新車発売情報Labo

Read Article

アクア一部改良2020年8月6日|安全装備パーキングサポートブレーキ追加&カラー編成

アクアはモデルも次に近づいている期待もあり、安全装備を見直し、色の調整を行って、現行の販売数維持に取り組みます。価格帯1,818,300円~2,126,300円。

GR SPORTも変更を加えています。

次期アクアは新型としてフルモデルチェンジが2021年夏に期待されています。



安全装備追加|Gグレード

  • インテリジェントクリアランスソナー標準装備

上記装備はG“GR SPORT”・G“GR SPORT・17インチパッケージ”には備わりません。

ボディカラー追加全9色

  • セメントグレーメタリック
  • ダークブラウンマイカメタリック

とダーク色を設定します。明るい色との入れ替えのようなので、意外とポップなカラーは求められてなかったんですね。

モデル初期は明るいカラーが目新しく感じても、後期に入ってくると中古で人気の相場がはっきりするので、無難なカラーが売れるのでしょう。


トヨタのSUVラインナップの充実やヤリスクロスの登場で、これまでアクアに背負わせた役割を終わらせ2020年夏からは、新鮮なクロスオーバーの登場です。

 

【2020年6月3日】アクア特別仕様車

  • S“Style Black”
  • 安全装備追加2,068,000円

特別仕様車が連発するアクアは、2021年に次世代型も用意されると見られており、いよいよその時期が近いともとれるラインナップ攻勢を見せています。

今回の特別仕様車は、2016年5月発売から年々新仕様を遂げていく息の長いS”Style Black”にパノラミックビューモニターが追加された形となります。

アクア特別仕様車S”Style Black”は販売100万台記念として何度も発売を繰り返しているモデルで、内外装備品や機能、安全装備がその都度充実しています。

過去追加された装備

  1. メッキアウトサイドドアハンドル
  2. メッキバックドアガーニッシュ
  3. X-URBAN仕様運転席アームレスト
  4. インパネ助手席オーナメント
  5. ピアノブラック加飾パワーウィンドウスイッチ
  6. ラメ入りブラック塗装ステアリングホイールオーナメント
  7. 特別設定色ダークブルーマイカ
  8. IRカット機能付フロントドアグリーンガラス
  9. Toyota Safety Sense C
  10. インテリジェントクリアランスソナー
  11. ナビレディパッケージ
  12. 専用LEDヘッドランプ
  13. ファブリックシート表皮

パノラミックビューモニターを追加して、駐車時に周囲の安全確認をサポートできるようになりました。さらに、ボディカラーはイメージカラーともなった特別設定色ダークブルーマイカに加え、

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. シルバーメタリック
  3. ブラックマイカ
  4. スーパーレッドV

を併せて5色展開となります。

主な特別装備

  • 185/60R15タイヤ
  • 専用LEDヘッドランプ
  • フロントターンランプ
  • サイドターンランプ付きオート電動格納式リモコンカラードドアミラー
  • コンライト(スマートエントリーパッケージ)
  • ステアリングスイッチ
  • 内装シルバー塗装&シルバーアクセント
  • ブラック加飾シフトレバー
  • Toyota Safety Sense

かなり装備が完成された特別仕様車で、現行終了間近とあって、ホームページで内外装を閲覧すると、「現行として内外装の完成度が高い」「現行を購入するなら今が一番いい」という印象が強いモデルと言えますね。

もちろん、新型がいいに決まってるんですが、現行のフォルムやデザインが気に入っている人は、このモデルを購入すべきでしょう。

プリウスが30系から現行に変わって失敗しているので、その失敗を糧にアクアはいい変化を遂げると期待します。しかし、30系デザインを気に入って乗り続ける人もいて、新型には下手に手を出さない人もいます。

今買うか、新型を待つかは、ユーザー次第です!

