Read Article

トヨタ新車発売情報2017

SAI(2018年2月16日)/マークX/ウィッシュ(11月)/アイシス/Fjクルーザーは、時期未定ながら「生産終了」を迎えます。()内は廃止時期

2017年は「GR」元年。GRシリーズの第一弾として2017年9月19日、プリウスPHV・ハリアー・マークX・ヴォクシー・ノア・ヴィッツにGR SPORTを設定します。(ヴィッツには同時にGRも設定)。その後、2017年11月21日、86GR・アクアGRスポーツ・プリウスα GRスポーツを追加設定していきます。

GRのモデル体系は、その頂点にエンジン内部チューニングを施す数量限定販売の「GRMN」が君臨。その次にGRMN寄りの量販スポーツモデル「GR」が位置します。そして、ミニバン・SUV・コンパクト・ハイブリッドまで気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」が設定されます。

また、カスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」を設定。さらには、TOYOTA GAZOO Racingの地域拠点「GR Garage(GRガレージ)」を全国に39店舗オープンする予定です。

 

トヨタの今後は、2020年までにセダンのブランド再編を行います。カローラ/カムリ/クラウンの3ブランド体制で展開するとの予想。まずは、2017年9月の新型カムリにマークX(SAI)を統合すると噂されています。(存続はマークX GRスポーツの人気次第で変動)

また、EV(電気自動車)の開発を加速するため、2016年12月にベンチャーを発足。「今後、厳しくなる環境車への規制に対応」「開発が遅れている電気自動車への対応」を促進するための動きのようです。

さらに、2021年までの先5年で、新型エンジンを19機種、集中的に投入していきます。「トヨタの走りを変える」をテーマに実施。これは、TNGAに一環する取り組みで、エンジン・ハイブリッドシステム・トランスミッションを開発します。

2017年は、4気筒2.5Lガソリンエンジンや、派生ハイブリッドシステムを搭載していく予定です。トランスミッションにFF車用の8速ATを採用します。

それでは、トヨタの新車発売情報2017をまとめています。

 

スポンサードリンク

 

トピックス

ヴィッツハイブリッド|1月12日 追加|

ヴィッツハイブリッドの特徴

  • 欧州版ヴィッツ「ヤリス」デザインを踏襲
  • デザインの変更と質感アップ
  • 前後バンパーの形状変更と大型化
  • 台形デザインの大きなエアインテーク
  • 全長60ミリ延長
  • インテリアはメーター類を見やすいデザインに変更
  • ハイブリッドシステムはアクアの1.5L+モーター
  • 燃費40キロ
  • 2016年12月13日より事前予約開始
  • ライバルはノートハイブリッドほか
  • 低価格を競う同社新モデルが存在
  • 1.5Lガソリンモデルは廃止
ヴィッツハイブリッドの価格
F 181万9800円
ジュエラ 198万3960円
U 208万7640円
Uスポーツ 223万7760円

 

プリウスPHV|2月15日 フルモデルチェンジ|

  • エクステリアがノーマルプリウスとは異彩のモデル。
  • 発売を2016年秋から延期。
  • ハイブリッド燃費は37km/L。
  • PHVにとって重要なEV航続距離は60km/L。
  • 現行航続距離の2倍になる。
  • EV最高速度135km/h。
  • リチウムイオンバッテリー搭載。
価格
S 急速充電無し 326万1600円
Sナビパッケージ 366万6600円
Aナビパッケージ 380万7000円
A レザー 406万6200円
Aプレミアム ナビパッケージ 422万2800円
(ノーマルプリウス+70万円程度)

 

86|3月10日 特別仕様車|

2016年11月14日~2017年1月31日期間限定注文受付

 

ハリアー|6月8日 マイナーチェンジ|

  • フロントマスク中心にスタイリング変更
  • 直列4気筒2.0Lターボモデルを新設定
  • ToyotaSafetySenseP採用
  • 3列シート7人乗りを新設定?
C-HRの登場で売上に影響が出そうなハリアーをMC。C-HRとの差別化を進める必要が出てきた。

 

