新車発売情報Labo

レクサスUX特別仕様車“Brown Edition”2020年4月2日|UX250h“version C”ベース

レクサスUX特別仕様車“Brown Edition”2020年4月2日|UX250h“version C”ベース

レクサスはUXに特別仕様車を設定しました。価格は2WD4,685,000円、AWD4,950,000円。(ベースのversion Cは4,573,148円) 専用ボディカラー全5色設定 メインカラー:アンバークリスタルシャイン 専用内装|ノーブルブラウンインストルメントパネル ノーブルブラウン&オーカー ノーブルブラウ...

ハイエース新型モデルチェンジ情報2021年10月以降2022年?|予想価格250~420万円TNGA化2.8Lディーゼル搭載

ハイエース新型モデルチェンジ情報2021年10月以降2022年?|予想価格250~420万円TNGA化2.8Lディーゼル搭載

トヨタ新型ハイエースは次のフルモデルチェンジでグランエースと同じTNGAプラットフォームを採用し、同じく2.8Lディーゼルを搭載すると言われています。 予想では2020年でした。しかし、4月に一部改良が行われるという話です。 話を戻して新型のエクステリアは、鼻なしフロントマスクから”鼻あり”ボンネットへ変更されると言わ...

ハイエース一部改良2020年4月17日|フロントグリル変更&レジアスエース廃止

ハイエース一部改良2020年4月17日|フロントグリル変更&レジアスエース廃止

トヨタはハイエースに一部改良を加え、2020年4月17日に発売すると言われます。 先行予約はすでに始まっているとのこと。 一部改良では フロントグリル変更 安全装備更新 WLTCモードへの切り替え 上記が行われます。 安全装備更新 追加装備 インテリジェントクリアランスソナー 踏み間違い防止装置 メーカーオプションを別...

スズキエスクード次世代モデル情報2021年秋以降?発売|5代目現行と同じ1.4Lターボ搭載ハンガリー輸入変わらず

スズキエスクード次世代モデル情報2021年秋以降?発売|5代目現行と同じ1.4Lターボ搭載ハンガリー輸入変わらず

現行スズキエスクードは2015年に販売開始しており、2021年フルモデルチェンジという噂があります。 タイミング的に十分ありえる範囲でしょう。 ただし、2020年3月にヨーロッパで現行エスクードのマイルドハイブリッドが登場しているため、2021年初頭というのはやや考えにくい登場タイミングといえるかもしれませんね。 少な...

トヨタアルファード&ヴェルファイア特別仕様車S“TYPE GOLD”&Z“TYPE GOLD”情報2020

トヨタアルファード&ヴェルファイア特別仕様車S“TYPE GOLD”&Z“TYPE GOLD”情報2020

トヨタの高級ミニバン・アルファードとヴェルファイアが2020年4月20日に特別仕様車を設定します。その後、2021-2022年にフルモデルチェンジで全面刷新。アルファードへ統合されます。 アルファードに特別仕様車S“TYPE BLACK”を設定。ヴェルファイアに特別仕様車Z“GOLDEN EYES“を設定。 【特別仕様...

ホンダN-ONE次世代情報2020年11月発売|次世代プラットフォーム採用MT設定

ホンダN-ONE次世代情報2020年11月発売|次世代プラットフォーム採用MT設定

ホンダの軽乗用車N-ONEは2020年11月の新型登場予定。 デザイン的に一定の支持を受けていること スズキラパンやミラトコット同様にジャンルが確立していること 上記が存続の可能性に”追い風”を与えます。また、電気自動車Honda e、2017年モーターショーのHonda Sports EV Conceptが新型N-O...

ホンダヴェゼル新型モデル情報2021年1月発売|予想価格230万~300万円新開発1.5Lハイブリッドe:HEV搭載

ホンダヴェゼル新型モデル情報2021年1月発売|予想価格230万~300万円新開発1.5Lハイブリッドe:HEV搭載

ヴェゼルがいよいよ2021年1月にフルモデルチェンジを受けると噂されています。 ヴェゼル次世代型は2モーター式のハイブリッド搭載。海外もハイブリッド展開されるでしょう。 価格とグレードは基本的に現行モデルと同等になり、ハイブリッドグレードは15万円高くなると考えられます。 全長 全幅 全高 ホイールベース 重量 エンジ...

