トヨタ新型ルーミー「コンパクトトールワゴン」2016年11月9日発売

トヨタ新型1.0Lターボミニバン2016年11月発売!bB後継モデル

 

トヨタからスズキソリオ対抗モデルとなる新型ルーミー/タンク2016年11月9日誕生。

実はコレ、パッソ(ブーン)の派生モデルで位置的に「bB・ラクティス後継モデル」

開発はダイハツが担当し、トヨタ・スバルにOEM供給。

各ブランドの車名は

・トヨタ店/カローラ店「ルーミー」
・トヨペット店/ネッツ店「タンク」
・ダイハツ「トール」
・スバル「ジャスティ」

関連記事

2016年8月ダイハツはトヨタの完全子会社になりましたね。

ライバル・スズキソリオが好調なので、ダイハツはトヨタの元でソリオに対抗するモデルを投入します。

シエンタは絶好調だし、新型ルーミー/タンクも人気モデルになるといいですね。


スポンサードリンク
 

 

ソリオ対抗「トヨタ新型コンパクトトールワゴン」新型ルーミー/タンク


新型ルーミー/タンク(bB・ラクティス統合後継)はソリオ対抗をうたう「背の高いボックス型タイプワゴン」です。

 
  • パッソの派生モデルとして発売されるbB・ラクティスの後継モデル
  • 背の高い2BOX型ミニバン
  • 2列シート/両側スライドドア採用5人乗り
  • パワーユニットは新開発3気筒1.0Lターボと1.0LNA搭載
  • ターボはFFのみ。NAはFF/4WD設定
  • スマートアシストⅡ標準装備
  • 燃費:ターボ21.8キロ/NA(FF)24.6キロ
  • 価格:145万円(NA)/176万円(ターボ)
  • 新型シエンタ同様、トヨタ全系列店扱い。スバル・ダイハツからも販売
  • トヨタブランドの車名は「ルーミー」
  • 全長3750mm/全幅1670mm/全高1740mm
  • ソリオより全長5mm短い/全幅45mm広い/全高5mm低い
 

エクステリア

トヨタ店/カローラ店「ルーミー」
%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc-%e5%a4%96%e8%a6%b3

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc-%e5%a4%96%e8%a6%b32

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc
引用元:http://toyota.jp/roomy/

トヨペット店/ネッツ店「タンク」
%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af-%e5%a4%96%e8%a6%b31

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af-%e5%a4%96%e8%a6%b32

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af-%e5%a4%96%e8%a6%b33
引用元:http://toyota.jp/tank/

 

新型ルーミー/タンクのスペック

  • 全長 3700mm
  • 全幅 1670mm
  • 全高 1740mm
  • ホイールベース 2500mm
エンジン
  • 1.0L直3気筒エンジン(NA)
  • 1.0L直3気筒ターボ(ターボ)
最高出力
  • 69ps/6,000rpm(NA)
  • 98ps(ターボ)
最大トルク
  • 9.4kgfm/4,400rpm(NA)
  • 14.3kgm(ターボ)
トランスミッション CVT

JC08モード燃費
  • 24.6km/L(NA)
  • 21.8km/L(ターボ)
 

新型ルーミー/タンクの価格

2WD

X
146万3400円(スバル・ジャスティのみ設定なし)

X”S”
152万8200円

G
162万円

G”S”
168万4800円

G-T
183万6000円

カスタムG
177万1200円

カスタムG”S”
196万5600円

カスタムG-T
196万5600円

4WD

X
162万6200円

X”S”
170万1000円

G
179万2800円

G”S”
185万7600円

カスタムG
194万4000円

カスタムG”S”
200万8800円

 

新型ルーミー/タンクのボディカラー

ルーミー(トヨタ)

モノトーン
  • ブリリアントカッパークリスタルマイカ
  • レーザーブルークリスタルシャイン
  • マゼンタベリーマイカメタリック
  • フレッシュグリーンメタリック
  • ファインブルーマイカメタリック
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ブラックマイカメタリック
  • ブライトシルバーメタリック
  • パールホワイトⅢ
2トーン
  • ブリリアントカッパークリスタルマイカ×ブラックマイカメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン×ブラックマイカメタリック
  • マゼンタベリーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック
  • フレッシュグリーンメタリック×ブライトシルバーメタリック
  • ファインブルーマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック
%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc4

タンク(トヨタ)