アクア|6月19日 マイナーチェンジ|

DCBmlHRUwAAY-Nv

  • 5月下旬から事前予約スタート
  • ヘッドランプ/コンビランプデザイン変更
  • 内装材質変更
  • XアーバンはXクロスオーバーに名称変更
  • 全高&最低地上高を10mmアップ
  • SUVテイストを強調します
  • 燃費:38キロ予想
  • 安全性の強化
  • G’s廃止
  • 価格はSが5万円アップ
  • Gが10万円アップ
アクア
価格:176万1382円~209万291円
アクア クロスオーバー
価格:210万109円~215万5091円
アクアのフルモデルチェンジは2018年末予想

 

ノア/ヴォクシー/エスクァイア|7月3日 マイナーチェンジ|

Photoノア

  • ガソリンモデル(2.0L)の燃費と走行性能を向上
  • ガソリン予想燃費:17キロ
  • ハイブリッド予想燃費:24キロ
  • エクステリアデザイン変更(ヘッドライト/フロングリル/バンパー)

マイナーチェンジ以降の予定

  • 直列4気筒2.5Lエンジン(Dynamic Force Engine)搭載
  • 新技術高速燃焼技術・可変制御システム採用
  • 最大熱効率40%
  • 高レスポンス高トルク
ガソリンモデルのスペック
最高出力:205ps/6600rpm
最大トルク:250Nm/4800rpm
ハイブリッドモデルのスペック
最高出力:176ps/5700rpm
最大トルク:220Nm/3600-5200rpm

 

カムリ|7月10日 フルモデルチェンジ|

  • 2017年1月、北米MS2017に北米モデル(HV/ガソリン)を出展
  • 今後SAIとマークXをカムリに統合(SAI&マークXは生産終了の可能性)
  • TNGA新プラットフォームを採用しボディを大きく変更(低重心化)
  • 日本仕様はHVモデルのみの発売予想
  • 4WDを追加設定
  • トヨタセーフティセンスP標準装備
  • 6月頃予約開始
  • 3系列店併売(カローラ/トヨペット/ネッツ店)
  • 予想価格:350万円〜
デザイン
鋭さを増すフロントフェイス
よりスポーツ/クーペスタイルになる
ルーフ後端がリアへ流れ込むスタイル
機能
Bi-Beam LED/LEDデイライト採用
ToyotaSafetySenseP標準装備
スペック
エンジン:2.0L直列4気筒ターボ8AR-FTSを新採用
最高出力:238ps/5600rpm
最大トルク:35.7kgm/4000rpm
燃費:18キロ
パワートレーン
新型プリウス搭載・改良小型「THSⅡ」採用
2.5L直4ガソリン(Dynamic Force Engine)
高速燃焼技術/可変制御システム採用
エンジンの熱効率、トランスミッションの伝達効率を向上
2.5Lハイブリッドエンジン
高効率小型リチウムイオンバッテリー搭載
燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上
燃費30km/L以上を目標

 

【動画】新型カムリ(北米仕様)

※サムネイル画像

右(赤):ガソリンモデル(スピンドルグリル似)
左(シルバー):ハイブリッドモデル

新型カムリの予想スペック
全長:4850mm
全幅:1830mm
全高:1440mm
ホイールベース:2820mm
最高出力:180ps/5500rpm
最大トルク:24.0kgm/4000rpm
トランスミッション:8速AT
燃費:15キロ
価格:320万円

 

ランドクルーザー|7月20日 一部改良|

  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラーにオート格納機能を追加
  • パワーイージーアクセスシステム(運転席)をZXに標準装備
  • ヒッチメンバーを全車オプション設定
  • 内装色:ニュートラルベージュ追加
  • スマートキー:ランドクルーザーロゴ入りデザインに変更

 

スポンサードリンク

 

シエンタ|8月1日 マイナーチェンジ|

  • 特別仕様車G Cuero追加
  • シート・ステアリングに本革を使用した特別仕様車
  • 燃費28キロへ向上

 

C-HR|8月2日 追加|

  • ツートーンのボディカラー仕様追加
ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラック
メタルストリームメタリック×ブラック
ブラックマイカ×ホワイト
センシュアルレッドマイカ×ブラック
ダークブラウンマイカメタリック×ホワイト
イエロー×ブラック
ラディアントグリーンメタリック×ホワイト
ブルーメタリック×ホワイト

 

プリウス|8月8日 特別仕様車|

  • 特別仕様車S Safety Plus
  • Toyota Safety Sense P(8万6400円高)をSグレードに標準装備
  • 269万3520円~288万7920円
  • インテリジェントクリアランスソナー採用
  • シンプルインテリジェントパーキングアシスト採用
  • カラーヘッドアップディスプレイ採用
  • LEDフロントフォグランプ採用
  • ナビレディセット(バックカメラ+ステアリングスイッチ)を特別装備

