Read Article

トヨタ新車発売情報2017

SAI/マークX/ウィッシュ(11月)/アイシス/Fjクルーザーは、時期未定ながら「生産終了」を迎えます。()内は廃止時期

今後、2020年までにセダンのブランド再編を行います。カローラ/カムリ/クラウンの3ブランド体制で展開するとの予想。まずは、2017年9月の新型カムリにマークX(SAI)を統合することが濃厚です。

また、EV(電気自動車)の開発を加速するため、2016年12月にベンチャーを発足しました。「今後、厳しくなる環境車への規制に対応」「開発が遅れている電気自動車への対応」を促進するための動きのようです。

さらに、2021年までの先5年で、新型エンジンを19機種、集中的に投入していきます。「トヨタの走りを変える」をテーマに実施。これは、TNGAに一環する取り組みで、エンジン・ハイブリッドシステム・トランスミッションを開発します。

2017年は、4気筒2.5Lガソリンエンジンや、派生ハイブリッドシステムを搭載していく予定です。トランスミッションにFF車用の8速ATを採用します。

それでは、トヨタの新車発売情報2017をまとめています。

 

スポンサードリンク

 

トピックス

ヴィッツハイブリッド(1月12日 追加)

ヴィッツハイブリッドの特徴

  • 欧州版ヴィッツ「ヤリス」デザインを踏襲
  • デザインの変更と質感アップ
  • 前後バンパーの形状変更と大型化
  • 台形デザインの大きなエアインテーク
  • 全長60ミリ延長
  • インテリアはメーター類を見やすいデザインに変更
  • ハイブリッドシステムはアクアの1.5L+モーター
  • 燃費40キロ
  • 2016年12月13日より事前予約開始
  • ライバルはノートハイブリッドほか
  • 低価格を競う同社新モデルが存在
  • 1.5Lガソリンモデルは廃止
ヴィッツハイブリッドの価格
F 181万9800円
ジュエラ 198万3960円
U 208万7640円
Uスポーツ 223万7760円

 

プリウスPHV(2月15日 フルモデルチェンジ)

  • エクステリアがノーマルプリウスとは異彩のモデル。
  • 発売を2016年秋から延期。
  • ハイブリッド燃費は37km/L。
  • PHVにとって重要なEV航続距離は60km/L。
  • 現行航続距離の2倍になる。
  • EV最高速度135km/h。
  • リチウムイオンバッテリー搭載。
価格
S 急速充電無し 326万1600円
Sナビパッケージ 366万6600円
Aナビパッケージ 380万7000円
A レザー 406万6200円
Aプレミアム ナビパッケージ 422万2800円
(ノーマルプリウス+70万円程度)

 

86(3月10日 特別仕様車)

2016年11月14日~2017年1月31日期間限定注文受付

 

ハリアー(6月8日 マイナーチェンジ)

  • フロントマスク中心にスタイリング変更
  • 直列4気筒2.0Lターボモデルを新設定
  • ToyotaSafetySenseP採用
  • 3列シート7人乗りを新設定?
C-HRの登場で売上に影響が出そうなハリアーをMC。C-HRとの差別化を進める必要が出てきた。

 

アクア(6月19日 マイナーチェンジ)

DCBmlHRUwAAY-Nv

  • 5月下旬から事前予約スタート
  • ヘッドランプ/コンビランプデザイン変更
  • 内装材質変更
  • XアーバンはXクロスオーバーに名称変更
  • 全高&最低地上高を10mmアップ
  • SUVテイストを強調します
  • 燃費:38キロ予想
  • 安全性の強化
  • G’s廃止
  • 価格はSが5万円アップ
  • Gが10万円アップ
アクア
価格:176万1382円~209万291円
アクア クロスオーバー
価格:210万109円~215万5091円
アクアのフルモデルチェンジは2018年末予想

 

ノア/ヴォクシー/エスクァイア(7月3日 マイナーチェンジ)

