シャトルハイブリッド特別仕様車2015X&Zスタイルエディション発売

ホンダシャトルハイブリッドX&Z特別仕様車スタイルエディションを発売

 

ホンダから、2015年上質に進化を遂げたコンパクトステーションワゴン・シャトル特別仕様車「スタイルエディション」を設定

ハイブリッドXとZグレードに、ETCやスポーツペダルなどを標準装備させ、内外装の質をさらに向上させています。

2015年12月18日に発売


スポンサードリンク

 

 

ハイブリッド「X」「Z」特別仕様車スタイルエディションの価格

HYBRID X 特別仕様車スタイルエディション
219万円(FF)
238万4400円(4WD)

HYBRID Z 特別仕様車スタイルエディション
239万円(FF)
255万2000円(4WD)

価格はノーマルのおよそ1万円高です。装備数を考えると妥当ですね。^^

主にカップルに人気のようなので、「クリスマスエディション」とも言えそうです。笑

 

ハイブリッド「X」「Z」特別仕様車スタイルエディションの特別装備

HYBRID X 特別仕様車スタイルエディション

(HYBRID Xの装備に加えて)
・フォグライト
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器

HYBRID Z 特別仕様車スタイルエディション

(HYBRID Zの装備に加えて)
・本革巻きステアリングホイール
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器
・トノカバー ※荷室のフタ

季節を問わず、ロングドライブをすると、地元とは気候の変化が違います。

急な濃霧の発生や降雪などに見舞われると、前方の視界は遮(さえぎ)られ、非常に運転しにくい状況になりますね。

もたもたして同乗者から不満が出る、なんてことも考えられますので(笑)、フォグランプはあると便利です。

ステンレス製スポーツペダルは、自己満足ですが、クルマが好きな人にとっては、運転時のテンションにも影響しそうですね!^^

更に、ETC車載器、トノカバーなど、年末の有料道路を使ったお出かけにETCは必須ですし、

トノカバーは、年末年始の”ちょっと多めの買い物で荷室が埋まってしまったときに、

ドライバーの後方視界確保&「後続車から買い物袋が丸見え」という恥ずかしい状況から守ってくれます!笑

 

ハイブリッド「X」「Z」特別仕様車スタイルエディションの設定カラー

ボディカラー

・ホワイトオーキッドパール
・アラバスタシルバーメタリック
・クリスタルブラックパール
・ティンテッドシルバーメタリック
・ミラノレッド
・ミッドナイトブルービームメタリック
・ミスティックガーネットパール

インテリアカラー

HYBRID Xスタイルエディション
ブラック&アイボリー

特別仕様車 スタイルエディション シャトル Honda

HYBRID Zスタイルエディション
クラッシーブラック&リゾーターブラウン

特別仕様車 スタイルエディション シャトル Honda2

引用元:http://www.honda.co.jp/

 

編集後記

特別仕様車の定義や、特別装備の数は決まってませんが、上記装備品数で「特別」をうたえるのは、年末だからでしょうか?

無理矢理、「話題を呼ぶためにちょっと装備を追加してみました」という風に見えるのは、管理人だけではないハズ…笑

商売ってのは、大変です。^^;

スポンサードリンク