フィットマイナーチェンジ2015「新色&装備充実」

フィットマイナーチェンジ2015年9月25日!新色&標準装備の充実

 

2015年9月25日、フィットがマイナーチェンジを行ってます。

今回は装備充実をメインに展開。エクステリアはフロントグリルを立体的なデザイ ンに変更(最近ホンダが扱うのはココばかり… 笑)

また、廉価グレード以外の全車にプラズマクラスター搭載フルオートエアコンを採用します。

そして、ハイブリッドには新色を2色追加!


スポンサードリンク

 

 

フィットはマイナーチェンジで1Lターボ車を追加じゃなかったの?

この情報は2013年にホンダから発表されたものでしたが、色々ありましたね…ホンダ。

現状に困難が発生すると新しいことに手をつけられないのが世の常。

ダウンサイジングターボの設定は2016年に見送りと見られています。

しかし、2016年はフリードやステップワゴンハイブリッドにも動きが出る時期です。

2015年はステップワゴンのターボ搭載に終わりましたが、2016年からダウンサイジングターボが積極的な展開を見せる年になるでしょう!^^

フィットに至っては、ライバルトヨタ・アクアを凌駕する燃費が期待されています。(予想では 37.2km/L)

 

フィット2015の主な変更箇所はなに?

グリルは黒を強調したため一体感が出て引き締まりました。

そのおかげでグリル下部の台形エアインテーク部分との相性が良くなり、ボディカラーと対称的なコントラストとなり、キレイにまとまった印象です。

また、ハイブリッドのホイールキャップも同様に違和感を感じていました。変更によりシャープさが増して疾走感が出ましたね。そして、新色が追加。

プレミアムブルーオパールメタリック&ミッドナイトブルービームメタリックが加わりました。

プレミアムブルーはやっぱりハイブリッドユーザーから要望が出たのでしょう。優しい色って感じだし、ハイブリッドを象徴する色という役割があって人気があります。

ミッドナイトブルーは夜間の視認性は悪くなりますが、ボディカラー選びで迷った場合、この色を見かけると迷う気持ちがおさまる傾向があります。笑

ボディカラー選択の着地点とも言うべきブルーは、やはり人に落ち着きを与える効果もあるんですね。

 

グレード別、標準装備の充実

  • プラズマクラスター搭載エアコン(13G、ハイブリッドを除く全モデルに)
  • セキュリティアラーム、ラゲッジルームランプ、助手席シートバックポケット(13G全パッケージに)
  • クルーズコントロール(13G L.Sパッケージに)
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ&コンフォートビューパッケージ(15XL、RSに)
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ(ハイブリッド全パッケージに)
  • セキュリティアラーム&ラゲッジルームランプ(ハイブリッドFパッケージに)
  • コンフォートビューパッケージ(ハイブリッド L.Sパッケージに)
細やかな点を変えてきました。この変更はどちらかと言うと女性目線ですね。

 

プラズマクラスターはこもりがちな車内の空気をファブリーズではなく、科学的に処理したくなります。笑

また、セキュリティアラームやルームランプ、シートバックポケットの標準装備は、「なくても良いけど、あると何かと助かるし便利」ですね。

クルーズコントロールは、長距離&ノンストップ移動時には、運転の疲れを軽減してくれるため、わざわざ要らないかなと思いがちですが、実は装備が欠かせません。

ナビ装着用スペシャルパッケージ&コンフォートビューパッケージはメーカーオプションなので後付けできません。

クルマを購入したあとで、ステアリングスイッチやリアカメラ、フロントガラス類の撥水処理などを、

「やっぱ初めから付けとけばよかったな~」なんて後悔しないためには、よくよく内容を確認して自分のクルマライフに必要なものだったかどうかを検討すべきですね!^^

 

フィット2015の価格

129万9800円~222万1000円

何も付けない、何も要らないで廉価グレードを選べば安く済みます。

でも、購入してクルマライフを送りながら自分の環境や心境の変化があると、何かと必要なものって出てきますよね。^^;

だったら標準装備が増えた各グレードを、初めからよく吟味して購入するほうがお得で賢い買い物になります!(当たり前だ!笑)

もし車が安い買い物なら、たいした悩みじゃないんだけどね~!笑

 

編集後記

フィットが充実しましたね。

新型のクルマってメーカー側も初めて市場に投入するわけで、発売当初はユーザーが使ってみた感想や苦情を吸い上げて、

「じゃあこの機能は標準装備!(^^)d」

のように判断して一部改良を行う、買い手と売り手のコミュニケーションの結果がマイナーチェンジですね。

スポンサードリンク