Read Article

S-FR新型トヨタコンパクトFRスポーツ「2020年市販化」

2015年に東京モーターショーで初披露。

86より安く、運転もしやすいエントリーモデルになると期待されているS-FR。

コンパクトFRとして市販化が注目されています。

エクステリアはロングノーズ・スタイルでヴィッツより少し長い程度。

5ナンバーサイズながら、フェンダーが張ったワイドスタンスで、どっしりとした印象です。

2017年東京モーターショーには進化したS-FRⅡが出展予定。

そして、2020年発売予定。

 

スポンサードリンク

 

S-FRの予想スペック

全長:3390mm
全幅:1695mm
全高:1320mm
ホイールベース:2480mm
重量:1000キロ
エンジン:直列4気筒1.2Lターボ
最高出力:116ps/5200-5600rpm
最大トルク:18.9kgm/1500-4000rpm
トランスミッション:6MT
駆動:FR
燃費:25キロ
予想価格:150~180万円

アルミホイールは16インチ装備。エンジンは1.5L NAを採用予定。

しかし、開発が進む過程で1.2Lターボ(8NR-FTS)搭載の情報が出ています。

理由はC-HR(1.2Lターボ搭載)の登場。

そして、C-HRのレーシングモデルがニュルブルクリンク24時間耐久で好成績をおさめた影響もあります。

コンパクトFR・S-FRと相性が良い組み合わせなのでしょう。

 

S-FRは本格ライトウェイトスポーツ「フロントミッドシップ採用」

本格FRレイアウト採用

これはエンジンが前輪軸より後方にあるレイアウトのこと。

一番重いエンジンをフロント後方に置くことで、車体の重量配分を50:50に近づくように最適化。

優れたコーナリング性能を発揮できる車体構造です。

街中のコーナーやワインディングで、ハンドルを回しただけしっかり曲がります。

車を操る感覚を味わえて、誠実な自分専用マシンに乗っている気分になるでしょう。

 

ミッションは6速MT搭載

マニュアルスポーツ走行を堪能できます。

高速走行なら、6速を操る楽しさを味わえるでしょう。

やみつきになる爽快感を得られるかもしれません。

ワインディングなら、クルマの挙動をコントロールする感覚を体感できます。

 

エクステリアは親しみやすくシンプルなデザイン

DSC00486 (5)

コンパクトFRと銘打たれるように、ボディは可愛らしく丸みを帯びています。

軽量化もされ、余計な材料はつけないシンプルなボディ。

管理人的に2000GTに見えます。

巷では「ヨタハチ(トヨタスポーツ800)の復活か?」と言われていますね。

往年のスポーツカーです。

S-FRは、これを現代風にアレンジし、モダンな仕上がりになりそうです。

ユーザーとクルマとのマッチングが実現しやすいよう、このようなルックスで開発されたんでしょうね。

 

【動画】S-FR機能コンセプト(2016.11)

 

 

トヨタS-FR市販化?本格ライトウェイトFRスポーツ誕生

トヨタS-FRは、雑誌等で市販確定車として扱われています。(2015年当時)

そのボディ形状や雰囲気は、トレンドのクルマとはかけ離れた姿をしています。

思わず「コレ、市販されるの?」という感想でした。

しかし、シエンタのデザインが新しかったですよね。

タンク・ルーミーもbBのデザインからは進化しています。

 

トヨタは最近、ユーザーを驚かせる手法でアプローチしてきます。

この姿勢は大衆車(誰にでも受け入れられるデザイン)からの脱却です。

「ファミリーカーは充実しました。これからは走る喜びを楽しみませんか?」

というトヨタから言われているような気がします。

 

トヨタ「S-FR」開発者の思い

「自分達が好きなクルマを作りました。じっくり評価してほしい」

旨をおっしゃっています。

トヨタS-FR開発者は、東京モーターショー2015への出展で、ユーザーの反応を望んでいました。

次は2017年東京モーターショーにS-FRⅡ出展。

市販化にグッと近づいたS-FRを見て、ユーザーの反応がどのようなものになるか楽しみです。

 

編集後記

ハイブリッドやミニバンばかりの道路はつまらないですね。

S-FRのような面白いクルマが走って彩り豊かになると、道を歩くのも楽しいです。

初めて見かけたら「アノクルマナニ?」ってなりますもんね。

Return Top