オデッセイハイブリッド2016モデルは「買い」か?購入の決め手とは

新型オデッセイハイブリッド2016年モデル購入の決め手とは

 

4万円の春(張る)財布を買おうか悩むほどの管理人が(笑)、一括購入を目論(もくろ)んでいる今買いたいクルマは、

ピッタリ「400万円」のオデッセイ HYBRID ABSOLUTEホンダセンシング EXパッケージです。^^

本日は、欲しいクルマへの購入意欲を刺激するため、「オデッセイハイブリッド」のメリット・デメリットを挙げ、

個人的な印象を交えながら、「購入に至るほどのものが備わっているのか?」を確認してみようと思います。


スポンサードリンク

 

 

オデッセイハイブリッドを購入へ至らしめる「メリット」

  • しっとりとした乗り心地
  • ノーマルより重厚な乗り心地
  • 速度60キロ以下はEV走行できる
  • 実燃費20キロ前後
  • 程よい車高(1700mm以下)
  • 最高出力184ps
  • 最大トルク32.1kgm
  • 大きすぎない2.0Lエンジン
  • 大袈裟でないエクステリア
「オデッセイの乗り心地はカタい」すごくよく目にします。かといって、ふわふわした乗り心地だと、酔う原因になるので、

オデッセイハイブリッド(ノーマル)の「しっとりした乗り心地」は、購入への第一歩です。

カタすぎず、やわらかすぎない「しっとり」という表現ができるのは、ポイント高いですね。

また、ハイブリッドの「EV走行」は、高い価格に見合う価値のあるポイント。EVの静粛さが60キロまで続くので、街乗りではつねに静かということ。

でも実際は、20キロから発電のためにエンジン回転を始めるので、EV&エンジンミックスの静粛性。

それでもエンジンオンリーに比べれば、とても静かです。

 

次に、エクステリアの高さに関して。アルファードより20センチ低いフォルムなので、セダンと変わらない目線で運転できます。

高いアイポイントは、見晴らしがよく運転しやすいと言われますが、人によっては腰高に感じ、スピードが出ると、地に足がつかない不安感のような感覚にとらわれます。

やはり、目線は低いほうが運転に集中できそうですね。

【動画】ホワイトのオデッセイハイブリッドは美しいです。^^

 

 

あとはエクステリアとも関連しますが、オデッセイハイブリッドは排気量もデザインも大袈裟でなくわざとらしくないので、受け入れやすい。

なのにパワフルなので、走りを楽しめるし、実用的なところに、購入する価値を大きく感じます。

 

オデッセイハイブリッドの購入を躊躇(ためら)う「デメリット」

  • アブソルートは乗り心地が固い
  • 17、18インチタイヤは不用(乗り心地が固くなる原因になる)
  • アブソルート以外のブラウンインパネは落ち着きすぎ
ハイブリッドのノーマルにくらべて、アブソルートはカタいようです。

タイヤも大径で偏平、専用のスポーツサスペンションもはいているだろうから、当然乗り心地の印象はカタくなるでしょうね。

カタいことは決して悪くないのですが、やはり人を乗せる場合を考えたら、しっとりした乗り心地を選びたくなります。

ということは、アブソルートは選択肢からハズレます。笑

ただ、インパネに関して、ぜったいアブソルートのブラック木目調のほうがクールなインテリアになるので、

アブソルートの乗り心地を試乗して、しっとりしていれば、迷わずアブソルートに決めるでしょう。笑

 

編集後記

人間は「欲」を備えられている生き物。あるのが当たり前の、その欲を抑え込んでいると、たちまち体調を崩しはじめます。笑

「無欲だけど、バリバリ働いてます!」って人を見たことがありませんよね。

欲があれば、日常に「やる気」が満ちる。元気でいられます。

高い買い物を目標に、毎日元気に過ごしましょう!笑

スポンサードリンク