Photoノア

  • ガソリンモデル(2.0L)の燃費と走行性能を向上
  • ガソリン予想燃費:17キロ
  • ハイブリッド予想燃費:24キロ
  • エクステリアデザイン変更(ヘッドライト/フロングリル/バンパー)

マイナーチェンジ以降の予定

  • 直列4気筒2.5Lエンジン(Dynamic Force Engine)搭載
  • 新技術高速燃焼技術・可変制御システム採用
  • 最大熱効率40%
  • 高レスポンス高トルク
ガソリンモデルのスペック
最高出力:205ps/6600rpm
最大トルク:250Nm/4800rpm
ハイブリッドモデルのスペック
最高出力:176ps/5700rpm
最大トルク:220Nm/3600-5200rpm

 

カムリ(7月10日 フルモデルチェンジ)

  • 2017年1月、北米MS2017に北米モデル(HV/ガソリン)を出展
  • 今後SAIとマークXをカムリに統合(SAI&マークXは生産終了の可能性)
  • TNGA新プラットフォームを採用しボディを大きく変更(低重心化)
  • 日本仕様はHVモデルのみの発売予想
  • 4WDを追加設定
  • トヨタセーフティセンスP標準装備
  • 6月頃予約開始
  • 3系列店併売(カローラ/トヨペット/ネッツ店)
  • 予想価格:350万円〜
デザイン
鋭さを増すフロントフェイス
よりスポーツ/クーペスタイルになる
ルーフ後端がリアへ流れ込むスタイル
機能
Bi-Beam LED/LEDデイライト採用
ToyotaSafetySenseP標準装備
スペック
エンジン:2.0L直列4気筒ターボ8AR-FTSを新採用
最高出力:238ps/5600rpm
最大トルク:35.7kgm/4000rpm
燃費:18キロ
パワートレーン
新型プリウス搭載・改良小型「THSⅡ」採用
2.5L直4ガソリン(Dynamic Force Engine)
高速燃焼技術/可変制御システム採用
エンジンの熱効率、トランスミッションの伝達効率を向上
2.5Lハイブリッドエンジン
高効率小型リチウムイオンバッテリー搭載
燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上
燃費30km/L以上を目標

 

【動画】新型カムリ(北米仕様)

※サムネイル画像

右(赤):ガソリンモデル(スピンドルグリル似)
左(シルバー):ハイブリッドモデル

新型カムリの予想スペック
全長:4850mm
全幅:1830mm
全高:1440mm
ホイールベース:2820mm
最高出力:180ps/5500rpm
最大トルク:24.0kgm/4000rpm
トランスミッション:8速AT
燃費:15キロ
価格:320万円

 

スポンサードリンク

 

シエンタ(8月1日 マイナーチェンジ)

  • 特別仕様車G Cuero追加
  • シート・ステアリングに本革を使用した特別仕様車
  • 燃費28キロへ向上

 

ランクル200(8月1日 一部改良)

  • 現行型式出荷打ち切り

 

C-HR(8月2日 追加)

  • ツートーンのボディカラー仕様追加
ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラック
メタルストリームメタリック×ブラック
ブラックマイカ×ホワイト
センシュアルレッドマイカ×ブラック
ダークブラウンマイカメタリック×ホワイト
イエロー×ブラック
ラディアントグリーンメタリック×ホワイト
ブルーメタリック×ホワイト

 

プリウス(8月8日 特別仕様車)

  • 特別仕様車S Safety Plus
  • Toyota Safety Sense P(8万6400円高)をSグレードに標準装備
  • 269万3520円~288万7920円
  • インテリジェントクリアランスソナー採用
  • シンプルインテリジェントパーキングアシスト採用
  • カラーヘッドアップディスプレイ採用
  • LEDフロントフォグランプ採用
  • ナビレディセット(バックカメラ+ステアリングスイッチ)を特別装備

 

ランドクルーザープラド(9月12日 マイナーチェンジ)