モノトーン
  • インペリアルゴールドクリスタルメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン
  • マゼンタベリーマイカメタリック
  • フレッシュグリーンメタリック
  • ファインブルーマイカメタリック
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ブラックマイカメタリック
  • ブライトシルバーメタリック
  • パールホワイトⅢ
2トーン
  • インペリアルゴールドクリスタルメタリック×ブラックマイカメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン×ブラックマイカメタリック
  • マゼンタベリーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック
  • フレッシュグリーンメタリック×ブライトシルバーメタリック
  • ファインブルーマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック
%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af5

 

新型ルーミー/タンクのコンセプト

スズキ・ソリオ対抗なので、幅は狭く・背(屋根)の高いデザイン。そして室内(長さ)が広い。

新型シエンタの姉妹車あつかいであれば、フロントグリル周りはキーンルックを採用し全体的に欧州的なデザインになるでしょう。

トヨタがシエンタのヒット要因を見過ごすはずなく、新型ルーミー/タンクには積極的にそれらを盛り込んでくるに違いありません。^^

 

トヨタ シエンタ
引用元:http://toyota.jp/sienta/

シエンタが大人気な要因は、「トレッキングシューズを模したイタリア車的デザイン」

特にバンパーガーニッシュ加飾は、ある意味、衝撃的でした(もう見慣れたけど)。

また、大人気車種アクアの要素をふんだんに採り入れたのがシエンタです。

 

bB(2016年7月29日生産終了)

bB
引用元:http://toyota.jp/

新型ルーミー/タンクはbB後継と言われています。bBは生産終了となり、その受け皿は今のところスペイドです。

雑誌などでは、シエンタやスペイド、同じく生産終了となるラクティスのデザインを採り入れた予想CGとなっています。

 

雑誌の予想図ではこういうデザインでした。
%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af
引用元:ベストカー11月10日号

 

ラクティス(2016年8月31日生産終了)
%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b9-2010%e5%b9%b4%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab
引用元:http://kakaku.com/

別の情報では、ルークスみたいなフロントマスクと言われていたので、同じメーカーで言えばスペイドを小さくしたスクエアデザインが一番近いかもしれませんね。

また、ソリオバンディットが似たデザインでもあります。

完成モデルには先進的なパーツ・機能・スペック・使い勝手をたくさん採用して欲しいです。^^

 

トヨタ スペイド
引用元:http://toyota.jp/

 

新型ルーミー/タンクのボディサイズ

ソリオ対抗モデルなので、サイズが似てくるであろうソリオと、bB・スペイドのボディサイズでと比較。

コンパクトトール2BOX
  • 全長3700mm
  • 全幅1670mm
  • 全高1740mm
ソリオ
  • 全長3710mm(室内長2515mm)
  • 全幅1625mm(室内幅1420mm)
  • 全高1745mm(室内高1360mm)
bB
  • 全長3795mm(室内長1935mm)
  • 全幅1690mm(室内幅1420mm)
  • 全高1635mm(室内高1330mm)
スペイド
  • 全長3995mm(室内長2160mm)
  • 全幅1695mm(室内幅1420mm)
  • 全高1720mm(室内高1380mm)
コンパクトトール2BOXは、bB・スペイドに比べて全長・全幅は小さくなっています。しかし、全高はbB・スペイドより高く、ソリオよりも全幅が広くなります。

クルマは高さと広さ(幅)で空間を感じますから、コンパクトトール2BOXは車名通り、ルーミーなモデルとなりそうです。^^

室内高は全高のわりに低いもののスペイドと2cmしか変わりません。このサイズで開発されるなら

新型ルーミー/タンクはソリオのように前席ヒンジドア+両側スライドドアで、背が高く室内長が最大の居住空間を備えたモデルになります。

 

ソリオ/ソリオバンディット
ソリオ 快適装備 スズキ

ソリオ バンディット インテリア スズキ2

ソリオ バンディット スタイリング スズキ
引用元:http://www.suzuki.co.jp/

 

コンパクトカー志向のマーケットに新たなラインナップを投入

トヨタは、商品のラインナップを再編する計画です。

2016年、RAV4・bB・iQ・イスト・ラクティス・カローラルミオン「生産中止」にする予定。

上記モデルたちは、現行新型車(シエンタ・プリウスなど)とくらべると「前時代的なコンセプト」となっています。

また、自動車マーケット(自動車市場)で求められ価値を持つのは、現在、コンパクトカーやSUV。いわゆる「流行」ですね。

また、流行を追うだけでなく、市場で求められている「価値」は「実用性」

その実用性には、取り扱いのしやすさや居住性が含まれています。

なので、新型ルーミー/タンクは、これからのトヨタ販売を支える未来の一台になるであろう「新型車」となります。

スポンサードリンク