プリウスPHV2016のエクステリア&インテリア

トヨタ新型プリウスPHVのエクステリア&インテリアの特徴

 

発売日は2016年12月下旬から再延期され、2017年1月になる新型プリウスPHVが欲しくなるエクステリア&インテリアの特徴をピックアップします。

ニューヨークモーターショー2016で先行披露された新型プリウスPHV。

すでにティザーサイトはオープンし、その姿が明らかになっています。

エクステリアは、新型プリウスとかなりの差別化がされ、インテリアにも「わっ!」と言いそうな仕掛けが施されています。


スポンサードリンク

 

 

新型プリウスPHVのボディカラー

全9色

スピリテッドアクアメタリック
エモーショナルレッド
サーモテクトライムグリーン
スティールブロンドメタリック
アティチュードブラックマイカ
グレーメタリック
シルバーメタリック
ホワイトパールクリスタルシャイン
スーパーホワイトII

 

【動画】プリウスPHV試乗

 

 

ひと目でプリウスPHVとわかるアイコニック・ヒューマンテック

まず特徴的なのは、トヨタがあまりしなさそうな「遊び心あるデザイン」

それが「リアスタイル」に現れています。

空力性能と目をひく形状を意識した「ダブルバブルバックドアウィンドウ」

なんと、リアウィンドウが波打つように左右ふくらんでいます。

 

トヨタ 新型プリウスPHV トヨタ自動車WEBサイト
引用元:http://toyota.jp/

それにともない、リアスポイラー&一体型サブウィンドウも波をうっており、一瞬「えっ!?」と目をひかれる形状をしてるんです。

これは、新型プリウスPHVの「後続車」になって、一度は目にしてみたくなりますね。笑

なんだかウキウキした気持ちにさせられます。

この形状、、空力性能&デザインだけでなく、雨もよく流れそうです。

ターゲットユーザーの「年配の人」なんかは、リアワイパーをきらう人もいますから。

リアデザインを気に入って購入する方も多くなりそうです。

ちなみに、「後方視界が悪いのでは?」という疑問も湧きますが、現行プリウスや新型プリウスよりも「広い視界」を確保しています。

 

テールランプ周りがシンプル!フロントも遊び心あり

リアついでに、テールランプの形状を見てみます。

こちらは、テールの大型化が流行るより2世代前のクルマのように、ちっちゃくまとめられています。

新型「プリウス PHV」をWatch
引用元:http://car.watch.impress.co.jp/

ターンランプが垂直にデザインされているのがおしゃれです。

また、テール周りの形はリーフ形状をしていて、なにげに先進電気自動車をアピールされているようです。笑

フロントに回りますと、グリルの表面に流れるようなデザインの凸形状を持たせ、シルバー塗装が入ることにより、奥行きが表現されています。

新型「プリウス PHV」Watch
引用元:http://car.watch.impress.co.jp/

これもリーフ形状と取れますね。4連LEDヘッドランプとの相性バツグンで、個性的なグリル回りが存在感を放っています。

 

縦型ディスプレイが放つ超未来感ハンパないインテリア

インテリアのシンボルとして設定されたのが、11.6インチのディスプレイ。

ナビ起動時に、進行方向の先まで行き先を見渡せるようにタテ配置にしているようです。

もちろんですが、スマホのように直感的な操作が可能。

ちまたではアップルカープレイが評判になってますが、トヨタは独自のナビ情報システムを持ってますし(T-子)、日本において圧倒的な機能を果たすことでしょう。

 

セパレート&大型コンソールを配したリアシート

リアシートのわりに、ホールド性高そうなデザインになってますよ。笑

トヨタ 新型プリウスPHV
引用元:http://toyota.jp/

なんか背中が気持ち良さそう!^^

新型プリウスPHVは、各シートが独立していて、大人4名がゆっくりくつろげる空間をコンセプトに、インテリアをデザインしています。

確かに画像を見る限り、視覚的にも1名1名をやさしく包んでくれそうな雰囲気をかもし出しています。

実際、乗ってみたらどんな印象を受けるでしょうか。試乗してみたくなりますね。^^

 

新型プリウスPHVの価格

S
320万円

Sナビパッケージ
330万円

Aナビパッケージ
380万円

A レザー
390万円

Aプレミアム ナビパッケージ
430万円

 

新型プリウスPHVのスペック

  • 全長:4645mm
  • 全幅:1760mm
  • 全高:1470mm
  • ホイールベース:2700mm
  • エンジン:直列4気筒DOHC 1.8L+モーター×2
  • 最高出力:98ps/14.5kgm
  • モーター出力1:72ps/16.6kgm
  • モーター出力2:31ps/4.1kgm
  • 駆動方式:2WD(FF)
  • バッテリー:リチウムイオン(電力量8.8kWh)
  • EV航続可能距離:60km
  • EV走行最高時速:135km/h
  • トランスミッション:電気式無段変速機
  • 燃費:37キロ(ハイブリッド)
  • 乗車定員:4名
  • 価格:320万~390万円

スポンサードリンク