Read Article

バレーノ新型2016「スイフトより大きく車内広々」

インド、東南アジアで先に発売されたバレーノ(コンセプト名 i-K2)。

「日本発売はあるのか?」と言われながらも、2016年3月に、日本にも導入される予定です。

キャッチフレーズは「力強くて美しい、新コンパクトハッチバック」

すでにスズキ販売のイベントに展示されている模様ですね。

 

スポンサードリンク

 

新開発1.0L「ブースタージェットエンジン」搭載

ブースタージェットエンジンとは、つまりターボエンジンのこと。

もちろん、燃費性能やパワー、トルクを向上させた、これまでにない性能の直噴ターボです。

次期スイフト&スイフトスポーツには、ブースタージェット1.2L&1.4Lが載せられる予定となっています。

 

ちなみに、バレーノは海外モーターショーで2016年2月、バレーノ「RS」を展示しました。

このモデルにブースタージェットエンジンが搭載されています。

海外では、ノーマルモデルとして1.2Lガソリンエンジン、1.3Lガソリンエンジンが発売中。

つまり、日本で発売されるバレーノは、海外でいうブースタージェットエンジン搭載の「RS」モデルか?ということになります。^^

 

バレーノは「スイフト後継か?」とも噂されていました

実はまったく「別の」世界戦略コンパクトハッチだったのですが、スイフトよりサイズがひと回り大きいのが特徴です。

バレーノ
全長:3995mm
全幅:1745mm
全高:1470mm
スイフト
全長:3850mm
全幅:1695mm
全高:1510mm

スズキのラインナップには、大きいサイズのクルマとして、セダンも用意されてます。

でも、エクステリアに魅力がありません。売れ行きもイマイチ。

だから、売れ筋のハッチバック・スイフトのようなモデルで巻き返します。^^

 

またスズキは、現在、軽自動車だけでなく乗用車のラインナップに力が入っていますね

これは、ライバル・ダイハツが、トヨタの完全子会社になって規模が拡大したことも影響しています。

スズキも軽自動車メインで展開していたのでは、たち打ちできない状態になるためです。

そこで、グローバル展開したモデルを逆輸入して、日本市場の様子を伺(うかが)い、新型車の投入を日本に広げていく戦略です。

2017年現在。

トヨタはスズキも傘下に誘っている情報が出ましたね。そのうち吸収されそうです。

 

編集後記

メーカーが日本市場を満足させるには、これから、かなり試行錯誤が必要とされます。

そもそも若者が「クルマ離れ」したのではなく

若いころからクルマ好きの年代が持つ価値観「高級車を所有する醍醐味」

が、下の世代には

  • 経済的
  • 感覚的

に通用しないからだと思います。

楽天
Return Top