150プラド

  • フロント:バンパー/ヘッドライト/ボンネットフードを変更
  • リア:テールランプ/バンパー/ナンバープレート周辺を変更
  • アルミホイール:TS-Gが19インチ&新デザインホイール採用
  • ボディカラー:3色廃止/ブラキッシュ系を2色追加
  • トヨタセーフティセンスP 全モデル標準装備
  • TS-Gにはオートクルーズコントロール採用

 

ハイラックス(9月12日 新型)

新型ハイラックス

  • 新型ハイラックスピックアップ復活
予想スペック
全長:5335mm
全幅:1855mm
全高:1820mm
ホイールベース:3085mm

 

86(9月4日 マイナーチェンジ)

  • エンジン出力/ボディ剛性向上
  • パワステチューニング見直し/操縦性の向上
  • 革巻きシフトレバー質感向上
  • スマートキー形状変更
  • GTリミテッドブラックパッケージ追加(レーシースタイル)
  • ブラック塗装アルミホイール/ドアミラー/リアスポイラー採用
  • ザックス製ダンパー非採用
GTリミテッドハイパフォーマンスパッケージ廃止(ザックス製ダンパー採用モデル)

 

FJクルーザー(9月中旬 特別仕様車)

  • 特別仕様車追加

 

プリウスPHV GR-S(G’s)(9月19日 新型)

DSC00574

  • G’sに代わるスポーツコンバージョンモデル誕生
  • パワートレーンはチューニングなし
  • ボディ・足回りにスポーティなセッティングを実施します
  • 予想価格:400万円
プリウスPHV GR-S(G’s)の予想スペック
全長:4650mm
全幅:1770mm
全高:1450mm
エンジン:直4DOHC1.8L+モーター
最高出力:98ps5200rpm
最大トルク:14.5kgm3600rpm
燃費:37.2キロ
価格:400万円

 

ヴィッツGRMN2(10月 新型)

DSC00485

  • ヤリスWRC参戦記念モデル
  • ボディは3ドア(ヤリス)ベース
  • シャシー&ブレーキ強化
  • 200台限定販売
3つのモデル設定
ヴィッツGRMN2:350万円~400万円(3ドア)
ヴィッツGR:230万円~235万円(5ドア)
ヴィッツGR-S:210万円~215万円(5ドア)
GR-S
これまでのG’sと同じ存在。エンジンはチューニングされず、エアロ・サスペンション・ボディ補強が施されたモデル。
GR
GR-Sの仕様に加えて、MTにトルセンLSD・CVTにスポーツCVT採用。GR-Sの上位モデル。
ヴィッツGRMN2の予想スペック
全長:3980mm
全幅:1695mm
全高:1490mm
ホイールベース:2510mm
車重:1100キロ
タイヤ:215/45R17(BBSアルミ)
エンジン:1.8L直列4気筒DOHCスーパーチャージャー
最高出力:220ps/6800rpm
最大トルク:25.4kgm/4600rpm
トランスミッション:6MT
燃費:11キロ
価格:350万円

 

カローラフィルダー/アクシオ(10月 マイナーチェンジ)

  • 現行型最終改良
  • ヘッドライト・テールランプLED化
  • 内装デザイン変更
  • 内装質感向上(TFTディスプレイ画面・ステアリングスイッチ採用)
  • 使い勝手向上
  • 燃費(ハイブリッド):34キロ
  • LEDヘッドランプ標準装備モデル設定

 

JPNタクシー(10月 新型)

JPNタクシー JPNタクシー2 JPNタクシー3

基本情報
プラットフォームの基本部分はミニバンのシエンタと共通
LPGハイブリッドシステム(直列4気筒1.5Lハイブリッド)
燃料は液化石油ガス
クラウンコンフォートの2倍の距離を走る低燃費
Toyota Safety Sense C/サイド・カーテンエアバッグ標準装備
赤外線レーザー+単眼カメラを組み合わせた衝突回避支援パッケージ
快適装備にエアコンのナノイー機能や読書灯を採用
上級グレードに後席のシートヒーターや天井の空調吹き出し口を採用
 JPNタクシーのスペック
全長4400mm
全幅1695mm
全高1740mm
ホイールベース2750mm(5ナンバー)
タイヤサイズ15インチ(185/65R15)
燃費:35km/L
価格:300万円

