トヨタITSコネクトとは?

トヨタITSコネクトとは?

 

新型クラウンに世界初搭載され、新型プリウスと他1車種に、今後、搭載される予定の

クルマとインフラ(道路や信号など公共交通・構造)相互に通信を行う、安全運転支援システムです。

クルマ側では、トヨタセーフティセンスPのオプションとして設定しています。

ITSコネクトシステムを利用して、交通事故『ゼロ』社会を目指すのがトヨタ、また全自動車メーカーの目標

まずは、事故が多発する交差点から試験的に始めていくと言います。


スポンサードリンク

 

 

ITSコネクトとは?

高度道路交通システム(Intelligent Transport Systems)のこと。

このシステム専用の周波数(760MHz)を利用して、レーダーやカメラよりも高度で先進の協調型運転支援システムを行ってくれます。

・車と車、車と路(みち)の間で通信し情報を共有する
・車のセンサーでは捉えきれない位置の危険情報を伝える
・車と車で通信して高精度のクルーズコントロールが可能

これらを行えるシステムが、ITSコネクトの役割となります。

詳しく見ていきます。

 

路車間通信システム(ドライビングセーフティサポートシステム)

右折時注意喚起

交差点(信号機)に設置されている感知器と車両で情報を共有

右折待ち(停車)のクルマが、対向車や横断歩行中の歩行者がいるにも関わらず、

ブレーキペダルから足を離して発進しようとした際など、「見落とし」の可能性がある場合に、

専用の車内ディスプレイに表示とブザー音を用いて注意を促します。

※対向車&歩行者を検知する交差点、対向車のみを検知する交差点とがあります。

つまり、交通量の検知器付き信号機と似たような、その高度な仕組みが路車間通信システムという訳ですね。(ちょっと違うか、、?笑)

赤信号注意喚起

赤信号の交差点に近づいても、アクセルペダルを踏み続けて、ドライバーの赤信号「見落とし」の可能性がある場合、

ディスプレイに表示とブザー音で注意を促します。

信号待ち発信準備案内

赤信号で停車した際に、赤信号の「待ち時間の目安」をディスプレイに表示します。

歩行時のスクランブル交差点によく設置してある、待ち時間の目安表示は便利ですよね。

それの交通バージョンで、人の心理にも好影響を与えます。

 

車車間通信システム(コネクトビークルサポートシステム)

通信利用型レーダークルーズコントロール

先行するクルマが、上記システム対応車両の場合、車車間通信によって取得した、先行車両の加減速情報に即対応し、

車間距離や速度の変動を抑えて、スムーズな追従走行を行います。

緊急車両存在通知

サイレンを鳴らしている緊急車両が周辺に存在する場合にブザー音が鳴り、

自分が乗っているクルマに対するおおよその「方向、距離、緊急車両の進行方向」をディスプレイに表示します。

※緊急車両存在通知に対応した救急車は、すでに名古屋・東京に配備が始まっている模様。

このシステムがあると助かりますね。

車内にいると、サイレンがどの方向から鳴ってるか判断しながら、クルマの運転にも気を使わないといけなくなり、焦りを生む原因になりかねませんから。

 

編集後記

路車間システムに対応している交差点は、2015年10月時点で、愛知県名古屋市・豊田市、東京都にあります。

交通事故ゼロを目指して、早く地方にも普及してほしいシステムですね。

地方でも、都市部で新車購入率の高い県は、試験的にでも、すでに高度道路交通システム(ITSコネクト)導入に動いているでしょうね。

スポンサードリンク