アクア2015マイナーチェンジ「衝突回避性能セーフティセンスC標準装備」

2015年販売首位!アクアがマイナーチェンジで衝突回避性能を標準装備

 

トヨタの1.5Lハイブリッド・アクアが、商品価値を高めるべく一部改良を行っています。

衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスC」をGグレード、X-URBANに標準装備(S、Lグレードにはオプション設定)

また、G、Sグレードには、運転席・助手席シートバックに買い物フックを設定

よりタウンユースの快適性を向上しています。


スポンサードリンク

 

 

アクアの価格

L

176万1382円

S

188万7055円

G

200万7818円

G「ブラックソフトレザーセレクション」

209万291円

X-URBAN

210万109円

特別仕様車X-URBAN Solid(ソリッド)

215万5091円

 

アクア「セーフティセンスC」の安全性能

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ)

衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポートします。

衝突が予測された場合に、約15~140km/hの車速域で警報を鳴らし、回避操作を促します。

そのとき、約30~80km/hの速度域でブレーキを踏んだ場合は、強力なブレーキアシストが入ります。(コレ、ハンドルきっちゃったら逆に危ない気もしますが…^^;)

また、ブレーキを踏めなかった場合は、約10~80km/hの車速域で自動ブレーキが作動し、30km/h減速してくれます。

雨天走行時は、機能が作動しても制動距離や停止の有無に差が出ます。

雨天時に急ブレーキをかけると、雨の上にタイヤが乗って、スリップどころか

下手をすると氷上を滑るようにクルマごとツルツル持ってかれちゃうので、気をつけましょう!(経験談。苦笑)

レーンディパーチャーアラート

車線逸脱による事故を未然に回避します。

白線や黄線をセンサーで認識しており、ドライバーがウィンカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合に、

ブザー&ディスプレイ表示で警報を発してくれます。

認識能力は、幅3m以上の車線で自車速度50km/h以上で走行時に作動

また、車線が切れ切れだったりすると、認識しないそうです。道路状況や天候状態にもよりますね。

機能を過信しないことです。

オートマチックハイビーム

夜間の歩行者や対向車などの視認性を高めます。

自車速度30km/hで作動

ハイビームで走行可能と判断した場合にハイビームに切り替わり、

先行車や対向車のランプや街路灯などを検出すると、自動でロービームに切り替わります。

しかし、切り替え制御には限界があり、道路状況や天候状態によっては作動しない場合があるので、手動での切り替えも必要になります。

 

シャイニーデコレーション専用の新ボディカラーを設定

シャイニーデコレーションとは、メーカーオプションで

・ドアミラー
・ドアハンドル
・バックドアガーニッシュ

がメッキ仕様になるオプションです。全ボディカラーにオプションで加えられます。

 

そして、シャイニーデコレーションが初めから設定される専用ボディカラーも存在。

これは、チェリーパールクリスタルシャインという、明るく可愛らしいピンク色です。

今回のマイナーチェンジでは、これに加え「パープルメタリック」が新設定されました。

パープルメタリックは、薄い紫…というより、水色に近いパープルです。

アクアマイナーチェンジパープルメタリック
引用元:http://clicccar.com/

なかなかいい色ですね^^

メッキ装飾と相性がいいですよ!

 

編集後記

アクアを今日帰りがけにも見かけたんですが、コンパクトで可愛く、ハイブリッドでエンジン音もしないので、なんか良かったな~。

エクステリアは、プジョー208を日本風な造りに仕上げたような魅力に満ちてますね。

いつもオデッセイがいいと言ってますが、ひとりで乗るならアクアがいいですね!笑

スポンサードリンク