日産ノートマイナーチェンジ2016「e-POWER」搭載

日産ノート電気自動車「レンジエクステンダーEV」を搭載し2016年秋発売

 

日産はノートに、エクストレイルやシーマのような「インテリジェント制御」でEV走行”多め”のハイブリッドを搭載するかと思いきや、

電気自動車(リーフやe-NV200のEV)に新しい駆動方式「レンジエクステンダー付EV」を採用したシリーズ方式ハイブリッドを発売します。(e-POWER)

国産車メーカーでは初の試みです。

気になる追加時期は、2016年11月2日発表・発売

価格予想は200万円前後~。他社のエンジン+モーター両駆動のハイブリッドよりもコストが抑えられるため、車両価格も安く設定できるようです。

このシステムはBMWi3に採用されている電気自動車ベースの仕組み。まだ全容は明らかになっていないのでユーザーもピンとこないでしょう。

でも発売時期が迫るころ、情報が拡散してきたとき、ユーザーの人たちがどんな反応や購入意欲を見せるのか楽しみです。^^


スポンサードリンク

 

 

レンジエクステンダー付きEV(e-POWER)の特徴

  • 新開発1.2Lエンジン+リチウムイオンバッテリー+モーター
  • ガソリンエンジンを電気発生メインで使う
  • 発生した電気でEV走行が可能
  • 航続距離を気にしなくていい
  • 今まで通りガソリンを補充しながらドライブが可能
  • 給電ステーションの渋滞がない
といった感じです。

仕組みを聞けば「あ~なるほどね」で終わりそうですけど、クルマ社会”全体”から見渡すと「画期的」ではないでしょうか。

 

ノートに搭載されるのは1.2Lエンジン

発電メインのエンジンは、小さい規模のものが一般的のようですが、これまでと同じエンジンを採用。

常に発電するには、大きめエンジンを搭載する必要がある、というわけです。

現行に改良を加えたマイナーチェンジのノートにEVシステムを載せるので、モーターやバッテリーを格納するスペースは限られます。

しかし「小容量バッテリー」を運転席・助手席下に搭載することで居住性を確保する予定です。燃費はアクアを上回る40キロ前後を予定しています。

これまで「EV」と言えば、航続距離・充電場所・充電時間の問題が浮かび、作る人もインフラの普及で悩むし、乗る人も購入に一歩踏み出せない面があったと思います。

しかし、ノート・レンジエクステンダーEVならそれらを解消。

あとは、「クルマの好み」の問題はまだ残りますが(笑)、そこは日産が、このシステムを他車種に派生してくれたら、それも解決です。^^

 

部品や生産拠点も一新して月10000台の生産計画

  • パナソニック製リチウムイオン電池採用
  • 全生産を九州から神奈川へ移管
  • 操業体制を昼夜全稼働に変更
となっています。

 

e-POWERの仕組み

ノート・新型セレナハイブリッド・次期ジュークに搭載され、もしかしたら次期マーチや次期キューブにも組み合わされる予定の日産e-POWER。

2016年11月にノートのマイナーチェンジで搭載される、そのEVシステムの情報が出ていました。

 

通常発進・走行時

バッテリー残量が充分なとき

メリット
  • 発電用エンジンを停止したまま、バッテリーからの電力だけで静かに力強く発進
システムの働き
  • バッテリーからの電力のみでモーターを駆動。アクセルの踏み始めから大きなトルクを発生するモータードライブならではの力強い発進
 

バッテリー残量が少ないとき

メリット
  • 車速に応じて発電用エンジンを効率よく制御。低燃費で静かな走りを実現
システムの働き
  • エンジンで発電した電力をバッテリーに充電しながら走行。効率よくエンジンを制御するため、優れた低燃費になる
  • 車速に応じてエンジン回転数を制御。そのため、エンジン音が気にならない静かな走りを楽しめる
 

急加速・登坂時

電力フル供給で走行(エンジンON)

メリット
  • エンジンで発電した電力も駆動モーターに直接供給。力強い走りを楽しめる
システムの働き
  • バッテリーからの電力に加えて、エンジンで発電した電力も直接モーターに供給。モーターの出力を高めて、力強い走りを実現
 

減速・降坂時

モータードライブ走行(エンジンOFF)

メリット
  • モーターで回生発電した電力をバッテリーに充電。回生時間を長くして発電量を高める
システムの働き
  • 減速時はエンジンを止めて、さらに回生発電した電力をバッテリーに充電。停車寸前まで回生が行われるため、減速エネルギーを無駄にしない
 

ノートハイブリッドの予想価格

他社のハイブリッド(エンジン+モーター駆動)の価格よりも安めの設定。

アクアを意識していて、

e-POWER S 179万円
e-POWER X 198万円
e-POWERメダリスト 221万円
e-POWERニスモ 224万円


の価格設定。

 

ノートe-POWER(ハイブリッドEV)の装備内容

e-POWER S

プリウスやアクアの燃費に対抗した燃費特化モデル(予想燃費38~40キロ)
  • インテリジェントキー+イモビライザー
  • フロントパワーウインドー(リア手動式)
  • エアコンレス
  • 後席中央ヘッドレストレス
  • スピーカーレス
  • リア固定式シート
  • ガソリンタンク容量35リットル

e-POWER X

Sの装備に加えて
  • オートランプ
  • UVカットガラス+リアプライバシーガラス
  • ウインカー付ドアミラー
  • リアワイパー
  • マップランプ
  • 専用ピアノブラックセンタークラスターフィニッシャー
  • オートエアコン
  • 2スピーカー
  • 運転席シートリフタ―
  • メッキインナードアハンドル+アシストグリップ
  • ドアポケット
  • 後席中央ヘッドレスト追加
  • 後席パワーウィンドー追加
  • リア可倒式シート
  • ガソリンタンク容量41リットル

e-POWERメダリスト

Xの装備に加えて
  • 15インチアルミ
  • LEDヘッドランプ+フォグランプ
  • ヒーター付ドアミラー
  • 本革巻ステアリング
  • 運転席+助手席アームレスト
  • 専用ジャガードシート表皮+ドアトリム
  • 専用ブラウンフィニッシャー
  • シートパックポケット
  • ラゲッジランプ

e-POWERニスモ

Xグレードの装備に加えて
  • ニスモVCMチューニング
  • 専用ニスモエアロキット追加
  • 専用ニスモインテリア
 

小型ハイブリッド市場の開拓を急ぐ日産

アクアやフィットといった「ハイブリッド搭載」コンパクトカー市場は、すでに賑(にぎ)わってます。

この市場は、コンビニや回転寿司の店舗乱立くらいの激戦区です。そこに目新しい機能で乗り込むのが、日産ノート。

ここで勝っていくには、ノートのEV化だけでは苦戦する可能性があります。

マーチにEVは、車格が小さすぎるとしても、せめてみんな待っている「キューブ」をどうにかしてほしいですね。笑

キューブは2017年10月、フルモデルチェンジ予定ではありますが。

キューブとレンジエクステンダーEVは、相性いいんじゃないでしょうか。

あの高い居住性に、環境性能と静粛性があれば、若い人の購入意欲も動かせると思います。^^

 

編集後記

エクステリアが気になると思います。電気自動車扱いなので、リーフやe-NV200に似たエクステリアを採用します。楽しみですね。^^

スポンサードリンク