 

クラウンアスリート|8月28日 特別仕様車|

  • 特別仕様車J-FRONTIER Limited設定
  • 価格:454万6800~519万4800円
  • アクセルペダル踏み間違いの衝突被害軽減する安全機能インテリジェントクリアランスソナー(ICS)特別装備
  • エクステリア:漆黒メッキ加飾フロントグリル/ブラック塗装フロントフォグランプベゼル/リアバンパーロアスポイラー/各パーツにダークスモークメッキ塗装などを採用し上質でスポーティな力強さを表現
  • インテリア:ブラックレイヤーウッドステアリング(本杢目)/ウルトラスエードと本革を組み合せた専用シート表皮(特別設定色アイアンブラック)/アルミペダル(アクセル・ブレーキ)などを採用しシックで落ち着いた室内空間を表現

 

ランドクルーザープラド|9月12日 マイナーチェンジ|

150プラド

【プラド】引用元:http://www.sma-stylish.com/

  • フロント:バンパー/ヘッドライト/ボンネットフードを変更
  • リア:テールランプ/バンパー/ナンバープレート周辺を変更
  • アルミホイール:TS-Gが19インチ&新デザインホイール採用
エンジンラインナップ
直列4気筒DOHC 2.7リッターガソリン
直列4気筒DOHC 2.8リッター直噴ディーゼルターボ
  • TXに7人乗り追加。TX Lパッケージに5人乗り追加。
  • ドライブスタートコントロール全車標準装備
  • ブラインドスポットモニター新設定
  • リアディファレンシャルにトルセンLSD採用
  • ドライブモードセレクトをTZ-Gに標準装備
  • 5つの走行モード:NORMAL/ECO/COMFORT/SPORT S/SPORT S+を選択可能
  • ボディカラー:3色廃止/ブラキッシュ系を2色追加
  • トヨタセーフティセンスP 全モデル標準装備
  • TS-Gにはオートクルーズコントロール採用
  • 価格:353万8080円~536万3280円

 

ハイラックス|9月12日 新型|

新型ハイラックス

  • 新型ハイラックスピックアップ復活
  • 2.4リッター直噴ディーゼル搭載
  • 5人乗りダブルキャビン
  • シャシー:高剛性フレーム構造
  • サスペンション:振動減衰を高める機能あり
  • オンロードでも優れた走行安定性と乗り心地を確保
  • ヒルスタートアシストコントロール/ドライブスタートコントロール全車標準装備
  • 価格:326万7000円~374万2200円
安全装備(標準装備)
VSC&TRC
EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト
緊急ブレーキシグナル
Zグレード専用装備
アクティブトラクションコントロール
ダウンヒルアシストコントロール
リヤデフロック
オフロード
高い走破性を発揮
LEDヘッドライト
LEDフロントフォグランプ
17インチアルミホイール
本革巻きステアリングホイール
オプティトロンメーター
オートエアコン
6:4分割チップアップリアシート
クルーズコントロール
歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
レーンディパーチャーアラート
新型ハイラックス(2.4L直噴ディーゼ)のスペック
全長:5335mm
全幅:1855mm
全高:1800mm
ホイールベース:3085mm
エンジン:直列4気筒 2.4L直噴ディーゼル2GD-FTV型
最高出力:110kW(150PS)/3400rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1600-2000rpm
ミッション:6速AT
駆動:パートタイム4WD(ダイヤル式トランスファー切替スイッチ)
燃費:11.8キロ
足まわり:フロント・ダブルウイッシュボーン式/リア・リーフスプリング式

 

プリウスPHV GRスポーツ|9月19日 新型|

価格
371万1960円(S)
411万6960円(Sナビ)
プリウスPHV GRスポーツの予想スペック
全長:4650mm
全幅:1770mm
全高:1450mm
エンジン:直4DOHC1.8L+モーター
最高出力:98ps5200rpm
最大トルク:14.5kgm3600rpm
燃費:37.2キロ
価格:371万1960円/411万6960円

 