マツダMX-30次世代EVモデル情報2020年度内発売|予想価格400万円EV専用新開発プラットフォーム採用

マツダMX-30次世代EVモデル情報2020年度内発売|予想価格400万円EV専用新開発プラットフォーム採用

マツダによるEV開発が進み、2020年度内に日本でも市販と噂されていますね。 マツダMX-30はマツダ電気自動車(EV)の第一弾という記念すべきモデルです。 「今後、力を入れていく電気自動車というカテゴリで通用するのか」 技術力とアイデアが試される大事なモデルだと思います。マツダはMX-30の企画を進めていくうちに、 ...

ホンダN-BOXマイナーチェンジ情報2020年10月|クロスター設定の可能性

ホンダN-BOXマイナーチェンジ情報2020年10月|クロスター設定の可能性

ホンダは2020年10月、N-BOXにマイナーチェンジを実施。SUVテイストのクロスターを設定する可能性があると予想されています。 N-BOXにCROSSTAR(クロスター)設定? マイナーチェンジでフリードに採用されたSUVテイストモデルを設定するかもしれないとの情報です。SUVテイストを盛り込むフロントマスク・内装...

日産エクストレイルはフルモデルチェンジでe-POWER搭載が確定的に

日産エクストレイルはフルモデルチェンジでe-POWER搭載が確定的に

日産に関する新聞報道によって次世代モデルエクストレイルにはe-POWERが設定されることが確定的となっています。 e-POWERはノート、セレナに搭載され、新型コンパクトSUVのキックスにも搭載が確定しています。 エクストレイルはサイズ的にセレナと同等のシステムとなると見ていいでしょう。 一方、次世代エクストレイルに搭...

トヨタアクア次世代情報2021年3月発売|予想価格180~200万円&WLTCモード40km/L目標

トヨタアクア次世代情報2021年3月発売|予想価格180~200万円&WLTCモード40km/L目標

トヨタはハイブリッドコンパクトのアクアを2021年3月に次世代型へ移行します。 2011年末の初登場から実は一本通しで10年経過しています。なっげー ただ、2019年には一部改良と特別仕様車を実施して現行継続。 トヨタアクアの次世代型はついにTNGAを採用し、そのベースとなるのは人気急上昇中のヤリスです。 現行は居住性...

ホンダCR-V次世代モデルチェンジ情報2020-2023|海外展開と日本国内でのモデルチェンジの今後の方向性

ホンダCR-V次世代モデルチェンジ情報2020-2023|海外展開と日本国内でのモデルチェンジの今後の方向性

ホンダのミドルクラスSUVであるCR-Vは日本では2018年に新型が登場、北米仕様は2016年に登場しており、北米仕様は2019年11月にハイブリッドも含むマイナーチェンジを行っています。 北米仕様には日本仕様に用意されているハイブリッド+4WDはまだ設定されていません。 また、ホンダは2モーター式のハイブリッドSPO...

トヨタランドクルーザー次世代情報2021年夏発売|予想価格480~700万円ハイブリッド搭載

トヨタランドクルーザー次世代情報2021年夏発売|予想価格480~700万円ハイブリッド搭載

トヨタランドクルーザーは2021年夏発売予定。今回のモデルチェンジを機に次世代モデルとして3.5L V6+モーターのハイブリッドモデルも設定されるとの噂です。 次世代ランドクルーザーは進化型ラダーフレームの本格クロカンとして登場し、予想価格は480~700万円程度になるとの予想になります。(ランドクルーザーハイブリッド...

日産の最上級ミニバンであるエルグランドは今後販売がなくなるのか?

日産の最上級ミニバンであるエルグランドは今後販売がなくなるのか?

日産のエルグランドは2010年に登場し、10年選手となっています。 より年式の新しいライバルのアルファード、ヴェルファイア、オデッセイにはエルグランドにはないハイブリッドが設定されており、立ち位置的に厳しい現状にあります。 さらにベースモデルとなっていた北米日産で展開されるクエストというミニバンが、すでに販売終了になっ...

トヨタプラド180系予想2021-2022|ランドクルーザー全面改良ハイブリッド登場?

トヨタプラド180系予想2021-2022|ランドクルーザー全面改良ハイブリッド登場?

プラド180系は2021年に登場と予想されています。ランドクルーザー200のフルモデルチェンジが2021年夏予想と判明したことから、こちらの発売時期への更新となります。 予想価格は現行より数万円程度高くなると考えられ、プラド180系にハイブリッドが登場した場合は30万円程度は高くなるでしょう。 なお、ランドクルーザープ...