 

【2019年10月04日】アクア特別仕様車GLAMPER

 

【2018年9月4日】アクアCrossover|特別仕様車Crossover“Glam”

トヨタの人気車種・アクアのクロスオーバーグレードに特別仕様車Crossover“Glam”が設定されました。

こちらの“Glam”のネーミングは、英語の「glamourous=魅力的」という意味の言葉から来ており、その名の通り、今までのアクアには見られない特徴のある特別仕様車です。

アクアCrossover“Glam”は、個性を思い切り出せる車といえます。

ふつうのコンパクトカーじゃ物足りないという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。価格2,123,280円(2WD)。

シックで大人なインテリア

アクアCrossover“Glam”の特徴は何と言ってもシックなインテリアです。

Glam専用シートは深い色合いのブラウンを基調とし、全体的にダークで落ち着いた印象です。まるで高級感のある格式高い古い洋館にいるような気持ちにさせてくれます。

ポップな印象の強い通常のアクアとは、「一味違う良さ」を醸し出す特別仕様車ならではの良さが出ています。

エクステリアもシックな印象

高級感のあるインテリアに合わせて、エクステリアもシックで落ち着いています。

バリバリの高級感ではなく、アクアの特徴であるコンパクトでかわいらしい車体によく似合う控えめな見た目であるといえます。

街中で見かけたらつい、振り返って見てしまいそうな印象です。ちょっとだけシックに決めて目立つ、といったところでしょうか。ほどよい高級感を演出しています。

さらにGlam限定のボディカラーとして濃い緑色の「オリーブメタリックマイカ」が用意されています。その他4色からカラーが選べます。

安全装置も充実

最近は自動車の安全技術の進化が目覚しいですが、アクアCrossover“Glam”は特別仕様車らしい最新技術が多用され、高い安全性能が確立されています。

まず、代表的なものが「インテリジェントクリアランスソナー」です。この機能は、車体に取り付けたセンサーにより、低速操作時に進行方向にある障害物を検知して、エンジンの出力を自動で抑制します。

さらに障害物に接近し、衝突の危険性がある場合は車が自動でブレーキをかけてくれます。

また、インテリジェントクリアランスソナーは前後どちらの進行方向でも作動するため、バックで駐車する際には非常に安心できる機能であるといえます。

 

【2018年4月3日】アクア 一部改良|サポカーSワイド適合装備を追加

少し話題性を欠いていたトヨタ・アクアですが、昨年のマイナーチェンジから約1年の期間を経て、2018年春の改良を実施する予定です。

今回のポイントは、安全性能の強化。「サポカーSワイド」への適合を実施する改良が施されます。

具体的には、ペダル踏み間違いによる「誤発進抑制」機能を行うインテリジェントクリアランスソナーを装備します。

  • インテリジェントクリアランスソナーをオプション追加(誤発進抑制機能)
  • 歩行者検知機能対応単眼カメラ採用
  • サポカーSワイドに適合
  • フレックストーン:Sグレードに拡大
  • ボディカラー:ライムホワイトをパールホワイトに設定変更

アクア|サポカーから「サポカーSワイド」適合車へ

インテリジェントクリアランスソナーをオプション追加(誤発進抑制機能)

駐車時や低速操作時に発生しがちな、ペダル踏み間違いによる衝突事故を未然に防ぐ機能です。

踏み間違いでアクセルを踏んだ場合でも、8つのソナー(感知機能)で衝突の危険を検知して自動でブレーキがかかります。

この機能の予防データによれば、駐車場事故の踏み間違いが約7割減少、後退時の踏み間違いが約4割減少しています。

特に高齢者の事故がよく報じられていますね。装備されておくとドライバーも周りも安心の機能です。

【動画】インテリジェントクリアランスソナー
「歩行者検知」機能対応単眼カメラに性能向上

Toyota Safety Sense Pは、歩行者検知に対応する「単眼カメラ+ミリ波レーダー」です。

アクアに搭載されているのはToyota Safety Sense Cで、単眼カメラ+レーザーレーダー。これがToyota Safety Sense Pのものに置き換わる改良となります。

詳しくは、下記関連記事に記していますので、よかったら是非読んでみてください。

そして、残りの改良はエクステリア面です。

フレックストーンを「Sグレード」に拡大

メーカーオプションに設定される「FLEX TONE」がGグレード限定だったのが、Sグレードにも拡大されます。

フレックストーンは、ドアミラーなどの一部パーツをボディカラーと別色にして楽しむ54000円のオプションです。

ボディカラー置き換え

ライムホワイトパールを「ホワイトパール」に設定変更します。

 

【2017年6月19日】アクアX-URBAN|Crossoverに名称変更

  • マイナーチェンジで実施
  • ソフトレザーセレクション「ホワイト内装」選択可能に
  • Crossover専用「ベージュ」カラー設定

アクア一部改良Labo

GR SPORTも変更を加えています。

次世代のアクア、そして姉妹車のプリウスの動向は?

画像引用元:https://twitter.com/TOYOTA_PR/status/1145555144580333568
画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top