Read Article

フリードスパイク名称変更フリードプラスへ

やっと、フリード

  • 2016年9月16日発売(2016年9月15日発表)
  • 予約受付は8月5日開始(初期予約でも納期は11月以降)

次期フリードの情報をまとめると

  • キープコンセプト
  • 室内空間の充実
  • 1.5Lガソリン&ハイブリッド搭載

となってます。^^

 

スポンサードリンク

 

新型フリード(2WD・FF・3列シート)の価格&グレード

ガソリン

燃費:19.0km/L

B
188万円(6人乗り)G
198万円(6人乗り)
200万円(7人乗り)G Honda SENSING
214万3200円(6人乗り)
216万4800円(7人乗り)

 

ハイブリット

HYBRID B/EX燃費:27.2km/L
HYBRID G燃費:26.6km/L

HYBRID B
225万6000円(6人乗り)HYBRID G Honda SENSING
249万6000円(6人乗り)
251万7600円(7人乗り)HYBRID EX
265万6000円(6人乗り)

 

新型フリード(4WD・3列シート)の価格&グレード

ガソリン

B
209万6000円G
221万2200円G ホンダセンシング
233万2200円

 

ハイブリッド

HYBRID B
247万2000円HYBRID G Honda SENSING
272万8200円(EXは2WDのみ設定)

 

スパイクはフリードプラスへ名称変更/エアロモデル・スパーダ設定

  • スパイクをフリード+(プラス)に名称変更
  • Gエアロモデルをスパーダの名称でデビュー

次期フリードのデザインはキープコンセプト。

シエンタの人気や売上に追いつけるように、大きなチャレンジはしない方向性。

同じ路線のフリードも大幅な変更はリスクをともないます。

スズキソリオのように、使い勝手のいいモデルとしてデビュー。

魅力は

  • ボディカラー
  • インテリアの質
  • ユーザーの目をひく新色
  • 使い勝手のよい室内

など、これまでになかったものを採用。

ボディサイズは変わらなくとも、

  • 室内長や室内高を延長
  • より広さを感じる空間

に仕上がります。

また質感も上がり、インテリアの機能は向上。使い勝手もよくなります。

 

居住性や質感・使い勝手を向上。快適な室内空間へ

逆に、大きな変更をできるのはインテリア。

ちょうどいいをうりにして8年以上現状で売れてきたフリード。

その魅力に改良を加え進化させれば、フリード・ユーザーの心は弾むでしょう。^^

 

“ターボ中止”ガソリンモデルとハイブリッドで勝負

そのシエンタに対抗できるモデルにするため時間をかけて開発。

  • フリードハイブリッド:27.2km/L
  • フリードガソリン:19.0km/L

の燃費性能に向上させます。

ちなみに、ガソリン・ハイブリッドともに2WD・4WDを設定。

シエンタが先にフルモデルチェンジ(2015年7月)して好評。

ホンダの1.0Lターボモデルは勢いをなくし、HVの見直しも余儀なくされました。

シエンタやソリオのハイブリッドが市場に受け入れられ、

ホンダの販売現場からは「ターボはいらない。ハイブリッド」との声も上がり、ターボ搭載も中止。

また、ステップワゴンの1.5Lターボもイマイチの売れ行き。

「i-VTEC」と次世代「i-DCDハイブリッド」でフリード・ユーザーをきっと納得させるでしょう。

2016年は再出発の年。新型フリードが市場を盛り上げてくれるのを楽しみにしています。^^

 

編集後記

いま巷で人気なのは、カスタムやコンプリートモデル。

  • ホンダ「モデューロ」「無限」
  • トヨタ「G’s」
  • 日産「NISMO」

などを求めるユーザーも多いです。

近所のカフェオーナーは、セカンドカー・サイドカーでアクアやプリウスの「G’s」に乗ってたりします。笑

新型フリードにはまず、エアロモデル・スパーダが設定され、ユーザーを興奮の渦に巻き込むでしょう。

ゆくゆくは、新型フリード・モデューロ&無限で、より個性を押し出せるカスタムを期待しています。

楽天
Return Top