三菱パジェロPHEV新型モデル情報2021|後継クロスオーバーモデル予想価格700~800万円

三菱パジェロPHEV新型モデル情報2021|後継クロスオーバーモデル予想価格700~800万円

パジェロ後継モデルは2021年、復活して登場する可能性があります。 新型はパジェロから名称変更という噂もあり、名称の1つに”デューククロス”というものがあります。このネーミングがパジェロに代わる冠名になるわけではなく、パジェロ後継上級グレードのペットネームとして使われる可能性が高いです。 そのため、パジェロ デュークク...

ホンダレジェンドフルモデルチェンジ情報|最上級4ドアセダン今後の方向性

ホンダレジェンドフルモデルチェンジ情報|最上級4ドアセダン今後の方向性

ホンダのラインナップの頂点にある4ドアセダン・現行型レジェンドは2014年にフルモデルチェンジを受けて登場し、2018年にはデザインの刷新を含むビッグマイナーチェンジを受けて現在に至ります。 2020年夏ごろにはレベル3相当の自動運転システムの搭載モデルの発売が予定されています。外観に関してはスパイショットなどがないこ...

日産ノートフルモデルチェンジ情報2020年9月発売|予想価格200~250万円スライドドア採用ガソリン車も設定

日産ノートフルモデルチェンジ情報2020年9月発売|予想価格200~250万円スライドドア採用ガソリン車も設定

日産のコンパクトカー、ノートのフルモデルチェンジの時期がそう遠くないと見られています。2020年9月登場予定です。 基本的にはメカニズムも含めてキープコンセプト、アップデートのフルモデルチェンジになると見られ、スライドドア、3列シート車に関しては派生車になる可能性が濃厚でしょう。 ノート○○のようなネーミングで販売され...

ランサーエボリューション 新型は復活する?

ランサーエボリューション 新型は復活する?

三菱を代表するスポーツモデルである「ランサーエボリューション」が新型モデルとなって復活するとの噂。 もし復活すると仮定して、これまでのランサーエボリューションの特徴であった「セダン」・「2.0L直列4気筒ターボエンジン」という要素は、新型ランサーエボリューションでは引き継がれない可能性が高いです。 新型では、現在の三菱...

日産シルビア新型情報2022年度復活?|e-POWER搭載予想価格300万円スタート

日産シルビア新型情報2022年度復活?|e-POWER搭載予想価格300万円スタート

日産シルビアがe-POWERを搭載して復活するとの情報があります。 日産はGT-R以降、モーターショーで発表したiDXやフォーリア、インフィニティのオールージュ、スポーツ系コンセプトカーはすべて市販に至らなかった経緯があります。 ここで新たな日産をアピールすることができるのか、ポイントといえるでしょう。 また、現時点で...

【新型車に旧車名を再利用するケース】今後のトレンド

【新型車に旧車名を再利用するケース】今後のトレンド

日産から発売が予定されている小型SUVのキックスは、1995年ごろに日産で販売されていたパジェロミニOEM車キックスとはSUVという共通点を除いて、ほぼ別物といえる車になっています。 また、三菱のクーペSUVエクリプスクロスは、かつてクーペで販売されていた車種をSUVとして再生しました。こちらも別物といえるでしょう。 ...

ノア一部改良2020年4月27日|ヴォクシーエスクァイア一部グレード廃止

ノア一部改良2020年4月27日|ヴォクシーエスクァイア一部グレード廃止

トヨタはノア&ヴォクシー&エスクァイアに一部改良を加えるようですね。 現行型は2020年3月にオーダーストップとの情報で、改良型の価格は2万~3万円程度の値上げになるようです。 ノア一部改良内容|グレードラインナップ整理 ノアは現行型を踏襲。3車種共通変更点として以下が行われます。 両側オートアウターミラー オートライ...

ホンダ1.5Lガソリン&ハイブリッド【フィットRS】の登場はある?ない?

ホンダ1.5Lガソリン&ハイブリッド【フィットRS】の登場はある?ない?

ホンダのフィットは2月にフルモデルチェンジが行われ、ガソリン車グレードは1.3Lに統一、ハイブリッドは先代同様1.5Lガソリンエンジンで1種類の出力に統一された2モーター式のハイブリッドに変更されました。 フィットの1.3Lガソリンエンジンは先代フィットのガソリンエンジンをアップデートしたもので形式番号は同等となってい...

トヨタアルファード新型2021-2022|予想価格350~790万円

トヨタアルファード新型2021-2022|予想価格350~790万円

トヨタのアルファードは2015年に登場しており、先代、先々代のフルモデルチェンジが5~6年程度だったことを考えると、遅くても3年以内にはフルモデルチェンジが行われると考えられます。 2020年から中国で販売されているレクサスLMの導入タイミングを考えると、フルモデルチェンジタイミングが読みづらくもあります。 また、次世...

