ソリオハイブリッド「ストロングハイブリッド」2016年11月29日発売

%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%80%8c%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%80%8d20

 

スズキは、ソリオストロングハイブリッドを搭載して、2016年11月29日に発表・発売します。

価格帯は191万7000円~206万2800円。燃費32キロ。

現行からのエクステリア変更はなく、フルハイブリッド搭載グレードは

  • ソリオ HYBRID SX
  • ソリオ HYBRID SZ
  • ソリオバンディット HYBRID SV
1.2Lエンジンに1モーター+1クラッチ&5AGS(オートギヤシフト)の新開発システム(2WD/FFのみ)を設定。

ソリオはマイルドハイブリッドも売れ行き好調で、このジャンルでは2016年11月9日までオンリーワンの存在でした。

しかし、ダイハツ開発で車格が同じ新型ルーミー/タンク/トール/ジャスティが登場。

ソリオ・フルハイブリッド投入は、このライバルに打ち勝つラインナップの強化策です。

経済的なスズキのソリオを選ぶか、センスのいい外観のダイハツモデルを選ぶか…迷うところですね。^^;


スポンサードリンク
 

 

ソリオストロングハイブリッドのシステム

  • 新型スイフトRSにも搭載の1.2L 4気筒ストロングハイブリッドエンジン搭載
  • 高出力モーターを採用
高出力モーターは、大きな発電量を発揮でき、なおかつ全速度域でエンジンを駆動できる力があるので、発進から加速・走行とEV走行を使用できるようになります。

マイルドハイブリッドはエンジンをEVでアシストするシステム。ストロングハイブリッドになれば、EV走行も可能となります。
  • モーターアシスト+EVモードでモーターのみの走行が可能
  • 加速時はエンジン出力+モーター出力で力強い走りが可能
  • 2つの走行モード「通常モード」「ECOモード」あり
  • 走行モードは状況に応じて選択される
 

ソリオストロングハイブリッドの燃費

  • 燃費 32km/L
マイルドハイブリッドモデルの燃費が27.8km/L

 

ソリオストロングハイブリッドの価格

ソリオ HYBRID SX
191万7000円

ソリオ HYBRID SZ
206万2800円

ソリオバンディット HYBRID SV
204万6600円

%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%82%aa-%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88-%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%bb%e4%be%a1%e6%a0%bc-%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad
引用元:http://www.suzuki.co.jp/

 

AGS(オートギヤシフト)搭載について

ソリオストロングハイブリッドに搭載。CVTが全盛の時代、最先端のハイブリッドにあえてAGS(オートギヤシフト)を組み合わせるのはなぜでしょう。

それは、価格がAGS(オートギヤシフト)のほうが安く済むから。しかし、燃費はCVTより劣ります。

AGS(オートギヤシフト)とは?

5速マニュアルトランスミッション(5MT)をベースに、クラッチとシフト操作を自動化したシステム。

スズキではすでに軽トラのキャリイと新型アルトRSに採用されているトランスミッション。

メリット

  • AT限定免許で運転可能
  • マニュアル運転のようなダイレクトさ・伸びを味わえて楽しめる
  • 荷物満載での走行シーンを想定したシフト設定なのでソリオ向き?
  • 廉価で搭載が可能な自動変速機
  • 車両本体価格を下げてCVTモデルより安く販売出来る

デメリット

  • 低燃費に偏らないシステムの味付け
  • フィーリングはローギアで引っ張る印象
  • 1速のトルクを出しきりシフトアップする
  • CVTのように上のギアにリズムよくシフトアップしない
  • シフトアップのタイミングはもっさりしている
  • 加速時ギアチェンジごとに変速ショックがある
  • 燃費はCVTよりも悪い
維持費や使い勝手を優先させるスズキらしいクルマ作りと、ユーザーへ貢献する姿勢がAGS(オートギヤシフト)から感じられます。

 

46
引用元:http://www.suzuki.co.jp/

 

マイルドハイブリッドとストロングハイブリッドの違いとは?

マイルド(簡易型)ハイブリッドというのは、加速をアシストする程度の電力をモーターで発生させるシステムです。

だから「マイルド」と名乗り、ワゴンR始め、他軽自動車に搭載しています。

ストロングハイブリッドの場合、駆動全域で使用可能な電力をモーターで発生させるシステムであるとういう点に違いがあります。

ストロングハイブリッドの代表例はもちろん「プリウス」ですね。^^

ソリオ・ハイブリッドは、プリウス並のポテンシャルとは行かないまでも、本格ハイブリッドシステムの搭載により、EV走行も可能となります。

 

スズキはコンパクトカーのハイブリッドに早期着眼

スズキは、早い段階から自社開発の優秀なコンパクトカーにストロングハイブリッドを搭載する考えを持ち、

乗用車大手メーカーに負けない展開を早期実現します。

コンパクトカーにストロングハイブリッド搭載をして売れたのは、アクアとフィットくらいでしょうか。

ヴィッツは2017年初めにハイブリッドを追加します。

アクアが王座を獲得しましたが、アクアはコンパクトカーにしては価格的に高いです。

これからストロングハイブリッドを載せるコンパクトカーに選ばれるのは、価格が手頃なコンパクトカーです。

もちろんストロングハイブリッドになれば価格は上がるのですが、

ユーザーが付加価値を感じやすいモデルなので売上も伸びるでしょう。

 

人気だった軽自動車は増税で販売減。コンパクトカーが人気に

軽自動車は増税の影響で売上が落ち込んでいます。

価格が高い割に室内空間が狭いことも原因でしょう。

装備が充実しているのは付加価値(得した気分)なんですが、逆に装備を外してもっと安くしたほうが売れそうな気がします。

税金・維持費が安いのがウリだった近頃の軽自動車は、付加価値に疑問を持たれるほど、価格が高くなっています。

本体価格や維持費の安さがウリではなくなった訳です。

だからこそ、軽自動車よりも居住性が高く、走行性能も高いコンパクトカー(ソリオ)に本格ハイブリッドを搭載して販売すれば、

ユーザーは高い付加価値を感じて、売上にもいい影響があるのではないでしょうか?

 

編集後記

新型ソリオ・ストロングハイブリッドの発表は、マイルドハイブリッドモデル発売からすぐに行われました。

「早い展開にワクワクします」と管理人も感心していたのですが、水面下ではトヨタ・ダイハツ・スバルの同サイズモデル(新型ルーミー/タンク/トール/ジャスティ)の開発が行われていたからなんでしょうね。

しかも、4モデル。いじめですね。苦笑

トヨタがスズキと提携を発表したように、スズキに力を見せつけて、「スズキさんも傘下に入りませんか」と問いかけているように見て取れます。コワイコワイ

スポンサードリンク