自動運転技術とは?2020年までに実現?

2020年までに実現!?自動運転技術とは?

 

現在、目に見えて開発を進めているのは、トヨタ・日産・ホンダ・スバルです。

自動運転技術とは、人工知能がハンドルやアクセル、ブレーキに信号を出して、

本来ドライバーがする認知・判断・操作といった運転を、自動的に行い最適化するもの。

その目的は、「人為的ミス」による交通上のリスクを世の中から減少、またゼロにしようとするものです。

各メーカー、どれほど開発が進んでいるのでしょうか。


スポンサードリンク

 

 

トヨタは2020年までに自動運転技術車を市販!?

トヨタは、開発中の自動運転実験車「ハイウェイチームメイト」により、首都高デモンストレーションを行い、

合流・車線維持・レーンチェンジといった高度な操作を自動運転で実現しています。

しかし、クルマのセンサーによる認識で危険を察知し、避ける技術には限界があるため、

道路や車間で情報を共有して、センサーの限界を補う「ITSコネクト」(高度道路交通システム)を導入し役立てる計画です。

2020年までには、高速での車線変更や追い越しを自動化する高度な技術を実現するのが目標です。

 

日産は2018年に実現!?ITSコネクトも導入する?

日産は、リーフを改造した実験車で、信号や歩行者を検知しながら、一般道を50km/h走行で巡航する運転技術を実現しています。

例えば、左折時には横断中の歩行者を感知するとディスプレイに赤枠表示し停止を維持します。

歩行者がいないと判断すると動き出そうとしますが、後続の歩行者(急いで渡ったりする人)を検知すると再び止まります。

このように人間の運転とほぼ変わらない感覚で、一般道でも自動運転が可能になってきています。

しかし、右折時の場合、対向レーンの右折車に対向車が隠れて見えない場合だと検知が遅れる、などの課題は残っているようです。

 

それでも技術力の日産は、2018年までに高速での車線変更を実現し、

2020年には信号機のある一般道でも車線変更をできるようにする、圧倒的な進歩の速さを見せる計画のようです。

CMからも感じる勢いがありますね。

 

【動画】一般道を自動運転技術車で走行

 

また、クルマの技術だけだと判断の限界があるため、

トヨタのようなITSコネクトの導入を自社でやるのか、協力するのか?という課題も残っています。

 

他自動車メーカー各社の自動運転技術への動向

ホンダは、ホンダセンシングというパッケージで、

自動ブレーキや前走車と一定の距離をおく自動走行、車線からはみ出さないシステムを搭載した新型車を、2015年から発売し始めたところです。

2020年までの目標は、高速道路での車線自動変更としています。

一方スバルは、他社に比べて高機能なステレオカメラを備えたアイサイトにより、

人やクルマを人間の目のように感知し止まる自動ブレーキ技術に始まり、

全車速で前走車に一定速度でついていくクルーズコントロールやレーンをはみ出さないといった技術を実現しています。

 

編集後記

自動運転技術の行く先は、例えば自動の自家用タクシーを持ち、運転免許がなくても自分の思うままに、

目的地まで安全に到達することができる、未来の理想です。

それが5年後の2020年までに実現するのでしょうか。早すぎない?笑

しかし、まだ課題はたくさんあるようですので、自動運転技術は、東京オリンピックのイベント的扱いで

一旦落ち着いて、ゆっくりと社会の必要な箇所に広げていってほしいですね。

スポンサードリンク