トヨタがダイハツを完全子会社化

トヨタがダイハツを完全子会社化

トヨタ自動車は2016年8月1日、51%の出資のダイハツを完全子会社化。 この先はダイハツを「トヨタグループの小型車部門」と位置づけて、 新興国市場での競争力強化を狙う計画です。 この度の完全子会社化に伴って、ダイハツは7月27日、上場廃止。   スポンサードリンク   トヨタはなぜダイハツが必要な...

タイヤのひび割れ放置は危険「劣化の原因と交換目安」

タイヤのひび割れ放置は危険「劣化の原因と交換目安」

タイヤの劣化(ひび割れ)を確認することは、ありますか? 自己判断によってバーストの危険にさらされるのもイヤですよね。 そこで、不慮のタイヤ事故を避けるためにも、タイヤの劣化による「ひび割れの危険性」について調べてみました。   スポンサードリンク   タイヤの劣化によるひび割れの原因とは? タイヤ表...

ボディカラーでクルマの人気を判断できる?その基準とは?

ボディカラーでクルマの人気を判断できる?その基準とは?

車の購入で色を選ぶとき、自分が大好きな色をシンプルに選べば満足度も高いです。^^ でも、人ですから「他人からどう見られるか?」が気になったり、乗ってる間に気に入ってた色に飽きてしまったり、 他人が乗っている車の色を見て「いいな~」と思ったり、逆に「あの色に乗る人の性格や心理って何?」と考えたりするものです。笑 特に新車...

ボディカラーと事故率の関係

ボディカラーと事故率の関係

車の購入を考えるとき、ボディの色って特に迷いますよね。^^ メーカーが違えば、同系色でも、明るさや輝きが違うので、目移りします。 つい先日、自動車メーカーのサイトを見てるとき、ふと「車の色の違いによって、事故率って変わるのかな?」と思ったので調べてみました。 すると、車の色によって事故に遭う確率の統計というものがあるよ...

軽自動車規格の変更や64ps自主規制撤廃の未来はどうなる!?

軽自動車規格の変更や64ps自主規制撤廃の未来はどうなる!?

最近(管理人が)よく目にするようになった、タイトル通り「軽自動車規格を変更だ!」という話題や 「軽自動車の64ps規制撤廃!」の記事から、その問題の未来、動向がすごく気になります。 軽自動車って背が高くなったわりに、車幅が1480mm以下なので、 車内は狭いし、ウェイクのようなノッポタイプは見た目も多少、違和感あります...

日本カーオブザイヤー2015-2016ノミネート&10ベストカー

日本カーオブザイヤー2015-2016ノミネート&10ベストカー

2015年も年末に差し掛かろうとしています。もうすぐ、クリスマスとか年賀状とか頻繁に耳にするようになりますね!苦笑 そんな中、クルマ好きなら誰でも多少は気になる(笑)、日本カーオブザイヤーの季節が、今年もやってきました!^^ 日本カーオブザイヤーのスケジュールなんて初めて知りましたけど、2015年は以下のようになってい...

自動運転技術とは?2020年までに実現?

自動運転技術とは?2020年までに実現?

現在、目に見えて開発を進めているのは、トヨタ・日産・ホンダ・スバルです。 自動運転技術とは、人工知能がハンドルやアクセル、ブレーキに信号を出して、 本来ドライバーがする認知・判断・操作といった運転を、自動的に行い最適化するもの。 その目的は、「人為的ミス」による交通上のリスクを世の中から減少、またゼロにしようとするもの...

トヨタITSコネクトとは?

トヨタITSコネクトとは?

新型クラウンに世界初搭載され、新型プリウスと他1車種に、今後、搭載される予定の クルマとインフラ(道路や信号など公共交通・構造)相互に通信を行う、安全運転支援システムです。 クルマ側では、トヨタセーフティセンスPのオプションとして設定しています。 ITSコネクトシステムを利用して、交通事故『ゼロ』社会を目指すのがトヨタ...

東京モーターショー2015出展車まとめ

東京モーターショー2015出展車まとめ

1954年から2年毎に開催されてきた東京モーターショーは、2015年で第44回目を迎えます。場所は東京ビッグサイト 一般公開される開催期間は、10月30日(金)~11月8日(日)です。 1500円前後で生の展示カーが見られるモーターショーなので、クルマ好きなら規模を問わず、展示会に一度は訪れたことがあるのではないでしょ...

JPNタクシー2017年実用開始「東京五輪で完全普及か?」

JPNタクシー2017年実用開始「東京五輪で完全普及か?」

以前もお伝えしました、トヨタが開発する、近い未来の新型タクシー専用車。JPNタクシー そのボディ形状・デザインは、旧シエンタのようでありながら、全高が1700ミリに達し、 リアゲートからは車イスもそのまま乗りこむことができる、確かな広さを有しています。 JPNタクシーを開発した目的は、これからの高齢社会を見据え、お年寄...

Return Top