Read Article

SubaruレガシィB4 年次改良|安全機能の基本性能向上|2018年10月4日発売

スバルのフラッグシップモデルであるレガシィB4が
年次改良を実施してE型となり、2018年10月4日発売となります。

レガシィB4 2

今回はレガシィB4の年次改良情報を紹介します。

 

スポンサードリンク

 

2018年 レガシィB4「E型」|年次改良の変更点

オートビーグルホールド(AVH)を搭載

オートビーグルルホールドは停車時に足をブレーキペダルから離しても
停車した状態を保持してくれる機能で、

レヴォーグとWRX S4に続く採用となります。

 

ボディカラーに新色追加

新ボディカラーとして「マグネタイトグレー・メタリック」が採用され

レガシィB4 1

「ダークグレー・メタリック」が廃止されます。

 

 

アイサイトの基本性能向上

レガシィB4は以前から「アイサイト・ツーリングアシスト」の採用が期待されていました。

2018年の年次改良でようやく搭載される見通しで、
更にアイサイトの基本性能の向上が行われます。

主に性能が向上するポイントとしては、

  • 「歩行者、自転車に対するプリクラッシュブレーキ作動タイミングの早期化」
  • 「アクセル踏み間違い時のプリクラッシュブレーキ作動」

となります。

 

セキュリティフードアラームの追加

これまでの全ドアとトランクフードに加えて、
フロントフードの開閉状態が監視されることになり、
車両盗難や車上荒らしを防ぐ効果を高めています。

 

 

スバル60周年記念車「X-BREAK」登場

X-BREAKはフォレスターにも設定されているグレードで、
専用装備によってアクティブなイメージを向上させているモデルとなっています。

レガシィB4 X-BREAKで採用されるであろう専用装備

フロントグリル:ピアノブラック・イエローグリーン
18インチアルミホイール:ダークメタリック
フロント&リアドア・サイドクラッティング
ブラックカラードアミラー
リアオーナメント
撥水ファブリック/合成皮革シート:グレー/ブラックイエローステッチ
フロントセンターアームレスト:イエローグリーンステッチ
メタルメッシュ/ブラックオアネル
本革巻ステアリングホイール:イエローグリーンステッチ
室内照明ホワイト
シフトノブ:イエローグリーンステッチ
インパネアッパートリム:イエローグリーンステッチ

 

 

レガシィB4|基本スペック

レガシィB4 4

2018年10月に年次改良されるレガシィB4の基本スペックに関しては、
現行モデルから大きな変更は無いとされています。

全長:4800mm
全幅:1840mm
全高:1500mm
ホイールベース:2750mm
車重:1540kg
搭載エンジン:FB25型水平対向4気筒DOHCエンジン
排気量:2498cc
最高出力:175ps/5800rpm
最大トルク:24.0kgf・m/4000rpm
トランスミッション:リニアトロニック(7速マニュアルモード付CVT)

 

 

レガシィB4|価格

今回のレガシィB4は「年次改良」となので、大幅な変更を伴わないこともあり、
価格の上昇幅は低くなることが予想されています。

その為、現在の販売価格から5万円程度のアップで
「307万円~330万円」ほどになると考えられます。

 

 

レガシィB4|概要

レガシィは、スバル・1000から始まる水平対向エンジンと、レオーネで実現した4WDといった
スバル独自の技術を採用した起死回生の1台として1989年に登場しました。

現行型は、2014年に登場した6代目モデルとなっており、日本仕様に関しては
ステーションワゴンの「ツーリングワゴン」が廃止され、

4ドアセダンの「レガシィB4」とクロスオーバーSUVの「レガシィアウトバック」の
2ボディ構成となっています。

 

以上です。

 

 

【2017年10月5日】レガシィB4|大改良

  1. 「アイサイト」に後退時自動ブレーキシステム追加
  2. クルーズコントロール車速域拡大:0km/h~約120km/h
  3. ステアリング連動ヘッドランプ採用
  4. サスペンション・パワステ改良
  5. エクステリア:新デザイン採用
  6. ボディカラー:新色設定
  7. インテリア:センターパネルデザイン一新

 

 

【2016年10月1日】レガシィB4|一部改良/特別仕様車

  • SporVita(スポルヴィータ)を設定

この特別仕様車はマリオレヴィとのコラボレーション第2弾。
第1弾はWRX S4とコラボで「300台限定発売」価格:340万2000円

レガシィB4スポルヴィータ|特別装備

  • タンカラーの本革シート採用
  • ピアノブラック調パネル採用
  • 金属調パネル採用
  • 18インチアルミ(ブラックハイラスター塗装)装備
  • エクステリアに高艶メッキ採用

 

