ハスラー「色が豊富で20代の若者にも人気の軽SUV」

 

スズキハスラーは、軽自動車とSUVをクロスオーバー(融合)させた新しい価値を提供する軽自動車。

車体にワゴンRを採用しており、自由な室内空間が魅力。

カラフルなボディカラーを揃え、個性を演出したいというユーザーのこだわりに応えてくれる一台です。^^

追加情報

ハスラーJスタイルが2016年1月マイナーチェンジ


スポンサードリンク

 

 

新型ハスラー発売日 2014年1月8日

ハスラーはワゴンRをベースに作られているので、室内のスペースや使い勝手はワゴンRと共通しています。

名前のHUSTLERの意味は、直訳でやり手・テキパキと物事をこなす敏腕家といった人を指す名詞のようですね。

ハスラーは仕事に遊びにアクティブになる人をイメージさせる名前。その思いが、ぱっと見、奇抜なデザインや配色にも表れています。

ハスラーに付いた、正式のキャッチフレーズも遊べる軽です。^^

 

ハスラーはスズキ開発陣の努力の結晶

なのにSUVの要素を備えたハスラー。スズキの軽戦略に対する意気込みも感じられますね!^^

この車の開発は、スズキの代表取締役会長の鈴木修氏が現場の顧客から「keiをどうして無くしたのか?」と問われたことから始まります。

それを聞いた開発陣は、keiの後継になる車を生みだすために、アウトドアを楽しめる車の研究を開始しました。

アウトドア志向の人の車の使い方を調べるために、実際に現場まで足を運び、軽自動車をフルで活用している人にとって

不便な機能・追加したい機能など、リアルな感想を直接聞いてまわり、それらの意見を汲み上げてハスラーを開発していきました。

関連記事

ルナブライトLEDルームランプキットでスズキハスラー車内に輝きを!

そんなスズキの情熱が詰まったハスラーの概要を以下に書いていきます。

 

スズキハスラーの機能

燃費は32km/L(X・G 2WD CVT車、2015年8月現在)

ワゴンRからの車体形状変更・重量増加を考えると大幅な燃費低下があるくらいなのに、ワゴンRの33km/Lからほんの1km/Lしか低下していません。(2015年8月現在)

 

スズキハスラーのボディカラー

Aグレードは「5色」

  • クールカーキパールメタリック
  • アーバンブラウンパールメタリック
  • スチールシルバーメタリック
  • パールホワイト
  • ブルーイッシュパール3
 

G/Xグレードは「11色」

2トーンルーフ

  • パッションオレンジ × ホワイト
  • サマーブルーメタリック × ホワイト
  • キャンディピンクメタリック × ホワイト
  • フェニックスレッドパール × ブラック
  • クリスタルホワイトパール × ブラック
プラス、Aグレードと同じ5色です。

 

ハスラーのデザインへのこだわりはスチールホイール

165/60R15 大径ホイールに用意されているのは、アルミホイールだけではなく、こだわりあるホワイトとブラックの2色の純正スチールホイールです。^^

このスチールホイールは、「SUVのデザインをさらに際立たせてくれる仕上がり」になっています。

 

スズキハスラーのお買い得グレードは?

「Gグレードを基準に選ぶとお買い得感が上がる」うです。^^

 

編集後記

スズキハスラーは、アウトドア派の方には小型で扱いやすく、取り回しの良い車ですね。^^

個人的なボディカラーへの感想を言えば、販売メインカラーのオレンジを、おしとやかな女性がかっこよく乗りこなして、

赤、ピンクを、アクティブな男性がちょっと小粋に、さりげなく乗っているとお洒落だな~!と思いました。^^

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク