ホンダ新型FCVクラリティフューエルセル2016発売

ホンダ新型FCVクラリティフューエルセルが2016年3月リース販売開始

 

ホンダは東京モーターショー2015に出展した燃料電池車「クラリティ フューエル セル」を、2016年3月にリース販売開始すると発表しました。

クラリティ フューエル セルは、FCV機構をボンネット内に収めることに成功し、ガソリン車並みの居住性を持ちました。

そこに燃料電池車(FCV)の良さを融合した、新型のFCVです。


スポンサードリンク

 

 

クラリティフューエルセルの価格や燃費

価格 766万円(税込)
JC08モード燃費 700km/L以上
(1回の水素充填時間 3分程度)

全長 4895mm
全幅 1875mm
全高 1475mm

少量生産から開始し、FCV普及に協力してきた自治体や法人向けにリース販売スタート。
(水素ステーションの設置などですね)

その後、生産を開発しつつ個人向け販売を始める模様。

よほどの必要性や理由がない限り、庶民にはまだ関係のない話ですね。笑

ホンダのFCVは上記した通り、エンジンなどのパワートレーンをフロントに収められるので、他車種展開も可能になります。

例えばミニバンのオデッセイに搭載するなどし、現ハイブリッドのように一般家庭に普及する日は来るかもしれません。

しかし、これからしばらくはPHEV(電気自動車)がHV(ハイブリッド)の時代に重なりながら、

FCVはその先で徐々に普及していく(もしくは全てのいい部分を組み合わせる)形になりそうですね。

 

クラリティフューエルセルの走行性能

130kWの高出力モーターのパワーと、変速機を持たないため、発進から最高速度までなめらかに加速します。

「スーーーッ」と静かなまま、かなり加速していくんでしょうね。

さらに、ドライバーが感じるのは、アクセルを踏み込んだだけスピードが上がっていく感覚。(ダイレクトレスポンス)

そして、静粛さを兼ね備えていますから、これはかなり爽快なドライブフィールです!^^

またクラリティフューエルセルには、ホンダらしく

・走りと燃費を両立した「Normalモード」
・加速とレスポンスを重視した「Sportモード」

を設定しています。

 

走る電源となりうるクラリティフューエルセル

外部給電器「パワーエクスポーター9000」を使用することにより、クラリティフューエルセルが持つ電力を外部に供給することが可能になります。

一般家庭の約7日分の電力を供給可能

パワーエクスポーター9000は、クラリティフューエルセルと同時発売されます。

これらにより、災害時などは、走る電源として、クルマが作る電力をコミユニティに提供できるようになります。

 

編集後記

いま話題の自動運転技術とFCVが組合わさることによって、クルマが迎えに来てくれるクリーンな未来都市を想像してしまいます。

クルマはすべて、「所有」(自家用)から、「利用」(インフラ)に特化する社会に向かっていってるように感じます。

でもそれでは、自動車メーカーがほとんどつぶれちゃうか、、。

これから、そのような点も含めて、クルマ社会がどこまで変化していくのか楽しみです。^^

スポンサードリンク