レガシィB4特別仕様車「スポルヴィータ」|特別装備

  • レガシィB4「Limited」ベース

インテリア

タンカラー専用本革シート
タンカラー表皮&ステッチ(コンソールリッド/ドアトリム/シフトブーツ)

シートとドアトリムのタンカラー表皮にカーブキルトと呼ばれる、
ステッチを波型に表現して立体感を演出する技術を採用。

上質さを感じさせる造形となっています。

  • ピアノブラック調加飾
  • ※パワーウィンドウスイッチ
  • ※ハザードスイッチ
  • ※前席センターエアベントグリル
  • ※後席シートヒータースイッチ
  • ※後席カップホルダー
  • メッキリング加飾
  • ※後席エアベントグリル
  • ※後席カップホルダー

 

エクステリア

  • 18インチアルミホイール(ブラックハイラスター塗装)
  • サテンメッキドアミラー
  • 高艶ベロアメッキ付ブラックフロントグリル
  • 高艶ベロアメッキ付ピアノブラック調フロントフォグランプカバー

を採用し、スポルヴィータ専用装備としています。

 

レガシィB4特別仕様車スポルヴィータ|価格

水平対向4気筒DOHC2.5L(CVT/4WD)
340万2000円

 

レガシィB4の一部改良2016内容

車線中央維持機能(アイサイトver.3)
  • ロングドライブの負担軽減
  • アクティブレーンキープ機能の作動速度を60キロ~に改良(以前は65キロから作動)
ステアリングヒーター標準装備

 

 

追伸情報

関連記事

「セダン」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

 

【評判・評価】レガシィB4

ミニバンからスポーティなB4セダンへ乗り換え

スバル車のスポーティなイメージが気になってレヴォーグを試乗に行ったとき目にした展示車のB4に一目惚れ。どっしりとした横幅がカッコいい。車内も広く幅と足元はかなりの広さ。3人家族なら十分。トランクも広い。

エンジンパワーはカタログ値のイメージとは違い十分な強さがあります。燃費は街中~高速で10~15キロ前後。2.5L 4WDならいいほうかな。アイサイトは「自動運転の時代も遠くない」と思わせる素晴らしさです。

 

スバルのAWDはすごい

アクセルを踏めばきちんとハンドルの方向にパワーが発揮できるから安心してアクセルを踏める「スバルのAWD」はスゴい。パワーはIモードで十分。エンジン音はほとんど聞こえず静かで力強い。Sモードだと30%パワーUP。無理な運転になってもAWDが支えてくれます。

エクステリアは4ドアクーペのような流麗なデザインではないけど基本に忠実な造形。大きなグリルとホークアイがワル顔です。インテリアのシックなブラック基調と控えめなメタル感はもう少し頑張ってほしい要素でした。

 

インプレッサより内装ゆったり

セダンタイプ・4WD・スバルの上見でクルマを探していました。当初インプレッサが候補でした。でもB4の大きくゆったりした内装を見てレガシィB4を購入。結果よかったです。運転席の足元を広く取るために座席を下げても後席が狭いと感じることがありません。

機能の自動化が進んでいてワイパー・ライト・アイサイトなどクルマがやってくれるので運転に集中できて気持ちいい。乗り心地は固すぎず柔らかすぎず運転していて疲れません。

 

乗る楽しさがあるクルマ

レガシィを3代乗り継いできましたが進化が止まりません。段差は上手にいなしてくれます。最新型は高級車な感じの乗り心地。エンジンはキビキビした印象がなくなりゆったりな感じ。ある程度回すとボクサー音が出始めて嬉しくなります。でもスポーツ走行には向いていません。車格も大きいのでそれなりの乗り方になりますね。じわじわとスピードを上げていくほうが似合うモデル。

インテリアはリミテッドの革製。固めです。シートヒーターは優れもの。乗り心地は抜群で車格/ダンパー/タイヤが総合的にお互いの能力を最大限に出せるようにセッティングされています。燃費は14キロ程度。ちなみにアイサイトのレーンキープ機能やアイドリングストップは乗る度にオフにしています。

 

憧れたレガシィが納車

フロント外観は大きなヘキサゴングリルのインパクトとホークアイのLEDライトが超カッコイイです。プッシュスタートし走り出すと水平対向エンジンがやや低めのサウンドを車内に響かせます。

乗り心地は大人の足回りで固め。50扁平タイヤとマッチしたAWDの乗り味。室内空間は拡大されておりミラー位置も見直され前方視界はかなり向上。

アイサイトver.3は田舎道、街中、高速問わず安心と安全を提供してくれる最新機能で現在のNo.1アイテムだと思います。

引用元:http://kakaku.com/

Return Top