パッソ2016「初の所有車に最適なエントリーモデル」発売

トヨタ「パッソ」初の所有車に最適なエントリーモデル2016年4月12日発売

 

パッソ(ブーン)は、ダイハツが企画・開発・生産までを担(にな)った初のモデルです。

ポイントは、

・現行よりも10万円安い価格帯
・ダイハツの「軽」技術を搭載
・低燃費で維持費に貢献
・低価格で購入しやすい

といった特徴をもっていて、クルマを初めて購入する人の「エントリーモデル」としても注目です。^^

 

関連記事

新型パッソはフィット買うよりお得?軽並み価格で5人乗り&燃費28km/L


スポンサードリンク

 

 

ダイハツ「軽」技術を全搭載した「街乗りスマートコンパクト」

新型パッソは「軽じゃないK」と謳(うた)っているように、ダイハツの「軽」技術

・イーステクノロジー
・軽量高剛性ボディ
・スマートアシストⅡ

を惜しみなく投入したコンパクトカーです。

 

イーステクノロジー

クルマの土台の軽量化や、内燃機関へ低燃費技術を投入。

軽量高剛性ボディは、アルミや鉄より軽量で、剛性は高い「樹脂外板」を

・フロントフェンダー
・スポイラー一体型バックドア
・給油口カバー

に採用。

また、軽自動車でクルマ部品の低コスト化をはかっていて、その方法を新型「パッソ」にも採用。

このすべての要素が組み合わさり、「低燃費」「低価格」を実現しています。

ちなみに、パッソの燃費は、2WD28.0km/L。

これは「クラストップの低燃費」になります。

 

スマートアシストⅡ

「車両」「歩行者」に対する

・単眼カメラ
・レーザーレーダー

の検知により、ユーザーにとってより高い「安心と安全」を提供する装備となります。

 

2つの「顔」を用意して多くのユーザーにアピール

1台で複数のフロントフェイスを展開する方法は、

・コペン
・キャスト

に見られるように、ダイハツが得意とする分野です。

ノーマルデザインに加え、

パッソには「パッソモーダ
ブーンには「ブーンシルク

を設定し、2デザイン採用で幅広いユーザーをターゲットにしています。

ユーザーからしたら、自分好みのデザインの幅が広がるので、選択する自由や楽しみが増えるでしょう。

 

15色から19色へ「好みの色」がきっと見つかる

モノトーンカラーの一部は、明るく鮮やかな色に変更され、2トーンカラーは3色から7色へと充実しました。

ぜんぶで「19」パターンの色から選べます。

モノトーン

※パッソ&パッソモーダ

ファインブルーマイカメタリック
ダークエメラルドマイカ
ファイアークォーツレッドメタリック
マゼンタベリーマイカメタリック
ブライトシルバーメタリック
パウダリーベージュメタリック
ブラックマイカメタリック
レモンスカッシュクリスタルメタリック
ホワイト(※パッソのみ
ディープブルークリスタルマイカ
プラムブラウンクリスタルマイカ
パールホワイトⅢ

 

2トーンカラー

※パッソモーダのみ

ブラックマイカメタリックのルーフに組み合わせて

ブルーマイカメタリック
ダークエメラルドマイカ
ファイアクォーツレッドメタリック
マゼンタベリーマイカメタリック
パウダリーベージュメタリック
レモンスカッシュクリスタルメタリック
ディープブルークリスタルマイカ

のボディカラーを揃えています。

※ディープブルークリスタルマイカは、86400円高。
※その他カラーは、54000円高。

 

【動画】マツコさんがドラえもん

 

 

編集後記

ファイアクォーツレッドメタリックはイメージカラーになってるし「いい色」が出ていますね。^^

女子ウケ抜群ではないでしょうか?笑

ちなみに、昔、新入社員の女子は「軽」か「パッソ」を初購入している人が多かったです。

スポンサードリンク