新車発売情報

Read Article

レクサスに自動運転車を2020年設定|お抱え運転手&守護者機能で開発中

スポンサードリンク


レクサスは2020年に高度な自動運転技術を搭載して車の販売開始を計画しています。

今回はトヨタが開発中の自動運転システムに関する情報を紹介したいと思います。

レクサスに自動運転車を2020年設定

自動運転システムと高度安全運転支援システム

レクサスの親会社であるトヨタは、自動運転車開発におけるキーワードに「ショーファー(自動運転システム)」と「ガーディアン(高度安全運転支援システム)」という2つのアプローチ方法をもって開発を進めています。

ショーファーとは

英語で「お抱え運転手」を意味しており、名前の通り自動運転システムがドライバーの代わりに自家用車の運転タスクを担う全自動運転システムを指しています。

トヨタは、ショーファー技術をドライバーによる監視やフォールバックが無い状況下でも、安全な運転を可能とする自動運転レベル4以上を目標に開発を進めています。

ガーディアンとは

それに対して、ガーディアンは英語「守護者」を意味しており、ショーファーとは異なったアプローチで開発が進められている技術となっています。

ガーディアンではドライバーによる手動運転を前提とした技術となっており、自動運転車が人を守る度合いを示す高度運転支援技術を指す言葉になっています。

このガーディアンの性能を高めることによって、ドライバーの運転ミスや道路上のクルマ、障害物、他者による交通ルール違反等の外的要因から搭乗者を保護することが可能となります。

 

トヨタではショーファー技術によって自動運転技術の恩恵を享受しながらも、自身で運転したい時には安全で自由に運転できるようガーディアン技術によるサポートが受けられよう、

ドライバーが状況に応じて選択可能なシステムとすることを考えています。

また、先進運転支援システムであるガーディアン技術は、ショーファー技術よる完全自動運転システムの安全性を補う役割も担っています。

新型の自動運転実験車「TRI-P4」

トヨタの米国部門は1月にラスベガスで開催されたCES2019で、新型自動運転実験車「TRI-P4」を初公開しました。

TRI-P4はレクサスのLS500hをベースに、TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)のガーディアンとショーファーを搭載することで、自動運転システムの開発促進を目的として実験車となります。

LS500h

TRI-P4では2つのカメラを装備し、両サイドの認識性能を向上させている他、自動運転車用に設計された2つの画像センサーを前後に搭載しています。

また、レーダーシステムに関しても車両周辺の近距離の視野を向上させるなど、センサー類の性能向上を行うとともに、頭脳となるコンピュータ類も高い学習能力と計算能力を搭載し、ハイブリッド車の二次電池を電源に使用しています。

トヨタでは2019年春から、この実験車のテスト走行を開始します。

2020年の東京オリンピックを目処に実用化か?

レクサス自動運転車

現在、トヨタは最先端かつ信頼性の高いソフトウェアエンジニアリング手法を用いて、世界中の何百キロという道を走行してショーファー技術の蓄積を行なっています。

トヨタは自社の高級ブランド・レクサスで、自動車専用道路において自動運転が可能となる”自動運転レベル3”相当の「Highway Teammate」を2020年に実用化することを目指しています。

この自動運転システムは、高速道路への合流やレーンチェンジ、車線・車間維持、分流といった機能がシステムが含まれています。

その他にも、レクサスは2020年代の前半に一般道も含めた自動運転「Urban Teammate」を目指しています。

トヨタがワールドワイドパートナーとして大会を支えている東京オリンピックという大舞台で、自社の技術力を示すために、先んじてレクサスの”自動運転レベル4”を搭載したモデルを発表することも考えられます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.motor1.com

Return Top