Read Article

マツダ新車発売情報2016

2013年から始まったマツダの構造改革ステージ1は、2016年前期で終了。日常で感じるようにマツダのブランド力は向上し、ラインナップも充実。

現在(2016年夏)は、第2ステージ(2017年前期)へ向けて、さらにブランド価値の向上・質的成長を目指す期間となっています。

夏から秋にかけて現行モデルに改良を加え、年末から2017年にかけて新型の導入を始めます。

それでは、マツダの新車発売情報2016をまとめます。

2016年2月29日 Yahoo!ニュースでも報じられた通り、マツダは2017年にも「ミニバン」事業から撤退し、SUV生産に注力することが発表されました。

 

スポンサードリンク

 

アクセラ(7月14日 ビッグマイナーチェンジ)

  • 内外装デザインの変更
  • グリルのメッキ化
  • グレードやボディカラー設定の変更
  • ヘッドアップディスプレイの赤色化
  • 装備を充実
  • LEDヘッドランプの標準装備
  • フォグランプの標準装備車を設定
  • 足回りのコーナリング性能アップ
  • 1.5Lディーゼルターボを追加(2.0Lスポーツからの変更)
  • エンジンのラインナップ(1.5L NAガソリン)(1.5L&2.0Lディーゼルターボ)(2.0Lハイブリッド)
  • 価格の見直し
新アクセラの価格
15C 176万400円
15S 192万2400円
15Sプロアクティブ 213万8400円
15Sプロアクティブ(4WD) 235万9800円
15XD 230万3640円
15XDプロアクティブ 243万円
15XDプロアクティブ Lパッケージ  265万9200円
DT2200 278万1000円
DT2200(4WD) 302万4000円

 

アテンザ(8月11日 マイナーチェンジ)

  • フロントグリル、ヘッドランプのデザイン変更
  • シート素材を変更し座り心地を向上(レザーパッケージのシートをホワイト系高級素材へ)
  • 安全装備を充実し検知機能を向上(レーザー方式からカメラ方式へ)
  • 次世代SKYACTIVを搭載

 

デミオ(11月17日発売 マイナーチェンジ)

  • 「Gベクタリングコントロール」技術を採用
  • ステアリングホイールの操作性向上
  • アクティブドライビングディスプレイの視認性向上
  • マルチインフォメーションディスプレイのフルカラー化
  • グレードやボディカラー設定の変更

特別仕様車
デミオ特別仕様車2016「テーラードブラウン」2016年11月17日発売

 

CX-3(11月24日 マイナーチェンジ)

  • ステアリングホイールの操作性向上
  • アクティブドライビングディスプレイの視認性向上
  • マルチインフォメーションディスプレイのフルカラー化
  • ブラック内装&LEDダウンライト採用
  • グリルのメッキ化
  • グレードやボディカラー設定の変更

特別仕様車
CX-3特別仕様車2016「XDノーブルブラウン」2016年11年24日発売

 

ロードスターRF(年末 追加)

  • 「RF」は「リトラクタブルファストバック」(「RHT」は「リトラクタブルハードトップ」)
  • 走行中でもスピーディな開閉が可能なハードトップ
  • 名称を変更して登場
  • この2.0Lエンジンは、北米・欧州仕様で非常に評判がいい「SKYACTIV-G 2.0」
  • オープンカーの醍醐味を存分に味わえるスペック
ロードスターRFの予想スペック
全長 3915mm
全幅 1735mm
全高 1250mm
エンジン 直列4気筒DOHC 1998cc
最高出力 155ps/6000rpm
最大トルク 20.5kgm/4600rpm
ミッション 6MT
燃費 13キロ
価格 300万円

 

楽天
Return Top