関連記事:JPNタクシー2017年実用開始「東京五輪で完全普及か?」

JPNタクシーは、これからの移動社会に大きく貢献することになります。

 

プリウスα GR-S(G’s)(10月? GRブランド新型)

  • 先代プリウスベースのプリウスα(ワゴン&ミニバンの性能を兼ね備えているモデル)
  • プリウスαは2018年にモデルチェンジする可能性あり
  • 新型ベースなら遅れてGR-Sを設定するとの予想

 

アクア GR-S(G’s)(11月21日 新型)

トヨタ アクア TGRコンセプト2トヨタ アクア TGRコンセプト3トヨタ アクア TGRコンセプト4

  • ハイブリッドシステムやパワーに手は加えない
  • シャシー性能が高められ、サスペンションなど足回りの設定を変更
  • スポーティな走りや乗り心地が期待できるモデル
  • インテリアにもGR-S専用のものが装備されます
アクア GR-S(G’s)の予想スペック
全長:4070mm
全幅:1695mm
全高:1440mm
ホイールベース:2550mm
車重:1090キロ
エンジン:1.5L直列4気筒DOHC+モーター
最高出力:74ps/6800rpm
最大トルク:11.3kgm/4600rpm
モーター出力:61ps
モータートルク:17.2kgm
トランスミッション:電気式無段変速
価格:250万円
<GRMN/GR/GR-S(G’s)モータースポーツブランド設定予定モデル>
マークX/プリウスPHV/プリウスα/ハリアー/86/C-HR/ノア&ヴォクシー

関連記事:トヨタ新車発売情報2018

 

ハイエース(12月 一部改良)

  • エンジン改良
  • 安全装備搭載か?
  • 価格:ガソリン+10万円/ディーゼル+30万円

 

ハリアー GR-S(G’s)(12月? GRブランド新型)

  • マイナーチェンジ後モデルをベースにGR-Sを設定
  • 2.0Lガソリン(NAターボ)・2.5LハイブリッドすべてにGR-Sを設定予想

 

アベンシス(12月 フルモデルチェンジ)

  • TNGA新プラットフォーム採用
  • 1.8L直列4気筒DOHC+モーター 搭載
  • ToyotaSafetySenseC標準搭載
新型アベンシスの予想スペック
エンジン:1.8L直列4気筒DOHC+モーター(新THSⅡ)
エンジン最高出力:98ps/5200rpm
エンジン最大トルク:14.5kgm/3600rpm
モーター最大出力:72ps
モーター最大トルク:16.6kgm
駆動:FF/4WD
燃費:35キロ

 

追伸情報

関連記事

【不確定情報】ラッシュ/ビーゴ後継?(時期不明 新型)

  • パッソプラットフォーム共有の新型SUVという過去情報
  • 1.3Lまたは1.5Lのエンジンを搭載
  • C-HRの1クラス下のコンパクトSUV
  • このパッソプラットフォームからパッソ含め3モデルが登場
  • トヨタ・ダイハツ・スバルブランドでの発売が予想される

【不確定情報】マークX GR-S(G’s)(8月? GRブランド新型)

  • パワートレーンはチューニングなし
  • 元がパワフル・3.5L 318ps・2.5L 203ps・EPS+スポーツステアリング
  • ボディ補強
  • インテリア:ダッシュボードにサテンメッキ材・GR仕様のシート表皮

東京モーターショー2017出展予定モデル

  • クラウンコンセプト
  • スープラコンセプト
  • センチュリー
  • カローラGTIコンセプト
  • ヴィッツGRMN2(GRスポーツブランドシリーズ全般)
  • S-FRⅡ
開催日:10月28日(土)~11月5日(日)
場所:東京ビッグサイト

 

楽天
Return Top