ヴィッツGR/GRスポーツ|9月19日 新型|

価格:ヴィッツGR
230万3640円(5MT)
230万3640円(CVT)
価格:ヴィッツGRスポーツ
208万7640円(5MT)
208万7640円(CVT)
232万9560円(ハイブリッド)
ヴィッツGRの主要装備
専用チューニングサスペンション(GRはザックス製ショックアブソーバー)
スポット打点追加
ブレース追加
10速スポーツシーケンシャルシフトマチック(GRのCVT車のみ)
アルミペダル
小径ステアリングホイール
ヴィッツGRスポーツの主要装備
専用チューニングサスペンション(GRはザックス製ショックアブソーバー)
スポット打点追加

関連記事ヴィッツGRMN2 2018年2月発売予想「日本限定200台販売」

 

ハリアーGRスポーツ|9月19日 新型|

価格
339万8760円(ガソリン2WD)
359万3160円(ガソリン4WD)
399万6000円(2.0Lターボ)
ハリアーGR SPORTの主要装備
専用チューニングサスペンション
スポット打点追加+ブレース追加
専用メーター(GRロゴ付)
専用マフラー
カーボン調加飾(ドアスイッチベースなど)
小径ステアリングホイール

 

マークX GRスポーツ|9月19日 新型|

GRスポーツが好評なら生産中止時期が先送りになる可能性が出て、次期型開発のプロジェクトが復活する可能性もあるとの情報

 

ノア/ヴォクシーGRスポーツ|9月19日 新型|

ノアGR SPORTの主な装備
専用チューニングサスペンション
ブレース追加
専用メーター(GRロゴ付)
アルミペダル
小径ステアリングホイール
本革巻きシフトノブ(ディンプル+シルバーステッチ)

 

ヴィッツ|10月2日 特別仕様車|

 

86|10月4日 マイナーチェンジ|

  • GT Limited・Black Package設定
  • ステアリングの支持剛性強化
  • サスペンションの再チューニング
  • 本革シフトノブ採用(GT/GT Limited)
  • 期間限定ボディカラー(2018年2月まで):ソリッドグレー設定

 

カローラ フィルダー/アクシオ|10月11日 マイナーチェンジ|

  • フィルダー/アクシオを現行最終改良
  • ヘッドライト・テールランプLED化
  • 内装質感向上(TFTディスプレイ画面・ステアリングスイッチ採用)
  • 使い勝手向上
  • 価格:10万円up
上級モデルに標準装備
LEDヘッドランプ
クルーズコントロール
プッシュスタートボタン

 

FJクルーザー|10月16日 特別仕様車|

  • 特別仕様車Final Editionを追加

FJクルーザー特別仕様車「Final Edition」引用元:http://car.watch.impress.co.jp

  • ベージュカラー(エクステリア):ボディカラー/シート表皮
  • ベージュカラー(インテリア):センタークラスターガーニッシュ
  • ブラックカラーアクセント(エクステリア):ラジエターグリル/フロント&リアバンパー/ヒーター付きリモコン大型ドアミラー/大型アウトサイドドアハンドル/スペアタイヤホイールカバー
  • ブラックカラーアクセント(インテリア):センタークラスターオーナメント/サイドレジスター/ドアトリムオーナメント
  • 特別装備:フロントフォグランプ/サイドステップ/245/60 R20タイヤ/20×7Jアルミホイール/応急用タイヤ(17インチスチールホイール)を搭載
  • 標準装備:クルーズコントロール/本革巻き3本スポークステアリングホイール/メタルカラー加飾大型シフトノブ&トランスファーノブ
  • 価格:349万2720円

 

JPNタクシー|11月初め実用開始 新型|

 

プリウス|11月1日 一部改良|

  • ヘッドアップディスプレイ:オートクルーズ表示追加
  • コンソールボックス:ブラックに変更(現在まぶしいほどのホワイト)
  • ワイパー(フロント)改良
  • オプション追加:11.5インチナビ
  • プリウス発売20周年を記念する特別仕様車・ツートン仕様を追加

 

C-HR|11月2日 特別仕様車|

  • 特別仕様車「LED Edition」
  • Bi-Beam LEDヘッドライトを標準装備
  • ハイブリッドとガソリンターボをラインアップ
  • 価格:254万400円~292万9200円

 

アクア|11月14日 特別仕様車|

  • 特別仕様車「S Style Black」
  • Sベース内外装変更
  • エクステリア:アウトサイドドアハンドル・バックドアガーニッシュにメッキ加飾
  • ボディカラー:特別設定色ダークブルーマイカ設定
  • インテリア:シート表皮にブラック・ファブリックを採用
  • Toyota Safety Sense C特別装備
  • スマートエントリーパッケージ特別装備
  • IR(赤外線)カット機能付フロントドアグリーンガラス特別装備
  • 価格:196万2360円

