Read Article

Subaruインプレッサ 年次改良|オートビークルホールド機能搭載|2018年11月2日発売

スバルはインプレッサを2018年10月に年次改良し、発売します。

  • 価格:194万4000円~261万3600円

スバルではフルモデルチェンジした新型を「A型」として毎年改良を重ねていく方針としており、
これに従ってインプレッサも2017年10月の年次改良で「B型」となりました。

そしてそれから1年、2018年の年次改良による「C型」がまもなく登場しようとしています。
インプレッサの「C型」がはたしてどのようなものになるのか、見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

スバル60周年記念特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」継続

インプレッサ SPORT 1.6i-L EyeSight S-style
2,106,000円(2WD)
2,322,000円(4WD)

インプレッサ G4 1.6i-L EyeSight S-style
2,106,000円(2WD)
2,322,000円(4WD)

 

 

オートビークルホールド機能採用

長い信号待ち・一般道の渋滞ちった「ブレーキペダルを踏み続ける状況」で、
ペダルを踏まなくても「自動的に車両の停止を保持する機能」です。

ドライバーの疲労を軽減して運転の快適性を向上させたとしている。

 

 

インプレッサ「STIスポーツ」を新規設定

今回の年次改良のタイミングに合わせる格好で、スポーツチューン仕様の最上位グレード
「STIスポーツ」が新規に設定される模様です。

現在、「STIスポーツ」はレヴォーグとBRZにラインナップされていますが、
いずれも人気のグレードとなっています。

インプレッサで「STIスポーツ」が登場すれば、これもたちまち人気となることでしょう。

 

価格

気になる「C型」の価格は、「現行据え置き」。
現行型の価格は194万4000円~261万3600円です。

 

以上です。

 

 

 

【2017年10月5日】Subaruインプレッサ 一部改良|夜間歩行者認識性能向上

スバルが発売するインプレッサは、5ドアハッチバック(スポーツ)と
4ドアセダン(G4)の「2グレード」で展開する
日常で扱いやすいカジュアルスタンダードモデルです。

両モデルに共通して採用されるエンジンは、1.6Lと2.0L。
グレードは「1.6i-L EyeSight」「2.0i-L EyeSight」「2.0i-S EyeSight」の3グレードが用意されています。

 

搭載するEyeSight(ver.3)に「後退時自動ブレーキシステム」追加

夜間走行時の歩行者認識性能を向上。

メーカーオプション追加

アイサイトセイフティプラスとしてサイドビューモニター機能追加

 

 

 

【2016年10月25日/2016年12月20日】2.0L/1.6L発売

IMPREZA

2016年10月13日にフルモデルチェンジを迎え、5代目として発売される新型インプレッサ。

用意されるモデルは、 5ドアハッチバック(スポーツ)と4ドアセダン(G4)。
1.6Lは「1.6i-L EyeSight」グレードのみ発売。
2.0Lは「2.0i-L EyeSight」「2.0i-S EyeSight」の2グレードを発売。

新開発プラットフォームSUBARU GLOBAL PLATFORMを採用。第1弾。
また、スバル初の歩行者保護エアバッグを採用するアイサイト(ver.3)を全車標準装備。

 

新型インプレッサ|価格

1.6i-L EyeSight
192万2400円(FF)
213万8400円(4WD)

2.0i-L EyeSight
216万円(FF)
237万6000円(4WD)

2.0i-S EyeSight
237万6000円(FF)
259万2000円(4WD)

※G4/スポーツとも同価格

 

 

エクステリア/インテリア

IMPREZA0 IMPREZA8IMPREZA17 IMPREZA14 IMPREZA15

 

新型インプレッサ|スペック

ホイールベースが延長されることにより、スタンスが広がり、走行環境において吸いつくような粘り強さが体感できます。パドルシフトは6速から7速マニュアルモードに進化。操る楽しみも進化しています。

インプレッサSPORT

全長:4460mm
全幅:1775mm
全高:1480mm
ホイールベース:2670mm
重量:1300~1400キロ
エンジン(FB20型/FB16型):2.0L 水平対向 4気筒 DOHC/1.6L 水平対向 4気筒 DOHC
最高出力:154ps/6000rpm(2.0L)/115ps/5600rpm(1.6L)
トランスミッション:リアトロニック
燃料:レギュラーガソリン
駆動方式:2WD/4WD
乗車定員:5名

 

インプレッサG4

全長:4625mm
全幅:1775mm
全高:1455mm
ホイールベース:2670mm
重量:1300~1400キロ
エンジン(FB20型/FB16型):2.0L 水平対向 4気筒 DOHC/1.6L 水平対向 4気筒 DOHC
最高出力:154ps/6000rpm(2.0L)/115ps/5600rpm(1.6L)
トランスミッション:リアトロニック
燃料:レギュラーガソリン
駆動方式:2WD/4WD
乗車定員:5名

 

 

運転支援システム・アイサイト標準装備

  1. アイサイト(ver.3)搭載
  2. 歩行者保護エアバッグ追加

 

 

新開発プラットフォームスバル初採用

2016年3月7日発表の「スバルグローバルプラットフォーム」次世代プラットフォーム技術を新型インプレッサに採用。
世界展開・未来志向で開発されたプラットフォームになります。

  • ボディ剛性を40%アップ
  • サスペンション剛性アップ
  • 2倍の動的剛性アップ
  • 5mmダウンの低重心

など、ますます「ブレない」走りを体感できる作りとなっています。

 

 

追伸情報

関連記事

「ワゴン」マイナーチェンジ一覧

「セダン」マイナーチェンジ一覧

 

インプレッサ|来歴

現行のインプレッサは2016年にフルモデルチェンジによって誕生した5代目にあたり、
同社の新世代プラットフォームである「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を
初めて採用した車種として華々しく登場しました。

先代の車両と比較すると操舵における応答性と安定性が飛躍的に向上したほか、
ボディ構造の最適化により衝突時の安全性も向上。

衝突時のエネルギー吸収力が1.4倍となるなど、乗員に対する保護性能が高まりました。

このほか、安全装備として「歩行者保護エアバッグ」を国産車としては初採用。
運転支援システム「EyeSight(ver.3)」では、クルーズコントロール機能が強化されたほか、
新たに「車線中央維持機能」が採用されました。

デザイン面では、スバルの新しいデザイン戦略である「DYNAMIC × SOLID」を
同社の量産車として初採用したものとなりました。

ボディカラーもこの「DYNAMIC × SOLID」のコンセプトに基づいて
「無機質な鉱物」をモチーフしたものがラインナップされています。

Return Top