新車発売情報Labo

Read Article

トヨタノア特別仕様車【Si W×BⅡ】2019年1月7日発売|世界観ある内外装で人気

トヨタのミニバンであるノアが2019年1月7日に一部改良。

また、特別仕様車となる「ノアSi W×BⅡ」を新設定するとの情報が入っています。



トヨタノア特別仕様車【Si W×BⅡ】2019

Si W×BⅡの装備内容

ノアSi W×BはノアのエアログレードとなるSiをベースに

  1. フロントグリルモール
  2. バックドアガーニッシュ
    ダークメッキ
  3. スモークメッキ

上記を装備して精悍(せいかん)さを増しています。

内装色

特別設定色となる「ブラック&フロマージュ」を採用し、室内空間をモノトーンで統一した世界観を作れるようになっています。

さらに、W×B専用エンブレムやホワイトステッチが施された専用シート(合成皮革+ファブリックの消臭機能付)を特別装備。

アクセントとしてアウトサイド/インサイド・ドアハンドルにメッキ加飾が施されます。

特別装備以外
  1. ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア
  2. リヤオートエアコン
  3. LEDルームランプ

上記を標準装備にすることで利便性の向上も図られています。

価格

特別仕様車の「ノアSi W×BⅡ」はベースモデルのSiから約20万円プラス

  1. 2.0Lガソリン(8人乗り/FF)285万6600円
  2. ハイブリッド338万400円

先進安全装備

ノアの安全装備は2018年6月にToyota Safety Sense(レーザーレーダー+単眼カメラ)採用。

プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)が「対車両」のみに対応しました。

2019年の一部改良では、このプリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)に「対歩行者」を加え性能向上。

最新のToyota Safety Senseは「対歩行者・対車両(昼夜)」に対応します。

昨年マイナーチェンジが行われたシエンタも「対歩行者」「対車両」のみに収まっています。

加えて、アクセルとブレーキを踏み間違えた時に、障害物を検知して自動的にブレーキをかけるインテリジェントクリアランスソナーも新設定されています。

Toyota Safety Senseとは?

レーザーレーダー(またはミリ波レーダー※最新)とカメラを用いることで、優れた認識性能と信頼性を確保するとともに

  1. 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(衝突被害軽減ブレーキ)
  2. 車線逸脱を防止するレーンディパーチャーアラート
  3. オートマチックハイビーム

上記をパッケージ化することで優れた安全性能を発揮しています。

 

【2017年11月24日】ノア特別仕様車「Si”W×B”」新仕様にて設定

内装色に特別設定色「ブラック&フロマージュ」追加。

装備にリアオートエアコン・LEDルームランプ追加。

また、白黒限定ボディカラーにオプション設定で、

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークと

ブラッキッシュアゲハガラスフレークを追加しています。

  • 特別装備:デュアルパワースライドドア/リアオートエアコン
  • ボディカラー:全4色
  • インテリアカラー:ブラック&フロマージュを特別設定色に
  • 価格:283万9320円~336万3120円

価格|283万9320円~336万3120円

ガソリン

直列4気筒 2.0L(3ZR-FAE)/CVT/2WD・4WD
8人乗り:283万9320円(2WD)
7人乗り:286万9560円(2WD)
8人乗り:303万3720円(4WD)
7人乗り:306万3960円(4WD)

ハイブリッド

リダクション機構付きのTHS II/2WD(FF)
7人乗り:336万3120円(2WD)

グレードランキング
  1. Si“W×B”
  2. Si
  3. X
ボディカラーランキング
  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. シルバーメタリック
  3. ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

 

【2016年7月6日】ノア特別仕様車「Si”W×B”」専用ブラック内装色

トヨタのノアに2016年仕様の特別仕様車「Si”W×B”」が登場。

Si・Siハイブリッドがベースとなります。

Wはホワイト・Bはブラックを表し、内装全体をブラック基調+さし色のホワイトでシックにまとめられたモデルです。

特別装備

エクステリア
  1. フロントグリル(ブラック塗装)
  2. LEDヘッドランプ
  3. LEDクリアランスランプ(ブラック塗装)
  4. フロントグリルモール(ダークメッキ)
  5. フロントフードモール
  6. フロントバンパーロアモール
  7. バックドアガーニッシュ(スモークメッキ)
  8. フロントフォグランプ(スモークメッキベゼル)
  9. アウトサイドドアハンドル(メッキ)
  10. 専用エンブレム(ハイボスカル製)
インテリア
  1. 専用シート表皮(合成皮革)(ファブリック&ホワイトステッチ)(消臭機能付)
  2. インサイドドアハンドル(メッキ)
  3. センタークラスターパネル
  4. サイドレジスターベゼル
  5. マルチインフォメーションディスプレイフード(ピアノブラック)
その他機能
  1. デュアルパワースライドドア
  2. ※ワンタッチスイッチ付/デュアルイージークローザー/挟み込み防止機能付
  3. クルーズコントロール
特別設定色
  1. アイスチタニウムマイカメタリック (特別設定色)
  2. ホワイトパールクリスタルシャイン※オプション設定
  3. ブラック
  4. ダークバイオレットマイカメタリック

価格

Si”W×B”(2WD 8人乗り)
2,800,440円
Si”W×B”(2WD 7人乗り)
2,830,680円
Si”W×B”(2WD 8人乗り)
2,994,840円
Si”W×B”(2WD 7人乗り)
3,025,080円
HYBRID Si”W×B”(2WD 7人乗り)
3,321,000円

追伸情報

トヨタヴォクシー新型モデルチェンジ情報2021-2022

画像引用元:https://toyota.jp

ノア【評判・評価】

  1. ハイブリッドの走行性能や静寂性が高い
  2. ヴォクシーのデザインにこだわりがなければオススメ
  3. エアロでもノーマルでも個性的にキマるエクステリア
  4. 走りも居住性もすごく満足できるモデル
  5. トヨタセーフティセンスCの安全装備が購入の決め手
  6. 利便性が高く、家族4人が余裕で快適に過ごせる

など、満足度高く「おすすめのミニバン」としてユーザーの方に大好評。

ノア来歴

ノアは先代モデルとなる「タウンエースノア」・「ライトエースノア」が採用していた後輪駆動方式から、イプサムのプラットフォームを活用した前輪駆動方式へと転換することで低床化し、

後席の左右両側にスライドドアを採用するなど現代的な改良が加えられたモデルとして2001年に登場しました。

現行型は2014年に登場した3代目モデル

兄弟モデルであるヴォクシーと共通のデザインコンセプトとなる「EMOTIONAL BOX」を掲げることにより、車外からも車内空間の広さが分かる力強い箱型。

さらにアンダーグリルと一体化させた大型フロントグリルとヘッドライトの組み合わせによって、ミニバンの王道を行く「堂々感」を表現しています。

2.0L直列4気筒DOHCエンジンを採用したガソリンエンジン仕様

3代目プリウスのハイブリッドシステムを移植

1.8L直列4気筒DOHCミラーサイクルエンジン+モーター

リダクション機構付THS2を採用ハイブリッド設定

Return Top