トヨタのプラグインハイブリッド【車種展開】は多岐に渡っていく?

トヨタのプラグインハイブリッド【車種展開】は多岐に渡っていく?

トヨタのハイブリッド車ラインナップは世界でもトップレベルとなっており、今後の展開としてはハイブリッドシステムを足掛かりとしてプラグインハイブリッド車への展開を広げることが考えられます。 なお、電気自動車に関しては中国など一部地域で実用化されているものの大々的な展開ではなく、燃料電池車のMIRAIのパワートレインは他車種...

ホンダは今後ハイブリッドカーのスポーツカー展開に期待できる?

ホンダは今後ハイブリッドカーのスポーツカー展開に期待できる?

ホンダはブランドの頂点とも言えるスーパースポーツカーNSXを3モーター式のハイブリッドカーとして発売しており、過去にはコンパクトのハイブリッドクーペのCR-Zが発売されていました。 このようにスポーツカーにハイブリッドシステムを搭載してきた実績があります。 一方、ホンダブランドのスポーツイメージを引っ張るタイプRグレー...

日産フーガのフルモデルチェンジは早くて2020年10月ごろに実施?2022年?

日産フーガのフルモデルチェンジは早くて2020年10月ごろに実施?2022年?

日産の上級セダンであるフーガは2019年にマイナーチェンジを施されました。 モデル自体の登場は2009年とかなりの長寿モデルとなっており、フルモデルチェンジがいつ行われてもおかしくない状況といえるでしょう。 ただ、直近のモーターショーでは次世代フーガ/インフィニティQ70を示唆するモデルは2018年のデトロイトモーター...

日産フーガ新型2022年発売予想|可変圧縮比エンジンVCターボ2.0L搭載

日産フーガ新型2022年発売予想|可変圧縮比エンジンVCターボ2.0L搭載

日産はEVモデル候補のフーガ次世代を2022年発売予定です。 インフィニティQ80をベンツとプラットフォーム共用。 パワートレイン候補は多岐に渡り、電動化しない場合のエンジンは、北米スカイラインに搭載するVC-T(2.0Lターボ)エンジンほか、多彩な候補が挙げられています。 日本で発売されるとの予想も出ており、その際ラ...

ホンダシャトル次世代情報2021|フィット搭載2モーター式e:HEVハイブリッド採用

ホンダシャトル次世代情報2021|フィット搭載2モーター式e:HEVハイブリッド採用

ホンダシャトルは2021年に次世代型へ移行予定で注目はハイブリッド方式の変更です。 現行モデルの1モーター2クラッチ式から、2モーター式高性能ハイブリッドe:HEVを搭載します。 エクステリア・インテリアともに質感アップを図り、ユーザーの期待に応えます。 またシャトルにもCROSSTAR(クロスター)を設定との情報もあ...

マツダCX-5新型情報2021年春発売予想|新開発直6ディーゼル&ガソリンエンジン搭載

マツダCX-5新型情報2021年春発売予想|新開発直6ディーゼル&ガソリンエンジン搭載

マツダはCX-5を2021年にフルモデルチェンジする計画です。 CX-5は、スカイアクティブと魂動デザインを初めて全面的に採用し、マツダの新たなアイデンティティを世に提案した大人気モデルです。 CX-30に続く、CX-50へと名称が変更される可能性もあります。 今回は新型CX-5の予想を紹介したいと思います。 マツダC...

マツダCX-5はフルモデルチェンジで直列6気筒エンジンを搭載する?しない?

マツダCX-5はフルモデルチェンジで直列6気筒エンジンを搭載する?しない?

マツダは「ブランド強化の一環としてFRベースで使用する直列6気筒エンジンの開発を進めている」ことはオフィシャルで発表されています。しかし、その搭載車種までは明らかにはなっていません。 ただ、Mazda6は有力視されており、CX-5もFRベースで直列6気筒エンジンを搭載するという説もあります。しかし、CX-5はマツダの支...

先代モデルに存在したホンダアコード【PHEV仕様】登場の可能性は?

先代モデルに存在したホンダアコード【PHEV仕様】登場の可能性は?

今後、需要次第ではプラグインハイブリッド車の登場も考えられます。 2020年2月にフルモデルチェンジしたアコードハイブリッドは2モーター式のハイブリッドシステムを搭載しており、これとスペックは異なるもののクラリティPHVと駆動システムは同等のものとなっています。 このことからシステム的にはプラグインハイブリッド車の展開...

Return Top