 

ピクシス バン/トラック|11月14日 マイナーチェンジ/一部改良|

  • 衝突回避支援システム「スマートアシストIII」採用(AT車)
  • 燃費(2WD):JC08モード17.8km/L
  • ヘッドライト、フロント/リアバンパー意匠変更
  • LEDランプをオプション設定(LEDパック)
  • ボディカラー:7色
  • ピクシス バン:93万4200円~149万5800円
  • ピクシス トラック:68万400円~122万5800円

 

アクア GRスポーツ|11月21日 新型|

トヨタ アクア TGRコンセプト2トヨタ アクア TGRコンセプト3トヨタ アクア TGRコンセプト4

  • ハイブリッドシステムやパワーに手は加えない
  • シャシー性能が高められ、サスペンションなど足回りの設定を変更
  • スポーティな走りや乗り心地が期待できるモデル
  • インテリアにもGRスポーツ専用のものが装備されます
アクア GRスポーツの予想スペック
全長:4070mm
全幅:1695mm
全高:1455mm/1440mm(17インチタイヤ装着車)
ホイールベース:2550mm
車重:1100キロ/1110(17インチタイヤ装着車)
エンジン:1.5L直列4気筒DOHC+THSⅡ
最高出力:74ps/6800rpm
最大トルク:11.3kgm/4600rpm
モーター出力:61ps
モータートルク:17.2kgm
トランスミッション:電気式無段変速
予想価格:250万円

 

プリウスα GRスポーツ|11月21日 新型|

 

86GR|11月21日 新型|

DSC00577引用元:ベストカー

リアピラースポット打点増加・サスペンション改良を受け、走りがすでに進化されています。GRの設定で、より走りのパフォーマンスを高めたモデルに。その後は、GRMNの設定も可能性としてあるようです

 

ヴォクシー|11月24日 特別仕様車|

ノア|11月24日 特別仕様車|

  • 価格:280万440~332万1000円
  • 内装色:ブラック/ブラック&フロマージュ(特別設定色)
  • カラー:全4色

 

オーリス/オーリスハイブリッド後継|12月 フルモデルチェンジ|

  • プリウスのようなフロントマスクデザイン
  • カローラハッチバックと統合??

DSC00562引用元:ベストカー

 

プリウスα|12月1日 一部改良|

  • トヨタ新型プリウスα|ウィッシュ&アイシス統合フルモデルチェンジ|2018年11月発売
  • Toyota Safety Sense P全車標準装備
  • ボディカラー:ダークレッドマイカメタリック/スティールブロンドメタリック2色を新規設定(全9色)
  • 特別仕様車S“tune BLACK II”:内外装デザインを黒でコーディネートしたモデルも継続設定
  • プリウスα価格:256万5000円~346万5720円
  • プリウスα ウェルキャブ価格:275万4000円~336万7000円(消費税非課税)
  • プリウスα 特別仕様車価格:278万3160円~298万9440円

 

ハイエース/レジアスエース|12月1日 一部改良|

  • 直列4気筒 2.8Lディーゼル・1GD-FTV採用(ディーゼル車)
  • JC08モード燃費:1.6km/L~1.0km/L向上
  • エコカー減税・免税措置対象
  • ボディカラー:ハイエースのワゴン・ベージュメタリック/ラグジュアリーパールトーニング(オプション)新設定
  • Toyota Safety Sense P全車標準装備
  • 車両の走行安定性を高めるVSC&TRC全車標準装備
  • ヒルスタートアシストコントロール全車標準装備
  • 盗難防止に貢献するオートアラーム全車標準装備
  • 価格:ハイエース(バン・ワゴン・コミューター)240万5160円~391万680円
  • 価格:レジアスエース(バン)240万5160円~370万4400円
特別仕様車
スーパーGL DARK PRIME設定
バン・スーパーGLベースモデル
価格:310万8240円~400万1400円

 

アルファード/ヴェルファイア|12月25日 マイナーチェンジ|

 

追伸情報

関連記事

東京モーターショー2017出展|予想モデル

開催日:10月28日(土)~11月5日(日)
場所:東京ビッグサイト

 

スポンサードリンク
Return Top