUZUKI Safety Support”はスズキ車に搭載される予防安全装備・安全装備の総称。

様々な検知装置による衝突被害低減ブレーキや誤発進抑制機能だけでなく、ヘッドアップディスプレイも機能に含まれます。

なお、スズキ製三菱デリカD:2は”e-Assist”の名称となっています。

しかし、実質SUZUKI Safety Supportが搭載されます。

日産OEMのランディは衝突被害低減ブレーキといった予防安全装備は一通り装備されます。

しかし、SUZUKI Safety Supportは名乗っていません。

SUZUKI Safety Supportとは

【動画】衝突被害低減ブレーキ+SUZUKI Safety Support

SUZUKI Safety Supportの衝突被害低減ブレーキ

SUZUKI Safety Supportの衝突被害低減ブレーキには

  1. デュアルセンサーブレーキサポート
  2. デュアルカメラブレーキサポート
  3. レーダーブレーキサポートⅡ
  4. レーダーブレーキサポート

があります。

一つずつ機能を開設します。

デュアルセンサーブレーキサポート

販売台数の多いスペーシア・ワゴンR・アルト・スイフトに装備されています。

スズキの衝突被害低減ブレーキメインの形式です。

検知方式は単眼カメラとレーザーレーダーによるものとなります。

デュアルカメラブレーキサポート

スズキ車の中では次に普及台数が多いといえます。

搭載車種は初代ハスラー・イグニス・ソリオ・エブリイに装備されています。

こちらは2つのカメラによって検知する方式となっています。

単純比較はできない面もあるものの、非搭載グレードとの価格差はデュアルカメラブレーキサポートよりもやや高いです。

検知速度域はデュアルセンサーブレーキサポートと同等、歩行者も検知できる点も同等です。

レーダーブレーキサポートⅡ

バレーノ・SX4 S-CROSSのみに設定されている衝突被害低減ブレーキです。

作動速度域はデュアルセンサーブレーキサポートに劣るものとなっているのが現状です。

歩行者も検知できないため、やや簡易的なものといえるでしょう。

さらにレーダーブレーキサポートは現行アルトの初期型などに搭載されています。

こちらもやはり簡易型といえるスペックとなっています。

SUZUKI Safety Supportの機能

衝突被害低減ブレーキ”以外”の機能として、

  1. 後退時ブレーキサポート
  2. 前方後方の誤発進抑制機能
  3. 車線逸脱警報機能
  4. 車線逸脱抑制機能
  5. ふらつき警報機能
  6. 先行車発進お知らせ機能
  7. ハイビームアシスト
  8. アダプティブクルーズコントロール
  9. 全方位モニター
  10. ブラインドスポットモニター
  11. リヤクロストラフィックアラート(後退時安全機能)
  12. 標識認識機能
  13. ヘッドアップディスプレイ

上記が挙げられます。

他メーカーに見られる”衝突被害低減ステアリング機能”は現時点では搭載されていません。

この機能は、次世代型ハスラーに搭載が期待されるものといえます。

SUZUKI Safety Supportの今後

SUZUKI Safety Supportは大別しても

  1. デュアルセンサーブレーキサポート
  2. デュアルカメラブレーキサポート
  3. レーダーブレーキサポートⅡ

に分かれています。

現在の傾向とコスト面から、デュアルセンサーブレーキサポートが今後も主流になっていくでしょう。

レーダーブレーキサポートⅡは、搭載車種のマイナーチェンジ次第では”廃止”ということも考えられます。

また、SUZUKI Safety Supportは基本的に、軽自動車に登録車と同等の機能を搭載する傾向があります。

さらに、販売台数の多いアルトやスペーシア・ワゴンRが最新の機能を搭載する傾向にあります。

この点を考慮すると、販売台数で上記モデルに次ぐのがハスラーです。

そのため、次期型で装備される予防安全装備に注目するとよいでしょう。



追伸情報

スズキハスラー新型モデルチェンジ情報

Return Top