日産リーフマイナーチェンジ2015「280km走行可能に」

日産リーフマイナーチェンジで280km走行可能に!2015年12月24日発売開始

 

東京モーターショーにも出展した電気自動車リーフ

2015年12月24日、クリスマスイブにマイナーチェンジと発表されました。

現行の24kWh(航続距離228km)に加え、30kWhバッテリーの新モデルを追加し、航続距離を280km(JC08モード)まで伸ばしています。


スポンサードリンク

 

 

リーフに安全先進機能を標準搭載

・自動ブレーキ(エマージェンシーブレーキ)
・車線逸脱警報(LDW)

上記を全車に標準装備です。

また、運転中にナビを扱う危険への安全性をより高めるために、

・ドライビング中に周辺の充電スポットを自動更新するナビの機能
・直感的にナビ操作できるフィンガージェスチャー機能

などを採用しています。

これらの小さな積み上げが、いつか来る自動運転車の供給に寄与していくことでしょう。

そのうちクルマの運転は、乗車したらタブレット端末から目的地への指示を出し、指先の入力以外は全自動(運転)の時代がやってくるのでしょうね。^^

 

リーフの新価格

24kWh

280万3680円~362万4480円
(CEV補助金 最大27万)

30kWh

319万7880円~401万8680円
(CEV補助金 最大51万)

補助金を適用した場合

24kWh 246万円~
30kWh 261万円~

購入できる計算になります。

バッテリー耐久性は、8年16万kmまでの容量保証を実現しています。

 

EV・PHEVの普及は、懐に余裕のある新しいモノ好きな人から進んでいますが、まだまだ少数派。

2010年発売開始から、累計20万台です。世界で一番売れている電気自動車ですが、

「100%電気」に魅力は感じるものの、まだ、ガソリン車のほうが充填の面などで利便性に富んでいるように感じます。

しかし、充電の問題がクリアできる環境であれば、価格は手の届く範囲です。

急速充電なら、約30分で80%充電可能

高速をよく利用しての移動が多いなど、リーフをフル活用できる環境にあれば、試してみたいクルマです。^^

静かだろうな~♪

 

新容量30kWhバッテリーを搭載!スペースは変わらず

新しい30kWhバッテリーのサイズは、従来の24kWhバッテリーと同じサイズ。

同じ箱に、高い容量を含むことのできる材料を使用し、リチウムイオン性能を高め、実現しています。

これにより、「高容量だから室内スペースをカットしなければならない」という損失がなくなりました。

 

改良新型リーフの新ボディカラー

タンジェリンオレンジ
ソニックブルー

を新色として追加し、全9色

イメージカラーもタンジェリンオレンジになりました。

この2色では、ルーフとドアミラーをブラックアウトした2トーンカラーを設定。

スポーティなエクステリアになり、垢抜けた印象で街中を颯爽と走り抜けるよろこびを味わえます。

 

加速フィールが気持ちいいエアロスタイル

また、今回のマイナーチェンジではエアロスタイルに、ファインレスポンスVCMを採用。

スポーティな外観に加え、走行性能を制御する機能を持つVCMが、アクセルワーク時のレスポンスを向上させ、よりダイレクトな加速性能に仕上がっています。

そして、エアロスタイルにはインテリアにも専用オプションが用意され、コントラストがオシャレ感抜群のホワイトレザーシートを追加設定しました。

 

編集後記

エクステリアも走りも、内装も充実したリーフなら、ドライブのわくわくがかなり増えますね!^^

スポンサードリンク