Read Article

スポンサードリンク

グレイス特別仕様車ブラックスタイル|2018年12月14日発売

ホンダの4ドアセダングレイスは、

グレイス1

人気のハイブリッドモデルがあるにも関わらず、
これまでどこか地味な印象があり売れ行きは今一つでした。

ユーザーの評判は決して悪くはないのですが、
名前が今一つ浸透していませんでした。

しかし、特別仕様車の「ブラックスタイル」が 2018年12月14日発売開始。

若い世代の人たちからの注目を集めそうな気配です。
とにかく単純にかっこよくなりました。

 

スポンサードリンク

 

ベース車

まずグレイス特別仕様車BLACK STYLEのベース車両となったのは、

  1. ハイブリッドLX・ホンダセンシング
  2. ハイブリッドEX・ホンダセンシング

の2つのグレードです。

LXは標準タイプのDXに対して
快適かつ上質な装備を追加したモデルで、

さらにその上の装備が与えられたのがEXで、
グレイスの最上級グレードとなります。

 

パワートレインは101馬力を発揮する
1.5L i-VTEC+i-DCDエンジンを搭載し、

燃費はJC08モードで34.8km/Lと
トヨタのハイブリッド車と比べても決して引けを取りません。

 

スペック的にはハイパワーエンジンではありませんが、
軽量ボディであり、モーターのアシストもあるため

不足を感じることはないでしょう。

 

 

特別仕様に追加された新規装備

このベース車に対してLXの特別仕様車は
わずか6万円ほどの価格アップ(消費税込みで2,296,080円)で、

エクステリアがフロントグリルやドアハンドル、
リアのライセンスガーニッシュなどがダーククロームメッキに変わり、

15インチのアルミホイールを標準装備。

 

インテリアはブラックを基調としており、
専用のスポーティなグレーステッチ入りのシートとインテリア。

ステアリングもグレーステッチ入りの本革に変更されています。

内外装ともにスポーティで引き締まった意匠になっています。

 

またEXの特別仕様車については、わずか3万円ほどの
価格アップ(消費税込みで2,385,720円)だけで、

LXと同様の内外装を手に入れることができます。

なおEX専用のアルミホイールについては、
もともと標準装備となっており、

LXよりも高品質なデザインのものが採用されています。

 

 

専用色が加わったボディカラー

ボディカラーは全5色、その中で
新色「スーパープラチナグレー・メタリック」が加わりました。

渋みのきいたダークグレーで、内装色とのバランスもあっています。

その他のカラーは、

  • クリスタルブラック・パール
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック

などのダーク系と

  • プラチナホワイト・パール
  • ルナシルバー・メタリック

などの明るいカラーも用意されています。

 

 

先進安全技術のHonda SENSING搭載

標準装備される先進安全技術のHonda SENSINGは、

事故を未然に防ぐ予防安全装備と
安全運転を支援する装備の2つから構成されています。

予防安全装備ではセンサーやカメラを駆使して、
歩行者をいち早く察知したり、

前方の車にぶつからないように
自動でブレーキをかけたりしてくれます。

 

また運転を支援する装備には、

カーブなどで起きやすい横滑りを防止したり、
坂道発進でのバックしていくのを防ぐなど、

ヒヤリとする場面を軽減してくれます。

 

 

 

【2016年9月2日】ハイブリッドLX/EXスタイルエディション設定

ホンダは5ナンバーサイズのコンパクトセダングレイスに
特別仕様車STYLE EDITIONを設定。

特別装備

  1. ダーククロームメッキフロントグリル
  2. ダーククロームメッキアウタードアハンドル
  3. ダーククロームメッキリアライセンスガーニッシュ
  4. 専用ブルーステッチコンビシート(プライムスムース×ファブリック)
  5. 専用ブルーステッチ本皮巻ステアリングホイール
  6. ETC車載器

 

専用ボディカラー

  1. ミッドナイトブルービームメタリック
  2. ルーセブラックメタリック
  3. ホワイトオーキッドパール
  4. プレミアムクリスタルレッドメタリック

 

グレイス特別仕様車スタイルエディションの価格

GRACE HYBRID LX 特別仕様車STYLE EDITION
2098400円(2WD)
2314400円(4WD)

GRACE HYBRID EX 特別仕様車STYLE EDITION
2262400円(2WD)
2424400円(4WD)

 

 

【評判・評価】グレイス

スポーティハイブリッドセダン

セダンとしてなかなかカッコいいスタイル。

フロントガラスの傾斜もキツく
まるでスポーツカーのような運転席

これは好きな人なら大丈夫でしょう。

内装は合成皮革で高級感あり。
後席にはエアコンの吹き出し口もあり家族に評判がよかった。

エンジンのパワーは必要十分でスポーティ。

ハイブリッド特有の出だしのモーター走行は心地よい。
足回りはカタめです。ホンダらしいですね。

 

レベルの高いコンパクトセダン

フィットと共有プラットフォームなのに
無理なくセダンデザインにまとまっています。

カタログやサイトのエクステリア画像は
写真映りが悪いです。実車を見ると好印象ですよ。

ちなみに私はモデューロのエアロ・グリル・17インチアルミを装備。

トランクはかなり広いけどその分後方視界が悪いです。
バックカメラは必須と言えます。

内装は普通。価格のわりには上質と言えます。
シートの質感もよく2時間のドライブでも疲れません。

 

エンジン性能は十分です。
Sモードを使用すると高速でもよく走れます。

エンジン音は響きますがアクセルを踏んだだけ
グイッと進んでくれますよ。ハンドリングもまぁまぁ軽快。

 

乗り心地は普通の舗装路ならたまに突き上げが来る程度。
固さは感じないです。

17インチをはいているけど乗り心地が悪くなった感じはないです

 

燃費はハイブリッドに慣れてないので13キロ。
エコランするにはドライバーのアクセル操作次第ですね。

でも全体を通してみると買い得感のあるクルマだと思います。

 

フィット1.5Lから乗り換え

セダンに乗ってみたかったので乗り換え。
エクステリアデザインは気に入ってます。

内装は質感は高いんだけど細かい収納部分が足りないですね。

コンビニの四角のドリンクが入らなかったり
ホルダーの深さや大きさが気になりました。

そういった点はフィットのほうが良かった。
あとシフトノブが下過ぎる気がします。

 

エンジン性能に関してはハイブリッドだけど
ガソリンはそれなりにかかります。

街乗り、遠出を合わせて22キロ。

フィットに比べてグレイスはエンジンブレーキが
あまり利かない感じがします。

なのでブレーキ多用になりますね。

しかし、全体的に気に入ってます。
運転がフィットより楽ですし。

 

CX-5から乗り換え

後席に人を乗せる機会が増えたため
SUVでは後席の乗り心地が悪
空間が狭いため買い換えました。

セダンは年配の方々が乗るイメージだったけど
グレイスを見た瞬間コレだと感じました。

カタログの写真に騙されないで。
あれは実車と違います。実車は優雅さを感じます。

エアロやパーツを付けるとほんとに良くなります。

 

乗り心地はとにかく静か。

高価なハイブリッドを試乗してきましたが
どのモデルよりも静かでした。

他のセダンに比べ圧倒的に価格が有利。

 

バランスのいいコンパクトセダン

カローラ、インプレッサ、アクセラのセダンを
乗り比べてグレイスハイブリッドに決定。

最後まで競ったのはアクセラのセダン。
アクセラは大きすぎてやめました。

エクステリアは廉価なモデルとしてはデザインもシンプルで
セダンらしさを押し出せているため気に入ってます。

人によるでしょうけどフィットとよく似てる。

インテリアも基本フィットですが後席は良いと思います。

ただし廉価価格を感じる点がシートレールのボルトむき出しや
ステアリング下の内装に現れています。

例えれば工事中のクルマのよう。
気を取り直して、ドアの閉まり音は改善を感じます。
逆にトランクは安っぽいですけど。

 

シートはフィットよりランク上の質感。
タッチパネルのエアコンも上々。

エンジン性能はホンダらしさがなくなって
EVとエンジンの切り替えやDCTの変速ショックは
滑らかで良くできていると思います。

DCTのハイブリッド機構はよくまとまってて
CVTが馴染めずに選んだため正解でした。

乗り心地は期待したほどの静粛性は望めず。
ロードノイズはそれなりにあります。

燃費は20キロ程。

引用元:http://kakaku.com/

 

 

追伸情報

関連記事

「セダン」特別仕様車一覧

画像引用元:https://twitter.com/HondaJP/status/1073128375940771846
画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top